Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



オンスロート・ブロック・リミテッド雑感

2003/06/04 00:39更新

オンスロート・ブロック・リミテッド雑感

Written by ちゃっぴー
http://www2.neweb.ne.jp/wd/chappie/

スカージが加わった後のリミテッド(主にドラフト)に関する考察。スカージの色別分析、デッキの色の組み合わせなど。

(1) リミテッドとしてのスカージ分析

オンスロート・ブロック最後のエキスパンション「スカージ」が発売となり、熱心なプレイヤーの間で盛んにカードについての議論が交わされている頃だろう。心意気だけは熱心な私も、カードリストを眺め、カードを 1 枚ずつ分析してみることにより、エキスパンションの傾向は一応分かったような気がする。

黒…「最強」

Decree of Pain
訳が分からない

まず目に付くのが、黒が他の色を大きく引き離して強いということだ。

黒の特徴の一つ「クリーチャー除去」を見ると、コモンで 2 枚(《長引く死/Lingering Death》《すがりつく不死/Clutch of Undeath》)用意されており、オンスロートが 1 パック減るとしても、コモンの除去は出現する確率は実質アップする。アンコモン・レアにもそれぞれ除去が収録されており、《苦痛の命令/Decree of Pain》に至っては訳が分からない。

黒のコモン・クリーチャーは「線が細い」のが一般的であった。ところが、今回はそうでは無いようだ。まずは《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》。スポイラー公開の段階で既に「強い強い」を噂されたカードだが、実際に使用してみると、やはりとんでもなく強い。コモンで 3 マナ 3/4 の性能は、明らかに他のコモン・クリーチャーを圧倒しているし、このカードに対して、ほとんどの除去呪文が意味を為さなくなるというのもポイントだ。加えて《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》。沼サイクリングはともかく、パワー 5 で再生可能、そしてゾンビだ。さらに《死神頭のノスリ/Death's-Head Buzzard》…… 3 マナ 2/1 飛行、付加能力も脅威。スカージの黒クリーチャーは、他のどの色のクリーチャーよりもパワフルだと言える。

白…「安定」

Aven Liberator
空の戦いでは安定した戦力

スカージにおいて、黒の次点に来ると思われるのは、おそらく白だろう。黒ほどではないが、コモンに強力なカードがいくつか存在する。

まずは《エイヴンの解放者/Aven Liberator》。2/3 飛行というサイズは、空の戦いでは安定した戦力となる。加えて、表になったときの効果「対象の自分のクリーチャーに好きな色のプロテクション」も強力だ。自分自身や他のクリーチャーに対する除去呪文から身を守るだけでなく、戦闘時のトリックとしても効果を発揮する。相手に付けられた《平和な心/Pacifism》《長引く死》を外したりと、とにかく重宝するクリーチャーだ。

スカージでは、コモンで各色に「ドラゴンの~」エンチャント・シリーズが収録されているが、白の《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》は他のものよりも明らかに優れている。+1/+2 非タップ。上の《エイヴンの解放者》《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》などの飛行生物にエンチャントすれば、圧倒的な戦力に早代わりだ。

他にも、《鋼の霊体/Astral Steel》はなかなか強力な強化呪文だし、《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》はブロックされないクリーチャーの一種と考えられる有利なアタッカーだ。地味ながら実戦的なカードが多く収録されているのが「白」ということになるだろう。

赤…「中途半端」

Torrent of Fire
コモンの中では最大級の威力

レギオンまでのリミテッドでは大人気だった赤。しかし、スカージで得られる戦力は微妙なものばかり。アンコモン以上には強力なカードがいくつか存在するものの、コモンとなるとかなり弱体化が目立つ。

弱くなった赤のコモンの中でも、是非ともピックしたいカードは《火炎流/Torrent of Fire》だ。3 ManaRed ManaRed Mana でソーサリー、確かに重いのだが、このカードはコモンの中では最大級の威力を秘めている。4 ~ 5 点は当たり前、時には 7 点以上の威力を発揮することもある。《焼けつく肉体/Searing Flesh》と 7 点《火炎流》で勝利した、などという話を聞いたこともある。赤をプレイするなら、このカードは 1 枚は欲しいところだ。

