Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



LMC70th優勝レポート

2003/06/06 04:41更新

LMC70th優勝レポート

Written by 柳川智幸

はじめまして。年明けの LMC で、たまたま優勝してしまったので今後二度とないだろうと思って、レポートを投稿します。

デッキ

デッキは、US+MM ブロックがスタンダードだったころから使い込んでいるデッキ「サルゲッチュ」。

Sarugechu 2002 - Yanagawa Tomoyuki / LMC70 Winner
 4  ゴブリンの溶接工/Goblin Welder
 1  憤怒/Anger
 2  マスティコア/Masticore
 1  銀のゴーレム、カーン/Karn, Silver Golem
 1  ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossus
 1  金属細工師/Metalworker

10 Creatures 4 通電式キー/Voltaic Key 4 厳かなモノリス/Grim Monolith 1 スランの発電機/Thran Dynamo 4 からみつく鉄線/Tangle Wire 1 巻物棚/Scroll Rack 3 猿の檻/Monkey Cage 1 シタヌールのフルート/Citanul Flute 2 燃え立つ願い/Burning Wish 4 入念な研究/Careful Study 3 修繕/Tinker 1 天才のひらめき/Stroke of Genius
28 Spells 5 山/Mountain 4 島/Island 4 サプラーツォの岩礁/Saprazzan Skerry 4 シヴの浅瀬/Shivan Reef 2 裏切り者の都/City of Traitors 1 真鍮の都/City of Brass 1 大闘技場/Grand Coliseum 1 黄塵地帯/Dust Bowl
22 Land 60 Total Cards
 3  阻止/Interdict
 2  無効/Annul
 1  破壊的脈動/Shattering Pulse
 1  断絶/Snap
 1  金粉のドレイク/Gilded Drake
 1  崩れゆく聖域/Crumbling Sanctuary
 1  にやにや笑いのトーテム像/Grinning Totem
 1  洗い流し/Wash Out
 1  紅蓮地獄/Pyroclasm
 1  修繕/Tinker
 1  ハルマゲドン/Armageddon
 1  激動/Upheaval

15 Sideboard Cards

デッキ解説

Monkey Cage

いくつか、知られていないカードがあるので説明します。

《猿の檻/Monkey Cage》

5 Mana

アーティファクト

クリーチャーが場に出たとき、~を生け贄に捧げ、そのクリーチャーの点数で見たマナ・コストと等しい数の、2/2 の類人猿(Ape)である、緑のクリーチャー・トークンを場に出す。

このデッキの名前の由来になったカードで、これを出して、《ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossus》を場に出して、7 体のサルを出すと殴って 22 点ダメージという馬鹿コンボが、デッキの基本。

Citanul Flute

《シタヌールのフルート/Citanul Flute》

5 Mana

アーティファクト

X Mana, Tap :あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX点以下であるクリーチャー・カード 1 枚を探す。そのカードを公開し、あなたの手札に加える。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。

1 枚しか入っていませんが、このデッキの背骨のカード。このカードがある限り相手は、4 体の《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》をすべて対処する必要がある上に、《銀のゴーレム、カーン/Karn, Silver Golem》を呼び出すと 5 点パンチのフィニッシャーに早変わりする意味不明カード。《修繕/Tinker》で持ってくるカードの No.1。

Goblin Welder

《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》

Red Mana

クリーチャー - ゴブリン (1/1)

Tap :いずれかのプレイヤーがコントロールしているアーティファクト 1 つと、そのプレイヤーの墓地にあるアーティファクト・カード 1 枚を対象に選ぶ。この能力の解決時に、両方の対象が正当なら、そのプレイヤーは場に出ている方のアーティファクトを生け贄に捧げ、それと同時に墓地にある方のアーティファクトを場に出す。

このカードのせいで《からみつく鉄線/Tangle Wire》の上の消散カウンターが無くならなかったり、相手のアーティーファクト破壊から身を守ったりと、いやらしさ満点。

まあ、デッキに入っている土地と《燃え立つ願い/Burning Wish》《天才のひらめき/Stroke of Genius》を除くと他はすべてコンボ要素という、Puzzle デッキなところが最大のアピールポイントですかね。

