Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



ランドに関する考察

2003/06/11 15:11更新

ランドに関する考察

この記事は Peak Magic に投稿されていた「ホントに強いのか?ダメージランド」「本当に弱いのか? ダメラン……」というダメージランドに関する二つの記事に触発されて書いたものです。 ですので、上記の記事と似た「スタンダードで使用できる土地の性質に関する個人的な意見」という内容になってます。

断言するような口調で書いてあったりもしますが、あくまで若輩者の個人的な意見なので、参考程度、または暇つぶしくらいの気楽な感じで読んでもらえると嬉しいです。

まずはじめに

まず始めに、土地の種類を分類してみました。

現在のスタンダードで使われている土地の種類を挙げると、

  • 基本地形
  • ダメージランド
  • フェッチランド
  • サイクリングランド
  • フィルターランド

大体こんな感じかと。 当然、他にもスレッショルドで効果を発揮するものや、《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》などのマナ加速をするランドもありますが、逐一挙げていくときりがないのでまたの機会に。

以下の文は、自分視点から見たこれらの土地の性質をまとめたものです。

基本地形

Mountain
メリットもデメリットも少ない

まず最初は、今更説明するまでもないかもしれない基本地形についてです。

基本地形の性質の特徴は、

  • メリットもデメリットも少ない。

です。

タップ状態で出てくるわけでもなく、マナを出してもダメージを受けない。 その代わり、一度に複数のマナが出るわけではなく、2 種類のマナを出せるわけでもない。 と、いうのがその理由です。

《沸騰/Boil》などで破壊される」といったデメリットや、「特殊地形ではないので、《ドワーフの爆風掘り/Dwarven Blastminer》の能力で破壊されない」などのメリットもあったりしますが、特定のメタカードも挙げていけばきりがないので、今回は省略させてもらいます。

ダメージランド(《カープルーザンの森》など)

次は、多分最もポピュラーな特殊地形であるダメージランドです。

ペインランドとも呼ばれるこのランドの性質は、

Karplusan Forest
最もポピュラーな特殊地形

  • ダメージを受ける代わりに、2 種類から出す色マナを選択できる。
  • ダメージを受けることなく、無色マナが出る。

といった特徴を備えています。

メリットもデメリットも両方ありますが、比較してみると明らかにデメリットの方が軽いと私は考えてます。 何故かというと、マナを使える時に全て使いきるという事はマジックというゲームにおいて、かなりの重要な位置を占めているからです。

例えば、赤緑のビートダウンデッキ同士の対戦で、3 マナ出す事ができる状態で、相手の場に 2/2 クリーチャーがいる場合、プレイするのが 2 マナの《灰色熊/Grizzly Bears》なのか、3 マナの《訓練されたアーモドン/Trained Armodon》かでは、たった 1 マナの差なのに大違いですよね。 これだけでも大きな差がでるのに、「手札は緑のカードばかりなのに、場には《山》しかなくてスペルがプレイできない。」なんて事態に陥ったらマナが丸々ムダになることになってしまいます。 ダメージランドが持つ、上記のような状態になる可能性を低くしてくれる、という利点はかなり大きいです。

デメリットにしてみても、1 点のダメージを受けるだけなら、先程例に挙げた色事故より大分マシですし、なによりもう一つの特徴である「ダメージを受けることなく、無色マナが出る。」が大分軽減してくれます。 他の土地によって色マナがちゃんと揃っている場合、無色マナを出して不特定マナの部分に当てれば良いので、土地が多く並ぶことの多い後半は余程色拘束の強いカードを使う場合でない限り、ダメージランドからはほとんど色マナを出さずに済むことの方が多いと思います。 5 色もの色マナがでるのに、《真鍮の都/City of Brass》の使用頻度がダメージランドより低いのはこの能力がないから、ということを考えれば、決して軽視できないメリットです。 さらに、ステロイドなどの「相手のペースになる前に倒す」というコンセプトのビートダウンデッキは、ダメージランドによるダメージが勝敗に関わることは少ないので、さらにデメリットが軽くなります。

3 色以上の多色デッキを作るときにダメージランドを入れすぎた場合や、大量の無色マナしかでないような土地が一緒に入ってたりすると、「無色マナが出る」という利点がまったく機能しなくなったりするので、デッキに投入するときはそのあたりのバランスも考えないと上手く機能しないと思います。

フェッチランド(《汚染された三角州》など)

Polluted Delta
《天使》と並ぶトップレア

オンスロートで登場したフェッチランド。 《賛美されし天使/Exalted Angel》などと並ぶトップレアです。 そのフェッチランドの性質は以下の通り。

  • 能力起動に 1 点のライフが必要。
  • 2 種類の基本地形のうちどちらかを1枚選んで、ライブラリーから持ってくる。
  • 生贄に捧げるので、墓地が 1 枚増える。

「能力起動に~必要」の部分の性質はデメリットですが、ダメージランドの項でも書いた様に、色マナ安定のための 1 点は決して高くはないと思います。 「2 種類の~持ってくる」はダメージランドと同じで、色マナを安定させることができるという利点です。 違うのは、基本地形を持ってくるのでその後にマナを出す場合にライフが減らないことと、選択しなかった方の色マナを確保できないこと。 前者はメリットで後者は一応デメリットですが、デメリットの方は手札や場に出ているほかの土地に応じて選択できるのでそれ程気にはなりません。

もう一つ重要なのは、「ライブラリーから」という部分です。 ライブラリーの中から土地が 1 枚減るので、その後は土地を引きにくくなります。 この特徴は、中盤以降マナが余りがちな軽量デッキであるスライやステロイドにとっては、後半土地を余り引かなくて済むというメリットになり、サイカトグのような長期戦を目指し、マナを大量に使用するコントロールデッキにとってはデメリットになると思います。勿論、ステロイドが土地事故を起こしている場合や、サイカトグが土地を引きすぎている場合などはその限りではないですけど。

最後の「墓地が増える」性質は、《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》《サイカトグ/Psychatog》《堂々巡り/Circular Logic》の能力サポートや、スレッショルドを早めるための重要な役割を担っています。

サイクリングランド(《孤立した砂州》など)

Lonely Sandbar
コントロール向けの土地

オンスロートでウルザブロック以来、久しぶりにサイクリングが復活しました。 そして当然収録されていた、新サイクリングランドの特徴を並べると、

  • タップ状態で場にでる。
  • 軽いコストでサイクリングができる。

こんな感じだと思います。

この性質は、素早い展開を求められる軽量ビートダウンデッキにではかなりデメリットが大きく、サイクリングしている暇がないことが多いので、メリットも薄いですが、多くの土地を入れねばならないが、序盤で土地を引き過ぎたくないコントロールデッキでは、デメリットよりメリットが上まると思います。 ゆっくりと展開するのでタップ状態でしか出せなくてもあまり影響を受けないし、後半は《激動/Upheaval》のような重くて多くは入れる事のできないキーパーツを探し当てるのにも有用でしょうし。

コントロール向けの土地だと思います。

フィルターランド(《シャドーブラッドの尾根》など)

名前の通りにこのランドを通すことによってマナ性質が変るフィルターランド。 その特徴は

Shadowblood Ridge
フィルターランドは決して弱くない

  • 単体ではマナを出すことができない。
  • 無色を色マナにできるが、マナの色を選ぶことができない。

です。

単体で動かないので、1 枚目に置くのに向かないランドです。 ですので、土地 1 枚で始めることもあるスライ(スライは単色なので元々必要ないですが)のような極端に土地の削ってあるデッキには合わないと思います。 単色で 2 マナのダブルシンボルのコストを持つ、《白騎士/White Knight》《エルフの戦士/Elvish Warrior》などが入ってるデッキにも、2 ターン目に出せなくなる恐れがあるので入れにくいです。 あと、数を入れすぎると初手にあるランドがフィルターランドのみ、とかなったりするので枚数にも注意が必要です。

デメリットばかりを挙げてきましたが、フィルターランドは決して弱くないです。 ただ、ある程度入るデッキを選ぶだけで。 先程挙げたようなフィルターランドが入りにくいデッキの数なんて全体から見ればほんの一部ですし、枚数も 3 枚程度なら初手にフィルターランドしかないなんて状況はほとんどないと思います。 ダメージを受けずに色マナが安定するのは大概のデッキにとって大きなメリットです。 コントロールは序盤の 1 点が貴重なのでなおさらかもしれませんね。

まとめ

以上で終了です。 結論はというと、

「どのランドにもメリットとデメリットはあるので、強いか弱いかではなく、自分のデッキに合う種類と枚数を選んで入れなければならない」

という平凡なものになりました。

こんな長文をここまで読んでくださった方、ありがとうございました。 分不相応に当たり前のようなことを延々と偉そうに書いただけの物ですが、デッキを組む際に少しでも参考になれば幸いです。

内容に限らず、文や言葉の使い方などについての指摘を含めて、意見・反論などお待ちしております。

Tags: Casual
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(15) [ツッコミを入れる]
_ フィッチランド 2003/05/15 13:34

>オンスロートで登場したフェッチランド。 <br>大嘘です。ミラージュにはアンコモンで、ダメージの無い<br>フィッチランドが存在します。<br>例:≪湿原の大河/BadRiver≫<br>湿原の大河はタップ状態で場に出る。<br>T,湿原の大河を生け贄に捧げる: あなたのライブラリーの中から、島か沼のカードを1枚選ぶ。このカードを場に出す。このあと、あなたのライブラリーを切り直す。

_ フェッチ 2003/05/15 18:14

フェッチが天使と並ぶトップレア?<br>ありえないと思いますよ。

_ T 2003/05/15 19:26

>フィッチランドさん<br><br>申し訳ありません、仰る通りです。<br>完全に失念していました。<br>すぐに管理人さんに修正をお願いしておきます。<br><br>>フィッチさん<br><br>そうなのですか?<br>自分の周りでは等価交換されていたので、同じ程度の価値だと思っていました。<br>言われてみれば、自分の周りの人間は土地というだけで高く見る傾向があるように思えます。<br>どうやら、自分の周囲限定の話だった様ですね。<br>これも、修正をお願いしておきます。<br><br>>管理人さん<br><br>というわけで、2箇所修正をお願いします。<br><br>その1<br><br>誤:オンスロートで登場した<br>正:オンスロートに収録されている<br><br>その2<br><br>「賛美された天使などと並ぶトップレア」の部分を削除して下さい。<br><br>お手数かけて申し訳ありませが、よろしくお願いします。

_ T 2003/05/15 19:28

連続投稿すみません。<br>上の投稿に脱字がありました。<br>誤:申し訳ありませが<br>正:申し訳ありませんが<br>です。

_ ken 2003/05/15 19:47

確かに値段だけを見れば天使の方が上ですが需要と使用頻度を見ればフィッチランドの方が上だと考えられなくもないでしょうか?

_ ykk 2003/05/15 22:09

>kenさん<br>同感です。<br>私も天使と並ぶONのトップレアといえると思います。<br>カードプールの広いエクステンデッドを見れば一目瞭然かと。

_ おさむ 2003/05/15 22:11

トップレアの定義が決まってないのでなんともいえないような・・・<br>使用頻度が高い=トップレア<br>値段が高い=トップレア<br>どちらも「トップレア」という意味において正しいですよね。<br>議論やツッコミは基準がしっかりしていないとケンカ腰になってしまいますよ。