アンコモンだが、《スカークの火山使い/Skirk Volcanist》は想像以上の強さだ。《山》 2 枚のコストは確かに痛いが、こちらが土地をフルタップしている状態からの奇襲は、ここぞという時には大変効果的。赤青などのクリーチャーのタフネスが低いデッキと対戦する時には絶大な強さを発揮するだろう。

緑…「両極端」

Krosan Drover
最も期待できる

スカージの緑のコモンは、いわゆる「中堅」…… 4 マナ 3/3 クラスが殆ど存在しない。そのサイズをデッキに投入するには、オンスロート・レギオンの 2 パックまでに取得しておく必要がある、ということだ。また、中堅が居ないだけでなく、序盤の攻防を支えるカードも無く、大型クリーチャーは 7 マナ 6/6 とか 8 マナ 7/4 とか極端に重いものばかり。アンコモン・レアでどれだけ強いカードをピックできるかが勝負の分かれ目になるだろう。

緑のコモン・クリーチャーの中で、最も期待できるのは《クローサの家畜商人/Krosan Drover》だ。4 ターン目にこれ、5 ターン目に《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》など 6 マナの重量級クリーチャー、という展開は、場を制圧するには十分なものだ。うまくデッキを構築すれば、重量級ビースト連打も夢ではないだろう。

青…「最弱」

今回最も恵まれなかったのは、青。コモンの中でピックすべきカードは、《凍結/Frozen Solid》《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger》《流れ込む知識/Rush of Knowledge》の 3 枚、次点で《分散の盾/Dispersal Shield》《レイヴンギルドの信徒/Raven Guild Initiate》くらい。アンコモン・レアを含めても、強力なカードはほとんど存在しない。青をプレイするなら、スカージまでに戦力を揃えておかなければならないだろう。

マルチカラー・アーティファクト・土地

色が合えば《帰ってきた刃の翼/Bladewing the Risen》は使えるだろうが、他のマルチカラーはどうしようもなく使えない。アーティファクトはどれもサイドボード候補。《邪神の寺院/Temple of the False God》は……強かったという話はあまり聞かない。

(2) ドラフトにおける色の組み合わせ

オンスロート・レギオン・スカージ各 1 パックとなるドラフト環境下では、果たしてどの色の組み合わせが望ましいのだろうか。ここでは 2 色の組み合わせ、計 10 種類をそれぞれ考察してみたい。

白青

強化された白と、弱体化の青。《上昇するエイヴン/Ascending Aven》が減り、軽量飛行生物による速攻戦略が困難となった。青は補助色に徹し、白の優秀な生物で押し切れるかどうかにかかるだろう。《ドラゴンの鱗》+飛行生物が決まれば……。

白黒

おそらく最強の組み合わせではないかと目されるのが白黒だ。既に述べたとおり、スカージで最も戦力の増強が図れた色の組み合わせで、除去呪文も強化呪文も豊富に用意されている。《エイヴンの解放者》のおかげで、今まで貧弱だった戦闘トリックに幅が広がり、試合を有利に運ぶことが出来るだろう。

白赤

赤は《火花鍛冶/Sparksmith》が減り、《火炎流》が加わる。スカージの他の火力はやや心もとなく、序盤で場を制圧するパワーは低下したと言って良いだろう。スカージで優秀な赤アンコモン・レアが取れればいいのだが。

白緑

最弱の組み合わせだった白緑だが、スカージが加わり、やはり最弱であった(笑)。《忘れられた古霊/Forgotten Ancient》クラスを取ったとしても、除去の無い色はやはり苦しい。

青黒

除去が増えたおかげで、以前よりは安定して戦える色の組み合わせとなった。しかし全体的にクリーチャーの線が細いので、それをサポートするために《流れ込む知識》を取っておくと安心だろう。

青赤

一部では最強との呼び声も高かった青赤だが、その地位を譲らなければならないようだ。キーパーツである《火花鍛冶》《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》が減り、場の制圧が困難となるからだ。スカージでの戦力補強はあまり望めないので、オンスロート・レギオンまででデッキを完成させておく、くらいのピックが出来ないと苦しいだろう。

青緑

スカージ最弱の 2 色の組み合わせ。そのパワーダウンは青赤以上のものがある。どうしても青緑に行かなければならない場合は、《残響の追跡者/Echo Tracer》を複数枚取れていないと厳しい。

