Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



日常マジック生活-世界に一歩近づいた

2003/06/13 04:16更新

日常マジック生活-世界に一歩近づいた

Written by 岡本 尋


久しぶりに日本で開催されたプロツアー横浜、日本勢は本選で大いに活躍しました。その活躍ぶりはここでは多く語りませんが、大きな時代の変化を感じずにはいられませんでした。

それとは別に日本人は世界に一歩近づくこととなったのです。ある事件がきっかけで……。

すずめのお宿はグローバル!?

Jens Thoren
Jens Thoren

事の発端はジェン・ソーレン? 以前からソーレンと酒を飲みに行こうと画策していたのはローリーこと藤田剛史。どうやら 2 日目の PTQ の成績も思わしくなく、以前から計画していたそれを実行に移すことに。数名の日本人を集めソーレンを呼びにいったところでなんと……緊急事態発生! ソーレンのチーム勝ち残っちゃってます。一度走り始めた気持ちは止まらない、結局ソーレンを置いて日本人だけで飲みに行くことに。それじゃあいつもと変わらないと、自分は離脱してマネドラして遊ぶことにしたのですが、まさかこんな事件が発生しているとは思わなかった。

いったんマネドラは終わり、次のマネドラをする前に酷く鳴り続ける腹の虫をなだめることに決定。とそのとき石田格から電話が入る。

「早く来て! 外人が、大変、すごい、オリバーとかきてるし」

意味が良く分からない電話が入るが、目の前ではルーエル兄弟が遊んでる。酔っ払いの戯言と決めさっさと電話を切ることに。真木さんなどと満腹を目指して移動を始めるが、じゃんじゃん電話が鳴りまくる。もう絶対なにかしらの嫌な予感しかしないのでほとんど放置したのだけど、なぜか真木の目がらんらんと輝き始めて大ピンチ! 近づかないほうがいいとの説得もあまり効果がなく、とりあえず様子を見に行くことになってしまった。んでその噂のすずめのお宿を外から覗いてみると、確かに外人と飲んでる。が、とんでもない人数で……。

怪力 Ed Fear
怪力 Ed Fear

2~30 人ほどの集団が座敷でなにやら大はしゃぎ。あまりのことに驚いていると、こちらの存在に気づかれてしまった。手招きで呼ばれるも危険な薫りに立ち往生。誘いにきた黒田くんを必死に拒否していると、ドスドスやってきた外人エド・フィアーにひょいと担がれる。ぎえぇ~

怪力のマジックプレイヤーはいりません!!

そのまま連れて行かれて中に放り込まれる。もうみんな酔いまくってもうぐちゃぐちゃです。日本人・台湾人・アメリカ人・ブラジル人・ヨーロッパなどほか多数。世界中から集まったマジックプレイヤーが一堂?に集結している謎の飲み会。どうしてこうなったのかは定かではないですが、普段交流の少ない人たちとも大変仲良くなっておられました。今までありえなかったこの貴重な機会を体験できて良かったのか悪かったのか……。ともあれまた一歩世界に近づいたのでした。ほんとに?

アミエル・テネンバウムがやってきた!!

女のコ大好き Amiel Tenenbaum
女のコ大好き Amiel Tenenbaum

プロツアーが終わり数日したころ、一本の連絡に驚かされることに。

「今アミエルが名古屋にきてるんだけど」

寝起きのせいかしばらくぼ~と考えてみる。そういえば日本を観光するからって無料の宿を探していたのを思い出す。次の日アミエルが泊まっている名古屋の溜まり場に行くと、フローレン・ジュードンがみんなと遊んでいた。件のアミエルはまだ寝ているらしくスタンダードなどをしながら遊んでいると、「onna hoshi」と言うセリフと共に現れた。

アミエルは観光以外にもう一つ目的があって、日本人の女の子と遊びたいらしい。しばらく付き合ってみてアミエルの学習能力の高さに驚かされたが、教えた日本語をすぐ覚えなおかつ応用も利かせるのだから驚きだ。そしてこの言葉も応用を利かせたセリフとしてよく使っている。基本的に変な言葉ばかり教えているのが玉に瑕だが。このまま 5 日ほど名古屋に滞在していったのだが、主な遊びはマネドラだったり。そして謎にモリカツがいたりして……。

アミエルと名コンビっぽいフローレンは基本的に真面目な性格。今回のこの珍道中も無理矢理付いてこさせられてる感が強い。んで意外なのかそうでないのか日本のアニメが好きらしい。そういえばアミエルの親はフランスでアニメのプロデューサーなんかをやっているそうだ。まああんまり関係ないけど……。

このフローレンなかなかにマジックが好きで、滞在中に開催されたスカージのプレリリースにも参加していた。見たこと無いカードが日本語ばっかで相当苦戦していたようなんだけど、パックもあまり強くなくいまいちな成績だったっぽい。でも滞在中にやったマネドラでは一番いい成績だったり。あんまり通じない会話を無理矢理通じさせて、なんとか色んなマジックの話をしたりした。一番面白かったのは、アミエルはいつもクレイジーどこでもクレイジーを連呼していたことかな? 微妙にフランスのマジック事情なんかも聞いてみたり。

こんな珍道中をしにきた 2 人のフランス人。どうやらこれから南下していくらしく、次は京都に滞在予定とのことだ。まあ無事に帰ってくれることを祈るのみですな。

どうして僕らは滋賀県に??

気持ちよく再会を約束してわかれたはずのアミエルとフローレン。なぜか再会はすