Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



Final予選:新型青白パーミッションができるまで

2003/06/08 17:52更新

Final予選:新型青白パーミッションができるまで

Written by とどちゃま田中

過去の回帰

最近は青が弱くなったなんて声をよく聞く。

《激動/Upheaval》は強いんだけどね」 「ドロースペルが《綿密な分析/Deep Analysis》だけじゃね」

なんて声だが。

こういう人たちは大量ドロースペルの氾濫時期に MTG を始めた人なんだろう。《知恵の蛇/Ophidian》からはじまり、《ミューズの囁き/Whispers of the Muse》《天才のひらめき/Stroke of Genius》《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》《嘘か真か/Fact or Fiction》……

じゃあこういった大量ドロースペルがない時代はどうだったのか。ちょっと思い出してみると、ほとんど一対一交換でがんばってましたよ。そこを微量のドロー操作(《渦まく知識/Brainstorm》《衝動/Impulse》)で有効なスペルを手に入れたり、《Thawing Glaciers》で土地を引かないようにしたりすることで手札を充実させたわけです。手札の枚数じゃないです。質です。

このころは最強スペル《Force of Will》があったのも事実ですが、《拾い読み/Browse》《Thawing Glaciers》くらいしか明確なアドバンテージカードってなかった気がする。 《ネクロポーテンス/Necropotence》は別としてね。

で、このころの青白や青単パーミッションを思い出してみたわけです。僕が MTG 始めたばかりのころのデッキ。

するとデッキには《ブーメラン/Boomerang》が入っていて、カウンターの合間に《衝動》《Soldevi Excavations》《Thawing Glaciers》探して。そう、このころのキーカードはあきらかに《Thawing Glaciers》でした。同系対決なら《Thawing Glaciers》引いたほうが勝つし、ビートダウン相手でも序盤しのいで《Thawing Glaciers》起動しはじめることができれば、勝つことは可能でした。青白ならカウンターか《神の怒り/Wrath of God》《剣を鍬に/Swords to Plowshares》。もしくは《Kjeldoran Outpost》。青単ならカウンターか《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk》《虹のイフリート/Rainbow Efreet》かバウンス。これだけをドローする状況にすぐなりました。ブラウズディッガー(《拾い読み》でライブラリーを掘り、必要カードを《Soldevi Digger》で回す白青パーミッション)なんて、それを高速で行うためのデッキだったわけだし。

さて。大量ドローカードがない時代は、序盤をしのいでエンドカードにたどりつくといった形であったと今述べたわけですが、大量ドローカードが今ないというのなら、この(過去のデッキのような)形でデッキを組み戦うことができるのではないか。そう思いたったわけです。

世の中の青白パーミと新型パーミの形

この頃すでに青愛好家がつかった青白パーミという形を、あちこちのホームページで見かけることができました。序盤を《神の怒り》とバウンス(《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》)。エンドカードは《賛美されし天使/Exalted Angel》《動員令/Mobilization》。あきらかに過去のパーミッションを意識はしていますがなにかが足りません。そう、《Thawing Glaciers》の代わりです。 《Thawing Glaciers》の役割は、大量の土地を確保することと土地を抜いて圧縮することによる手札の充実です。

じゃあ現行カードでそんな強いカードがあるのか。

もうおわかりでしょう。それが《未来予知/Future Sight》です。手札にいらない土地は極力ライブラリーの上から置き、さらにはライブラリーの上からスペルを唱えることで手札を温存。5 マナということは《Thawing Glaciers》にくらべて大きな弱点ですが、そのパワーは《Thawing Glaciers》の比ではありません。

序盤を軽カウンターとバウンスでしのぎ、《未来予知》につなげればゲームに勝てる。そう考えて組まれたのが Final 予選で私が作ったデッキです。当然 5 マナという問題から、枚数は 4 枚にできませんでした。そのかわり、速攻で《マハモティ・ジン/Mahamoti Djinn》を出して勝つことがあったように、《天使》をすばやく出して勝つというパターンも有効でした。メタの中心である青緑マッドネスにそれが有効だったことも良い材料だった。

ここまで話がすすんでくれば、私のデッキに《綿密な分析》が少なかった理由がわかっていただけるでしょう。メタでサイカがまだ多くない時期だったというのもかかわってきますが、《綿密な分析》よりも《未来予知》か《天使》。もしくはそこにつなげるための《洞察のひらめき/Flash of Insight》。序盤をしのいで、この 6 枚にたどり着ければ勝てると考えた結果なのです。