黒赤

これも最強の組み合わせと認識されているうちの一つ。スカージ導入後も、その強さは相変わらずである。クリーチャーが薄くなりがちなのをきちんとフォローできれば問題無い。あとは、きちんとカードが流れてくるのを祈るだけ(笑)。

黒緑

《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》が減る影響を最も被るのが黒緑。黒除去が増えるのは大歓迎だが、《野人》からのビースト連打戦略が難しくなっている。スカージの緑は期待できないので、アタッカーはそれまでに十分ピックしておかなければならない。

赤緑

黒緑と大体同じだが、それよりは弱くなった感じ。オンスロートの優良コモンを何枚押さえられるかが勝負の鍵となる。スカージではあまり得るものが無いので、カットに終始するのも良いだろう。


以上 10 種類列挙したところで、私の考える「強い組み合わせ TOP3」を挙げてみたい。

  • 1位…白黒
  • 2位…黒赤
  • 3位…黒緑

と、やはり黒があまりにも強いという事なのだが。ただ、練習を重ねるうちに、異なる戦略が生まれ、勢力図も変わるかもしれないので、注意深く見守っていきたい。

(3) おまけ…《ゾンビの殺し屋》について

Zombie Cutthroat
これを見たら即取りで問題ない

《ゾンビの殺し屋》はご存知の通り、変異コストに色マナを必要としないため、どのデッキにも入る。そして強い。ファーストピック級ですらある。よほどのカードが無い限り、これを見たら即取りで問題ないと思う。

Tags: Strategy
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(13) [ツッコミを入れる]
_ ken 2003/05/30 21:11

はて?<br>青はそこまで弱いでしょうか?<br>正直どうしようもなく使えないカードが青は全体的にないような気がするのですが・・・・<br>現状維持だと思うのは私だけでしょうか?<br><br>コモン、アンコモンでカードアドバンテージが取れるカードが豊富にありますし・・・。<br><br>逆に赤が弱くなった感じがします。<br>全体的に重くなり、効果:コストが前は2:1ぐらいだったのが、1:1.5ぐらいになった感じがします。<br>まぁ、組み合わせ次第なのですが・・・

_ ちゃっぴー 2003/05/30 21:25

>ken様<br>早速のツッコミありがとうございます。<br>青は、確かに一部のカードについては安定した強さを持っていますが(《流れ込む知識/Rush of Knowledge》は特に強いです)、その枚数自体が少なく、取り合いになると厳しいと思い、辛い評価を下してみました。

_ T 2003/05/31 01:18

私も青は弱くなったとは思いません。<br>むしろカードパワーだけ見れば強化なんじゃないですか?<br>オンスロートのコモンはウィザードだからデッキに入れるってクリーチャーばかりでしたし、スペルもそれほど優秀じゃありませんでした。<br>それに比べれば、流れ込む知識はゲームを決める力がある壊れたカードですし、海辺のレインジャーは他のコモンの飛行にタフネス3がおらず、パワー4がいない事を考えればかなり頼りになります。島サイクリングも付いてますし。<br>凍結にしたって優秀な除去ですし、次点挙げていた2枚も後手2ターン目に変異を消せる分散の盾に、飛行付きのイリュージョン達を相打ちから救いつつ変異同士の戦闘で一方的に勝ち、白青ならマナを使わずエイブンの解放者を再利用したり、エイブンの救い手などの優秀クリーチャーを除去から守れるレイブンギルドの信徒。信徒の方は素で出しても3マナ1/4と固いのも魅力です。<br>小型エキスパンションである事を考えれば枚数も決して少なくはないのではないでしょうか。<br>アンコモンもペミンのオーラやアフェッドのルーン術士はリミテッドでは壊れたカードですし、激浪計画の生き残りもかなりの高得点カードなのでアンコモンも強いです。<br><br>以上が私が青が強化されたと思う理由です。<br>反論お待ちしております。