で、パズルついでに、

「このデッキは、後手なら 2 ターンキルが可能です」

解答は、レポートの最後に。

レポート

1/4(土)第70回 Lunatic Moon Convention

総勢 20 人で 5 回戦。正月明けで Extended ならこんなものですか。

1回戦。VS 黒コンタッチ赤。

1 セット目。こちらがクリーチャーを出すと殺される展開で、お互いマナが揃っていく。相手の場に《冥界のスピリット/Nether Spirit》《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》が登場して、負け気味。 《燃え立つ願い》を引いたが、サイドの《紅蓮地獄/Pyroclasm》思いつかずに、相手の場を一掃するチャンスを逃す。次のターンに《強迫/Duress》で落とされる。負け。

2 セット目。私先攻 2 マナ土地《サプラーツォの岩礁/Saprazzan Skerry》。相手《陰謀団式療法/Cabal Therapy》、電波指名は《修繕》。1 枚ヒット。残り手札は、《厳かなモノリス/Grim Monolith》《マスティコア/Masticore》《猿の檻/Monkey Cage》× 2、2 マナ土地。

2 ターン目。2 マナ土地をおいて、《厳かなモノリス》。相手、《ナントゥーコの影》を生贄に《陰謀団式療法》をフラッシュバック。指定は、《マスティコア》。おや、なぜか、また《修繕》がありますよ。

3 ターン目。無事土地ドローで、《猿の檻》《修繕》から《ファイレクシアの巨像》。サルが 7 体。

「ダメージ何点ですか」

「22 点ですね」

「じゃあ、投了します」

勝ち。

3 セット目。 《入念な研究/Careful Study》で、《猿の檻》を埋めて《ゴブリン》で場に出す。《金属細工師/Metalworker》で猿を 3 体出すが《蔓延/Infest》でリセットされる。相手に《ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator》が登場。が、《シタヌールのフルート/Citanul Flute》を引いたので 2 回殴られた後、《マスティコア》を呼出して、退場を願う。 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》でゴブリンを指定されたので、《マスティコア》の維持の餌にして《マスティコア》でとどめ。

1-0(2-1)

2回戦。VS マルカ。

1 セット目。勝ったはずですが、試合展開を思い出せません。ごめんなさい。手札破壊も、《破滅的な行為/Pernicious Deed》も引かれませんでした。

2 セット目。相手土地が 2 枚で止まってしまいました。

2-0(4-1)

3回戦。VS マルカ。(有田さん)

1 セット目。先攻だが 2 マリガン。2 ターン目の《厳かなモノリス》《生ける願い/Living Wish》《ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan》。3 ターン目の《ゴブリン》ドローでは、間に合わず割られてしまいました。

が、4 ターン《モノリス》と引いたので、クルッと入れ替えて手札の《ファイレクシアの巨像》が場にでる。その後も運良く《からみつく鉄線》などを引き、《巨像》を起こすのをためらったので、試合が長引いたが、勝ち。

2 セット目。2 ターン目に《モノリス》から《修繕》で、《フルート》。が《ゴブリン》を 1 体呼んだだけで、またも《オランウータン》に割られる。

ポツンと、たたずむ、《ゴブリン》が寂しげ。

《憤怒/Anger》を呼んで《オランウータン》と一騎打ちを挑むが拒否される。

《鉄線》を引いたので出して、淡々と《憤怒》が殴りつづける。墓地との入れ替えは、《棺の追放/Coffin Purge》で阻止されてしまったが、最後は《燃え立つ願い》《修繕》から《巨像》で勝利。

3-0(6-1)

4回戦。VS スーサイド。(邪狂徒さん)

まあ、20 人だし、全勝二人だし、当たりますね。

1 セット目。邪狂徒さん土地が 1 枚で止まっています。

2 セット目。 《カーノファージ/Carnophage》《ダウスィーの殺害者/Dauthi Slayer》《走り回るスカージ/Skittering Skirge》と並べられてきれいに負け。

3 セット目。 《肉占い/Sarcomancy》《ダウスィーの殺害者》と並べられる。が、今度は先攻なので、3 ターン目に《裏切り者の都/City of Traitors》から《マスティコア》。凍りつく邪狂徒さん。 《殺し/Snuff Out》されなかったので、勝ちを確信。

結局、相手のターンも《ダウスィーの殺害者》が殴って、《走り回るスカージ》を呼んでエンド。 《マスティコア》の維持で《憤怒》を捨て、マスティビームでゾンビトークンを殺して、アタック。次のターンが、《厳かなモノリス》と《ゴブリン》。次のターンに、アップキープで《巨像》を捨てて、《モノリス》と入れ替えてアタックして終了。

対戦後、晒した邪狂徒さんの手札には、《ファイレクシアの抹殺者》× 4 が。

4-0(8-2)

5回戦。VS 青緑マッドネス。

1 セット目。相手先攻。《入念な研究》から《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》。こちら、《ゴブリン》。《モノリス》。《スランの発電機/Thran Dynamo》と続けるが、マナアーティファクトしか引かない。 《モノリス》が 3 枚もならぶ。が、相手の回りもいまいちだったので、残りライフ 10 で X=7 の《天才のひらめき》。しかも、まだ 6 マナ浮いているし。

でも、土地と《ゴブリン》と《入念な研究》しか引かない。とりあえず、勉強して、《鉄線》をゲットして、キャスト。ブロッカーとして《金属細工師》も呼ぶ。エンドに《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer》で、戻される《金属細工師》

相手が、土地をフルタップして全クリーチャーで殴られると負けコースだったが、《ルートワラ》× 2 と土地をタップして《尊大なワーム/Arrogant Wurm》だけで殴ってきたので一安心。さすがに、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》《波止場の用心棒》は殴りませんでしたか。

で、ようやく次のドローが《修繕》。早速《フルート》にさせてもらい、ゴブリン 3 号も呼ぶ。 《金属細工師》を呼んでエンド。先程と同じく《金属細工師》を戻すバウンサー。殴り方も先ほどと同じ。これで、相手のエンドに、《鉄線》を入れ替えて、さらに、《モノリス》を起こす余裕ができてマナたくさん。 《マスティコア》を呼んで、出すが《堂々巡り/Circular Logic》。5 マナは払えるが、カウンターされた《マスティコア》を《ゴブリン》でクルッとな。あとは、バウンサー、ルーター、ワラと殺して、相手の戦闘フェイズで《尊大なワーム》とは相打ち。ワラの 1 点だけ抜けて残りライフ 1。

《ゴブリン》がいる限り《マスティコア》は墓地から復活するので、引いた《猿の檻》を出して、サルを出しつつ、最後のワラも殺す。一度、《金粉のドレイク/Gilded Drake》《マスティコア》が裏切るものの、相手のマナはフルタップのため、《フルート》で 2号 を呼んで処刑。勝利。

2 セット目。相手、2 ターン目に《野生の雑種犬/Wild Mongrel》。私は、1 ターン目、《通電式キー/Voltaic Key》。2 ターン目《モノリス》から《猿の檻》。3 ターン目、ここで、ワラが出るときついが、メインで、《帰化/Naturalize》を《モノリス》へ。

ドローが《銀のゴーレム、カーン》だったので、《裏切り者の都》から《スランの発電機》セットで《カーン》。出るサル 5 体。ゲッチュ。

後は《発電機》ともどもサルの群れで押しつぶして勝利。

5-0(10-2)

最後に

おお、2 セットしか落としてないのですね。奇跡的です。きっと今年の運を全部使ったのでしょう。実際にマルカとは相性が悪いはずなのに、1 セットも落としていないし。

では、最後に、パズルの回答です。

手札

《島》《山》《ゴブリンの溶接工》《通電式キー》《通電式キー》《金属細工師》《猿の檻》

1ターン目

ドロー《ファイレクシアの巨像》。セット《山》、《ゴブリン》。

2ターン目

ドロー《入念な研究》。セット《島》《入念な研究》。ドロー《憤怒》と何かのアーティファクト。ディスカードは《憤怒》《金属細工師》

《山》をタップして《通電式キー》。《ゴブリン》で墓地の《金属細工師》と入れ替える。

墓地の《憤怒》で速攻がついているので《金属細工師》で手札のアーティファクトをすべて見せる。4 枚で 8 マナ。1 マナ使って《通電式キー》。1 マナを使って《通電式キー》《金属細工師》を起こして、また手札を見せる。3 枚で 6 マナ。

12 マナ出たので、《猿の檻》《ファイレクシアの巨像》と出すと、サルが 7 体出る。速攻なので攻撃。《巨像》とあわせて 22 ダメージ。

でした。手札とドローの順番はどうでも構いません。

最後まで読んでくださってありがとうございました。ツッコミや疑問がありましたら、よろしくお願いします。

Tags: Report
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.