U/W Angel Go - Tanaka Hisaya / Finals 2002 QT-East 2nd *3rd*
 2  賛美されし天使/Exalted Angel

2 Creatures 1 動員令/Mobilization 4 対抗呪文/Counterspell 3 記憶の欠落/Memory Lapse 2 霊魂放逐/Remove Soul 1 堂々巡り/Circular Logic 1 まごつき/Discombobulate 1 紛糾/Complicate 2 洞察のひらめき/Flash of Insight 2 未来予知/Future Sight 1 綿密な分析/Deep Analysis 2 予報/Predict 3 狡猾な願い/Cunning Wish 2 送還/Unsummon 2 ブーメラン/Boomerang 2 蒸気の連鎖/Chain of Vapor 4 神の怒り/Wrath of God
33 Spells 7 島/Island 5 平地/Plains 4 アダーカー荒原/Adarkar Wastes 3 溢れかえる岸辺/Flooded Strand 2 広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse 3 孤立した砂州/Lonely Sandbar 1 セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum
25 Land 60 Total Cards
 1  名誉の神盾/Aegis of Honor
 1  解呪/Disenchant
 1  ねじれの光/Ray of Distortion
 2  送り火/Funeral Pyre
 1  動員令/Mobilization
 2  黒の防御円/Circle of Protection: Black
 1  好機/Opportunity
 1  被覆/Envelop
 4  無神経な抑圧者/Callous Oppressor
 1  冬眠/Hibernation

15 Sideboard Cards

もう一つの戦略:バウンスと軽カウンターによるテンポ

さてこのデッキを語る上で、もう一つ重要な考えがあります。それはテンポと呼ばれるものです。

“テンポってマナを有効に使いながらプレイを進めていくことでしょ?”

まあ正解です。ただ多くの人がこのテンポというものがクリーチャーデッキや、ドラフトなどのリミテッドで作用しているものと勘違いしている感があります。赤スライと呼ばれるデッキがテンポを重視した最たる例とされている事も原因ですし、クリーチャーデッキのほうがテンポを考える上で説明しやすいので、多くの記事などでテンポの説明がクリーチャーでなされているからでしょう。ウィニーと呼ばれるデッキの多くがこのテンポという概念を踏まえてますからね。

ところがこのテンポというものはカウンターデッキでも有効な考え方なのです。ウィニーデッキは、このテンポの終わりに相手のライフが 0 になっている、という目標ですが、パーミッションにおいては、ほぼ確実にこちらの優位が崩れない体勢、というのが目標となるでしょう。この Final で使用したデッキでいうと、《未来予知》が場にあり土地がアンタップできたとき。もしくは《天使》が場におり、殴りきるまでこの状況を維持できるカウンターを持っている。といった状況でしょう。

その状況になれば、アドバンテージを失っていようと、勝つことができる可能性が高いのです。そういった意味でバウンスカードというのはテンポを保つ、ある意味強力なカードです。このデッキの 6 枚のバウンスはすべて 2 マナ以下であり、テンポという点では《排撃/Repulse》を上回る強さなわけです(当然アドバンテージでは劣りますよ)。

《排撃》という名前がでてきたことで、ちょっとテンポの余談を。あなたの土地は《島》 3 つ。手札に《排撃》《対抗呪文/Counterspell》があったとしましょう。相手は緑青青の土地から、青マナを残して《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を召還した。

“このときどうする?”

というお話です。

アドバンテージという点ではどちらを使っても正解ですが、テンポという点で《排撃》は不正解です。なぜって 3 マナスペルで 2 マナスペルに対抗しているからです。ここで相手が 1 マナスペルもっていたら最悪ですね。《撹乱/Disrupt》《魔力の乱れ/Force Spike》とか。2 マナスペルに 3 マナスペルで対抗しようとして 1 マナスペルで撃退される。テンポという考えでいけば、対戦相手は最高の回りをしたわけです。マナの無駄もありません。実際にこれを狙って《撹乱》をメインに搭載したデッキが 2002 年の日本選手権にはいました。 《排撃》があるとどうしてもそっちから打ちたくなるんですよね。それはタイムアドバンテージと呼ばれるもので、多くのパーミッションデッキはタイムアドバンテージで優位を保っているからです。実は僕の Final デッキも序盤はテンポによりタイムアドバンテージを稼いで耐えているのですが、さらに複雑になるのでここでは簡単に。

ここで《排撃》を打つことで、カードアドバンテージを失うことなく時間だけが経っているという状況になります。すると土地が並んでカウンター構えながら何かスペルを唱える、みたいなことが可能になります。こうなると楽だと思いませんか?