_ さち 2003/05/31 01:24

スカージが入って一番強くなったカラーの組み合わせは青白だと思います。タフネス3のフライヤーが増えたことによって硬く、またテンポも取れます。この環境最強のカラーだと思います。またスミス、スキルが減って戦いやすくなってます。逆に黒白はクレリックが全体的に減っており組みにくくなってます。テンポがとりにくく緑にもきついと・・いいとこなしだと思います。<br>白青>黒緑=赤緑=赤黒>青緑=白黒=赤白=緑白>赤青<br>ぐらいで。<br>スカージは黒>青=緑=白>赤ぐらいで。。

_ ちゃっぴー 2003/05/31 03:09

様々なご意見、参考になります。私自身、スカージ入りドラフトを4回程度しか経験しておらず、そのあたりでカードの強さに気づかないことがまだあるようです。<br><br>私が白黒を最強と推すのは、除去やアタッカーの豊富さだけでなく、白と黒の《戦長》がとんでもなく強いというのも一つの要因です。これらは、青赤で言うところの《溶岩使いの技》の如くパーツであり、加えて白と黒の《ドラゴン》エンチャントが合わさると、手の付けられないことになります。<br><br>今度、コモンカードによるハイランダーデッキを用いた実験など行ってみたいと思います。それで青が強いと分かれば、結局私だけでなく皆様にとっても収穫となると思います。

_ ken 2003/05/31 22:54

えっと今日友人達とロチェスタードラフトをしたのですが、<br>4人ぐらいが青を抱えても1敗で抑えれるデッキに仕上がりました。<br>一人のどアホウが両隣が青なのに青に色がえしたりされなければ3勝も難しくない色です。<br>ただ、少しフライヤーが不足気味になりやすいのは確かです。<br><br>とりあえずペミンのオーラはえぐかったw

_ T 2003/06/01 13:06

>kenさん,さちさん <br><br>青白最強や青で4人支えられるは少し大袈裟ではないかと思います。<br>青白は、システムクリーチャーが全体的に少なくなったのは追い風ですが、火花鍛冶や煙吐く発動者、幸運を願う者などには相変わらず苦労させられるので、それらがパックから出た枚数によって勝率がかなり左右される不安定なアーキタイプだと思います。強くなってるとは思うのですが、除去が無きに等しい色が最強は少し厳しいかと。<br><br>スカージの青は確かに強いと思うのですが、オンスロートとレギオンのカードパワーを考えると青は卓に2人が理想、3人からは若干厳しいんじゃないでしょうか。<br><br><br>>ちゃっぴーさん<br><br>私も白黒は強い色だと思いますが、戦長はいくら強いといってもアンコモンなので最強色に推す根拠としては少し弱いと思います。<br>赤青最強説があったのは、溶岩使いの技と火花鍛冶という2枚のキーパーツがコモンであり、なおかつオンスロートが2パックあったからではないかと。<br><br>>コモンのハイランダーデッキ<br><br>こういった事をやってくださるのはとても有難いです。<br>結果を楽しみにしてますので頑張って下さい。<br><br><br>個人的にはスカージのカードパワーの強さは<br><br>黒>白>青>赤>緑<br><br>だと思ってます。<br>これからどんどん評価が変わっていくと思うのであまりあてにはならないと思いますが。<br><br><br>知らない人とドラフト論を交わす機会があまりない人間なので、意見・反論があれば遠慮なく言ってくださると嬉しいです。