_ おさむ 2003/05/15 22:16

まぁ基準と言っても、天使とフェッチランドはどっちも値段が高いし、どっちも使用頻度が高い。<br>間違いなくトップレアだと思いますけど・・・

_ 通りすがり 2003/05/16 00:58

ペインランドの利点として「どちらかを選べる」という点が抜けてるように思えます。<br>例えば赤緑のデッキを使っていて、<br>2ターン目にGG、3ターン目にRRGが必要という場合、他のランドではどうしようもなかったりします。<br>瑣末な事ではありますが、気になったので。

_ T 2003/05/16 10:12

>kenさん,ykkさん,おさむさん<br>フォローありがとうございます。<br>自分もどちらか言えば皆さんと似たような意見なのですが、<br>はっきりと「この条件を満たしているカードがトップレアだ」<br>と断言できる基準があるわけでもないのに、<br>「天使と並ぶトップレアです」と断言口調で書いてしまったのは<br>軽率だったのではないかと思っています。<br>おさむさんの言う通りで、基準がしっかりしてないとケンカ腰に<br>なってしまう恐れがあるので、ちゃんと注意して書くべきでしたね。<br><br>>通りすがりさん<br><br>本文中に書いた、「ダメージを受ける代わりに~選択できる。」<br>では不十分でしたか。<br>その利点は勿論あるのですが、通りすがりさんが例に挙げたような<br>2ターン目にGG、3ターン目にRRが必要になるデッキは<br>安定性を捨ててかなり無茶をしてるデッキですよね。<br>そういうデッキを作る機会はあまりないだろうと思ったので、<br>省略してしまいました。<br>でも確かに通りすがりさんの言う通りで、ペインランド以外では<br>できない芸当なので、触れた方がよかったですね。

_ 違うと 2003/05/18 20:02

> 2ターン目にGG、3ターン目にRRが必要になるデッキは <br>> 安定性を捨ててかなり無茶をしてるデッキですよね。 <br>> そういうデッキを作る機会はあまりないだろうと思ったので、 <br>> 省略してしまいました。 <br><br>違うと思います。<br>山 *1 フェッチ で 2 ターン目に 山森とそろうのと<br>山 * 2 となることも考えられます。<br>また、3 ターン目以降のダブルマナの必要性に関しては<br>多くの可能性があると考えられます。

_ 違うと 2003/05/18 20:08

僕が間違えてますね (^^;<br>お恥ずかしい。<br><br>ダブルマナで無理をと書いていますが、対抗呪文や白騎士<br>等の利用は無理をしているにはいるのでしょうか。<br>多分、ペインランドの利用は現在の安定度をさらに上げ<br>ながら多色にしていると考えますが、そういうデッキの場合は。<br>無理に多色にして、ペインランドをいれるのと、安全度を<br>さらにあげている場合が考えられると思います。

_ T 2003/05/19 00:03

>違うとさん<br>えーと、そうではなく、<br>2ターン目にGG、その直後である3ターン目にRRを出すのが厳しいと言ってるだけで、<br>別にダブルシンボルのカードそのものが無茶と言っているのではないです。<br>違うとさんが例に挙げている白騎士や対抗呪文が同じデッキに入っていて、<br>2ターン目に白騎士、3ターン目に対抗呪文をプレイするつもりで投入されているなら、<br>やっぱり無茶な構成ではないかと考えてしまいます。

_ 稲妻 2003/06/11 14:49

ダブルフェッチランドの、もう一つの利点。<br>「Extendedにおいて、Wastelandによるマナ拘束を無視できる」<br><br>あと、白騎士・対抗呪文の両立は、単純に欲張りすぎじゃないかなぁ?<br>どうしても両方使いたいなら、土地からのダメージは甘受してダメラン・フェチランをありったけ投入すべきだし、痛いのが嫌なら色拘束の軽い呪文を検討した方がいいと思うよ。

_ 稲妻 2003/06/11 15:11

自分にツッコミ。<br>違うと氏が例示した「白騎士・対抗呪文」は、両立を前提にしてないみたいッスね。読み誤ってました、失礼。


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.