ところが対戦相手にとってみれば、《犬》を死守すればパーミッションには勝てるわけですから、この《犬》を基点としたテンポを考えるわけです。それを維持するのが《撹乱》であり《魔力の乱れ》なんです。相手のデッキのキーカードはこの《犬》だとわかれば、最悪の状況を想定して《対抗呪文》を打つ、というのが正解なんです。カードアドバンテージもタイムアドバンテージも得ていないし失ってもおりません。

狙ってタイムアドバンテージを取りにいってしっぺ返しをくらうよりマシですね?

さて話を戻しましょう。6 枚のバウンスという話でした。さきほどの余談でもありましたが、現在でもキーカードは変わっておりません。青緑でも緑白でもキーカードは《野生の雑種犬》です。この《犬》より軽いか同じマナのバウンスでなければテンポで負けているということなんですよ(まあ現在有効なバウンスはほぼ 2 マナ以下ですが)。その中で有効なものを 3 種類選んだわけです。

《送還/Unsummon》は 1 マナという軽さ(後攻でも《犬》を戻せる)と、《蒸気の連鎖》と違って《天使》や《未来予知》が出てても躊躇なくうてるという手軽さが魅力でした。 《蒸気の連鎖》は軽さと土地以外戻るというのが強いですね。これは《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》《霊体の地滑り/Astral Slide》なども戻せるので有効でした。またこの 2 枚は最悪《激動》が通っても《サイカトグ/Psychatog》を戻すことが可能です。

そして《ブーメラン》。この選択は多くの人に反対されました。しかし僕の中ではバウンス最強(あたりまえだが)であったし、《犬》から《堂々巡り/Circular Logic》を構えられて《神の怒り》が通らないという状況を打破してくれる数少ないカードだったのです。 《犬》を《送還》などしては諸悪の根源が除去できていません。ところが《ブーメラン》だと、相手の青マナ(序盤はたいてい青 1 マナ残してプレイが進む)を戻して《神の怒り》という流れができるわけです。これは《火+氷/Fire/Ice》《氷》や、《リシャーダの港/Rishadan Port》と同じですね。地味にパーミッションカードに有効なわけです。

これで何度も勝っているので、正しい選択だったと思っています。

Final 予選当時のメタの中心は青緑であって、そのデッキのいわゆる馬鹿回りとよばれるものは、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《雑種犬》、《尊大なワーム/Arrogant Wurm》という展開から、《堂々巡り》で対戦相手の対処カードの封殺という形です。この動きは非常にテンポの考えにのっとった動きであり、それに対して《神の怒り》などのアドバンテージカードで対処しようとしても、《堂々巡り》だけで負けてしまいます。

そこで序盤をしのぐために、こちらも今まで語ってきたテンポで対処しようという考えたのです。1 ターン目から打てるバウンスはすべて打ち、軽カウンターをからめて土地が並ぶまで時間を稼ぐ。そして先に述べたエンドカードにつなげばよい、と。

そして完成する

こうして Final に向けた青白パーミッションのおおかたが完成したわけです。この考えが間違えていなかった事は調整段階で証明されました。青緑にも先行で少し有利、後攻で五分五分くらいという結果になりました。決して最強とは言えませんが、十分戦えるデッキであるということです。そして僕のある直感がクリーチャーデッキに対する有利さを完璧なものにしました。

《無神経な抑圧者/Callous Oppressor》の発見です。実際に試してみると、青緑と白緑に対して完封することができ、クリーチャー対策サイドボードはこれだけにして、他のデッキに対してのサイドカードの余裕を持たせてくれました。さらに予選初日結果を見て、死滅したと考えていた黒コンの復活にあわせて調整しサイドボードを完成させました。

黒コンとの調整は、クリーチャーデッキをメタした同士の対戦であったため、非常に不毛なものでした。お互い無駄カードをかかえて長期戦、もしくは《動員令》を即出しして短期決戦という形がほとんど。ところが一つだけ気づいた事があります。青白なのに長期戦はほぼ確実に負けるという点です。