_ hase 2003/06/02 01:10

どうも。お初です。スカージのシールド、ドラフトをある程度繰り返した感想です。<br> まずちゃっぴーさんの考察はほぼ正しいですね。黒最強は間違いありません。《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》は黒以外の全てのデッキに入ります。《虫つぶし/Swat(UL)》や《ショック/Shock(ST)》を撃たれた時の嬉しさといったらもうw。《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》もすばらしすぎる。なにしろ6マナのフィニッシャー兼序盤のサイクリング。6マナはドラゴンエンチャントがつくので実にいい。この2体のクリーチャーがコモンであり、さらに除去も豊富でいうことなし。今まで赤が独占していた人気を黒が奪っていくでしょう。<br> 次に白も相当やります。除去が手に入ることが一つ。そしてコモンのカード2枚にその秘密があります。それが《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》 です。序盤から中盤まではこの2枚のコモンでほぼ制圧できます。<br> この2つのカラーが強いことはまぎれもなく、ちゃっぴーさんの言われるようにこれが組み合わされば最強でしょう。ただそれまで他人がそれを許してくれればですが。<br> でその他の色ですが、緑はまあ許せます。とにかくデカイ。一旦場に出ればなかなかとめれません。ただデカイだけでは手札に腐ってしまいますが、土地サイクリングや変異だったりするのでその心配もそんなにありません。ただ《クローサの家畜商人/Krosan Drover》 は今一つでは?確かに上手く回れば強いですが、手札に6マナ以上のクリーチャーがあふれている状態だと序盤が心配です。そして4マナ払った割には脆弱すぎます。6マナ以上のクリーチャーいるならブロックしたくないですし、おそらく序盤たこ殴りにされてせっかくのデカブツくんたちもブロッカーなならざるを得ないというケースが想定されます。<br> で、赤は除去が減ってがっくし。弱体化しました。青も同様。青コモンで使えるのは《流れ込む知識/Rush of Knowledge》ですね。これはタッチの意味もある。5~7枚くらいドローしますので息切れしません。<br> 青が強いというケースは稀です。オンスロートやレギオンでしっかりカードが取れてればいいですが、スカージでデッキは強化できません。唯一白青のみが白の強力カードで強くなる可能性があります。<br> 個人的には黒緑が最強だと思いますよ。豊富な除去とファッテぃーで。ゾンビのアドバンテージは馬鹿げています。

_ ちゃっぴー 2003/06/02 02:41

先日、愛媛は川之江の公認大会のサイドイベントでブースタードラフトがありまして、参加してきました。<br><br>1位:赤黒<br>2位:青黒<br>3位:白黒(私)<br>5位:白青黒<br>…他忘れてしまいました<br><br>私自身が2位の青黒に敗れて思ったことは、《流れ込む知識/Rush of Knowledge》はやはり強い、強すぎる、ということ。白黒タッチ《知識》、とか赤緑タッチ《知識》、という組み方でも戦えそうな印象を抱くほどの強さ。逆に言えば、《知識》の取れなかった青は弱い、ということになりそうです。

_ MOTO 2003/06/02 22:30

青は皆さんの言うとおり、そこまで弱くないと言うのが実感です。<br>優秀なフライヤーも増えましたし、青白の組み合わせは兵士デッキにする事でかなりのやり手になります。<br>今回のスカージのカードプールにより起きた変化はむしろオンスロートとレギオンの得点の変動が大きいと思います。<br>とくにエンチャント破壊が軒並み得点アップかと・・・<br>また変異を使用することでのテンポがとれないことのリスクが<br>かなり大きくなっています。スカークの匪賊や憑依されし死者などは得点を下げざるを得ないと思います。<br>スカージの赤は完全に補助色で緑は今までのファッティの補助とみるとブロック全体のバランスとしてはなかなか良いのではないでしょうか? <br>白緑が最弱だと言われることも共通の種族がいない事を考えると当然のような気もします。<br>エルフ、ゴブリン、ソルジャー、ゾンビ、クレリック、鳥、ビースト、ウイザード<br>デッキのアーキタイプにより明らかにカードの優先順位が違ってきているというのが私の感想です。<br>白黒が最強との事ですがゾンビデッキにする場合とソルジャーデッキにする場合では明らかにピックの順番が違ってきます。<br>ゾンビなら白のカードで欲しいのはドラゴンの鱗が最優先ですが<br>白と組まなくても他の色でも可能でしょう、生ものが半分兵士な白黒はそれほど強くないでしょう。<br>鳥兵士デッキ(白青)=ゾンビデッキぐらいだと思うのですが・・・<br>むしろ青赤という種族のかみ合わないアーキタイプが弱体化した事のほうが大きな変化ではないでしょうか?<br>また高得点のカードにスプラッシュで3色目候補のカードが増えたなぁと思いますがいかがですか?

