Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



Finals東京1次予選通過レポート

2003/06/06 08:38更新

Finals東京1次予選通過レポート

Written by サダヒロ

今回は青緑が多そうだな~と思ったんで、《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》入りのサイカでいくことにしました。

一回戦 4色マッドネス 1-0

組み合わせ見たときからどこかで聞いたことある名前だなぁと思ってたんですが……なんか林智加良さんっていう有名な方らしい。あんまり雑誌とかホームページ見たりしないので、自分はよく知らなかったんですけど。デュエル自体は何事もなく相手が事故って終了……こんなんでいいのかなぁとか思ってみたり。

二回戦 黒コントロール 2-0

一本目は双方淡々と土地が並ぶ。《強迫/Duress》をカウンターしたり、《行き詰まり/Standstill》をキャストしたりしているうちに《激動/Upheaval》《サイカトグ/Psychatog》《堂々巡り/Circular Logic》と決まって終了。

二本目はマリガンスタート。案の定土地が二枚で止まり、さらに《腐臭の地/Rancid Earth》《地底の大河/Underground River》を破壊されてしまう。しかし、相手もその後何も引かずにいるうちに土地と《行き詰まり》を引いてくる。《占骨術/Skeletal Scrying》を三回《記憶の欠落/Memory Lapse》したりしてるうちに……同上。

三回戦 青緑マッドネス 3-0

一本目は相手が第四ターン、第五ターンと《不可思議/Wonder》をキャスト(汗)。どうやらクリーチャーを引かないらしい……そんなんで負けるわけもなく、《サイカトグ》をキャストした時点で相手が投了。

二本目。第二ターンの《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》はカウンターできたものの、二匹目が通ってしまう。除去できずにいるうちに《尊大なワーム/Arrogant Wurm》《野生の雑種犬/Wild Mongrel》とキャストされどうしようかな~と思っていたら……ドロー《激動》!……どうせ通らないだろうな~と思いながらキャスト……通っちゃった(笑) しかも《サイカトグ》につながってしまい、そのまま勝ち。

四回戦 ゾンビ激動 4-0

同系対決ということで、俄然やる気は出たんですけど……相手のデッキには《狡猾な願い/Cunning Wish》が入ってるんですよ。で、ターンエンドに《狡猾な願い》《枯渇/Mana Short》→自分のターンに《激動》。見事に殺されました。一本目をとられてしまったので、《行き詰まり》《綿密な分析/Deep Analysis》に変えさらにハンデスを大量投入して短期決戦用にデッキをシフトチェンジ。

二本目は相手が事故を起こし、青マナがひとつしか出ないまま《サイカトグ》で撲殺。すべては三本目の結果次第と言うことになりました。

その問題の三本目なんですが……お互いに土地が淡々と並びしばらく様子見かな~って思ったんですが、《強迫》を打たれたり《綿密な分析》をキャストされたりして相手のペース。これはきついかな~と思ってたら……自分も《綿密な分析》をドロー。しかもそのドローで引いてきた内容も《サイカトグ》《対抗呪文/Counterspell》となんだか何とかなりそうな予感が(笑) その後も《強迫》を何枚か引いたりしてこっちの場に《影魔道士の浸透者》、相手には《ゾンビの横行/Zombie Infestation》といった状態に。相手の手札が二枚こっちも二枚の時に《強迫》をキャストすると相手が長考……その結果《ゾンビの横行》が起動されゾンビトークンが出現。で、その次の自分のドローが……《激動》

五回戦 青緑白スレッショルド 4-1

セット《森/Forest》《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》。……(汗) 実は今回のデッキではマングースは除去できないんです。しかも《不可思議》が墓地にある。しばらくは1点なんですけど、そのうちに三点ずつになる訳で……どうにもなりませんでした(笑) 二本目は何とか取ったものの、三本目もマングースが通って終了。

何か一回負けただけでも抜けられないような気がしてきます。九回戦って長いなぁ。

六回戦 青緑マッドネス 5-1

本日四回目の青緑。ホントに多いなぁとか思いつつも何という事なく勝利。やっぱり相性は良いような気がする。

七回戦 青黒激動 6-1

第一ターンに《臓物にかぶりつく者/Entrails Feaster》……ブレイズ?と思ったら《サイカトグ》。猫を《燻し/Smother》したり、《強迫》をカウンターしたりしていると、《激動》……同系だったんだ(笑) もちろん通すわけもなく、次のターン返しに《激動》《サイカトグ》で勝ち。二本目もほぼ同じ内容で勝ち。

八回戦 緑白ビートダウン 7-1

この試合に勝てばほぼ確定。相手のデッキが何なのかな~と思ってたらセット《森》《極楽鳥/Birds of Paradise》。こちらはセット《島/Island》。第二ターンに《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》……緑白ですか(汗) とりあえず《魔力の乱れ/Force Spike》しておいて、返しに《行き詰まり》。返しで出てきたクリーチャ-をバウンスして再度《行き詰まり》……カード六枚引けば負けないでしょ(笑)

二本目は相手が先行。自分の手札を見ると除去が数枚あったのでマリガンするわけもなくこれは余裕かな~とか思ってると、第一ターンに《森を護る者/Sylvan Safekeeper》(汗) って言うか無理。なんか納得がいかない負け方です。

これで負けたら何の為に来たのかわからなくなります!何とか勝ちたいな~と思って三本目開始。相手の主力クリ-チャ-をことごとくカウンターし、《森を護る者》はスルー。二匹出たところで返しに《仕組まれた疫病/Engineered Plague》でウィザード指定。更に《行き詰まり》までキャストして《サイカトグ》で何とか勝利!!

この時点でスタンディングは二位。次の九回戦で ID できれば確定です。

九回戦 7-1-1

相手から開始前に ID で良いですか?と聞かれ、この時点で確定。

結局 7-1-1 で二位抜けでした。

Tags: Report
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.