その原因は《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》にありました。特に《貴重品室》と《沼》がそろってしまったときには手数で負けてしまい、《ミラーリ/Mirari》が通って……。

すぐにこの《貴重品室》の対策を考えました。しかし青白で土地破壊カードは存在せず、《海の要求/Sea's Claim》《併合/Annex》しか考え付きませんでした。正直サイドボードに 3 枚の余裕があったらどちらかを採用したかもしれません。しかし(幸運にも) 1 枚しか余裕がなかったためどちらもあきらめることとなりました。そして仕方なく次に問題であった《剣闘士》の対策である《送り火/Funeral Pyre》を増加したのです。

このカードは、はじめは《起源/Genesis》対策だったのですが、《抑圧者》の存在でサイドからも落とすことを検討していました。ところがこの《剣闘士》のために逆に 2 枚に増えたのでした。最終的に、このカードが予選を通じての影の MVP であることに、この時点では気づきませんでしたが。《剣闘士》が墓場にあったら、《ミラーリ》《精神へドロ/Mind Sludge》を打たれない状況であるかぎりはメインで《狡猾な願い/Cunning Wish》から即打ち、というプレイングが重要であることに気づけたのも収穫でした。

また《堕落/Corrupt》などの本体火力にも厳しいことと《抑圧者》の存在から、《緑の防御円/Circle of Protection: Green》をやめて、《黒の防御円/Circle of Protection: Black》《名誉の神盾/Aegis of Honor》に変更したこともプラス材料でした。

こうして完成したデッキは、僕を二次予選一時期単独全勝という位置まで押し上げてくれました。最終戦前に想定外であった青白緑パーミッションに(実際には《ナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery》に完封されて)負けましたが、それ以外のデッキには有利に戦うことができました。

ただサイカトグとの勝負だけは、こちらのデッキがばれていないということが大きく作用したように思えます。白青は《動員令》だけ(《天使》は除去できる)と考えられていた環境(むしろ白青なんていないと思われていた)だったので、《未来予知》を通して勝つというパターンが非常に多かった。そんな重いカードが通るのかといわれると、通るとしか言えません。

こちらは《綿密な分析》が少ないので、相手の《分析》をカウンターするのが当然だと僕は考えていました。そして実際にそうしたのです。スルーしてしまえば無条件で 3 枚のアドバンテージをとられてしまいますから。カウンターすれば 1:2 交換です。ところが対戦相手のほとんどが、青青をのこした状況まではカウンター合戦につきあってくれたのです。それは多分さきほども言った、唯一のエンドカード・《動員令》なら即死がないので置かれてもいいという考え方からだと思います。ところが僕のデッキには《ブーメラン》が入っており、《島》を戻して《未来予知》《動員令》を置くことに成功しました。

3 回サイカトグにあたりましたが、記憶のかぎりではほぼ全員にこのパターンがあてはまりました。あっというまに場の土地数に差ができて、有利になったのです。これはある意味幸運な結果とも言えます。《分析》のカウンター合戦がなければ多分そのゲームは負けるでしょう。こちらから動いた返しで《激動》が通って負けるのは目に見えています。動かなければ《願い》からの《枯渇/Mana Short》でやはり負けが見えます。そう考えると、やはりデッキが知られていなかったことが重要だったと思いますね。

決勝当日はサイカトグ対策としてメインに《分析》を増やした上に、サイドにも追加の《分析》と《強制/Compulsion》《枯渇》を搭載していきました。ここまでして五分五分といった勝負でしょう。

最後に

本当に長々と語ってきましたが、今回はこの辺で終わりとさせていただきます。この文章を読んで、

「青にもサイカ以外に光明がある」 「ただの運ゲーじゃん」

とか、何思っていただいてもかまいません。

ただ、色々考えて行くことで、

「どんなデッキにも先がある」 「メタゲームをしっかりとらえることができれば、メタ外は有効」

といった色々な意見がでてくると思います。

重要なのは

「考えること」

これがわかっていただければ幸いです。

そういえば僕のデッキの多くの一枚カードには言及しませんでしたが、それにはやはり色々な理由がありました。どうぞみなさん「考えて」ください。

この文章に意見や反論などありましたら、todo_boss@hotmail.com までお送りください。

Tags: Strategy
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.