_ ・・・ 2003/06/03 05:09

ドラフト下手糞人間なんであれなんですが、<br>議論に参加したいと思います(^^;<br><黒緑<br>は個人的に最弱色だと思いますよ。<br>理由としては<br>スカージで飛行をとめられるゴルナ系が<br>アンコモンの3点ハリケーンしか存在しない事。<br>スカージの緑が重い割りに小さすぎること(森サイクリングのエルフくらいしかいない)<br>スカージの黒の除去はがんがん殴る緑黒には合わないこと(除去は除去なのでしょうがないですが^^;)<br>スカージにはフィアー内蔵のクリーチャーが存在しないこと<br>(ドラゴンの影は個別エンチャントなので強いけど対処不能ではない)<br>除去がオンスでまともなものが取れる確立が極端に減ったこと<br>そして、黒の競争率が極端に上がったこと<br>などがあげられます。<br>自分も緑黒は3回ほど作ってみたのですが、1回も3勝できませんでした。<br>まぁ、ドラフトミスなども勿論あるんでしょうが、<br>負けた原因はやはりほとんどが飛行に押され負けるパターンでしたので・・・<br>正直黒緑は色々なものが重過ぎて軽い飛行やアンブロッカブルに対処できないことが多いと思います。<br>>青赤<br>確かに弱体化は去れましたが<br>勝てないほどよわいか?と言われればそんなことは無いと思います。<br>火炎流は勿論強いし、凍結もじょきょとしては十分ですし、<br>流れ込む知識も意味わかりませんし、<br>オンスが減っても1/4の壁であるウィザードが存在していますから下が止まらないわけではないですし、<br>何よりペイ5の3/4のゾンビのおかげでフィアーをとめるすべも存在しますし、コモンに3/4飛行がいるのは有難い限り。<br>勿論全てが取れるわけではないでしょうが、<br>スカージが入ることによって青は弱体化されたわけではなくオンスが減ることにより実は強くなってないか?と言うのが感想です。<br>赤は確かに弱くなってますがね(^^;<br>ただ、場をコントロールしていく赤青から、<br>序盤を1/4などで絶え、上から率先して殴っていく<br>形で変わっていくだけだと思います。<br>今までもそうでしたが、これからはもっとそうなるかと。<br>>白黒<br>は確かに最強だと自分も思いますが、<br>オンス*3のときの赤黒のようにかぶる可能性が高いばかりか、卓に平気で4人とかできそうで禁断の果実となりそうな気もしますね(^^;<br>>白赤<br>は凄いテンポデッキになりそう(^^;<br>全てのパックに2マナ2/2がいる上に<br>トリックカードも増えた上、<br>竜の鱗が意味わかりませんしw<br>結界が割りやすいと言うのも色的な特徴で強そう。<br>まぁ、白絡みは全部そうですがw<br>>青緑と白緑<br>は確かに除去が無いので相当厳しそうです<br>レギオンの挑発クリーチャーが勝負ですかね?<br>一応システムクリーチャーのオンスが減ったことにより<br>無理ってわけでもなさそうではありますが(^^;<br>>白青<br>自分も一番強化された色だと思います。<br>ていうか、飛行が多すぎる上に全てが鳥なので<br>スカージの1/4が恐ろしいまでに強い・・・<br>地上のでかいのが少なくなった事で<br>ダメージレースも悪くない<br>レギオンの1/1挑発でもとまりますしね。<br>>赤黒<br>これも強そうではありますが<br>オンスのスペルとフィアーノ量が鍵じゃないでしょうか?<br>フィアーのいない赤黒なんて小さいだけですし。<br>黒には飛行はいますが白青の飛行に比べると・・・と言うのはありますし、相変わらず畏敬の冠がどうしようもないのが・・・(^^;<br>>赤緑<br>これも相当弱くなったと思います。<br>上止まらない、火力は弱体化、スカージの緑は小さい<br>といい事が少ない。<br>ただ、火炎流は一番生きますが(^^;<br>あとコスト6以上引っ張るエルフ(w;<br>>青黒<br>これも強化はされてると思います。<br>まぁ、スカージが入って緑のでかさが抑えられたからかもしれませんが、やはり3/4飛行がその強さに一役買っていると思います。あとは死ぬとー1の鳥。<br>沼サイクリング5/3のおかげで緑に対抗できる大きなフィニッシャーもでかいですね。<br>あと、黒青も何気に鳥多いからやっぱり1/4は強いとw<br><br>こんな感じです。<br>個人的な色別評価はできませんが(種族を重んじる環境なため)<br>一番強化されてると思うのは矢張り白青だと思います。<br>どう考えてもおかしいですから。<br>色単体で見てくことは無駄だと思ってますし。<br><br>>流れ込む知識<br>は3回くらいタッチで使ってましたよw<br>無駄に強かったですねw<br>正直引きすぎてごめんなさいって感じでしたw<br>常に手札が7枚とかいってありえない状況が起きますし(^^;<br>あと、インスタントストームのクリーチャー回収スペルにふれられてないのが気になりました。<br>めたくた強いっすよ。あれ<br><br>でわ

_ ・・・ 2003/06/03 05:10

連続カキコすいません。<br>今回はアンコモン以上は無視して書いてあります。

_ hase 2003/06/04 00:39

少々反論をば。<br><br>><黒緑 <br>>は個人的に最弱色だと思いますよ。<br><br> 最弱というのはひどいような(^_^;)。青緑とか白緑以下ということはないでしょ。普通のカードプールなら。<br> <br>>理由としては <br>>スカージで飛行をとめられるゴルナ系が <br>>アンコモンの3点ハリケーンしか存在しない事。 <br><br> たしかに飛行をどうするかというのは緑にとって大きな課題です。その点で以前より弱くなったのかどうかという点について考えてみたいと思います。<br> まずいままではON-ON-LGだったのが今後はON-LG-SCになります。ここで変わったのはONがSCになったということですね。つまり飛行ストッパーの最大手、針撃ちゴルナの出現率はなんら変わっていません。失ったのはONですが、レアの蜘蛛やアンコモンのブラッカスは元より出現率が低く、これを考慮に入れるのはよします。するとコモンの毒吐きゴルナ1枚が問題となります。さて、ここで緑が毒吐きゴルナを持っていない場合どのくらい弱いのかということですが、これが緑の優良カードではあっても必須カードではありません。ドラフトでこいつが取れなかったといって緑をやめますか?おそらくそんなことはないはずです。野人やアンドラックといった他の優良コモンにより緑の優位性が築かれているのです。つまりそれが減ったことによって緑が弱体化した可能性はありますが、飛行を止めれなくなったということはさしたる影響を与えていないと思われます。<br> が、ここでの問題は黒緑ということになります。緑の苦手な相手はチャンプブロッカーでしょう。これさえいなければ殴り合いで勝てる色はありません。その小さいブロッカーたちを一斉除去するのに最有力な色が黒なのです。これが黒緑を推す最大の理由です。<br><br><br><br>>スカージの黒の除去はがんがん殴る緑黒には合わないこと(除>去は除去なのでしょうがないですが^^;)<br><br> がんがん殴るときに合う除去というのはなんでしょう?長引く死だと遅いということですか? 《ゾンビの殺し屋》 の登場により赤除去の有効性が減ったと思われます。攻撃を通すことを考えれば仰ることもわかりますが、後手の3ターン目にこいつを置いた時の安心感を考えると黒の優位性がうかがわれます。<br><br>>スカージにはフィアー内蔵のクリーチャーが存在しないこと <br><br> こいつは確かに黒にとって大きな問題ですね。ただ黒がそれに変わってサイズを手に入れたということです。<br><br><br>>そして、黒の競争率が極端に上がったこと <br><br> 黒の競争率が上がった=強いから、ではないでしょうか?競争率の低いデッキが最強というわけではないでしょう。バランスの問題もありますが、黒緑が注目されていないテーブルでそれを選べば間違いなく最強でしょう。<br><br><br>>自分も緑黒は3回ほど作ってみたのですが、1回も3勝できま>せんでした。 <br><br> まあその時のパックの出が偶然かみ合わないこともあるでしょうし、白に賛美された天使が出て赤にロリックスが出たなんていうときは負けることもあるでしょう。<br><br>>正直黒緑は色々なものが重過ぎて軽い飛行やアンブロッカブルに対処できないことが多いと思います。<br><br> 黒緑の問題というよりもデッキバランスの問題かと。重ければ弱いのはどれも当然ですし。確かに入れたいカードが重めなのも当然なので意識的にデッキを軽くする必要性はあります。<br> 今までよりもデッキ構築力が要求されるフォーマットになってきたのではと思います。<br><br> いろいろ生意気なことも申しましたがご容赦ください。意見・反論などお待ちしてます。


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.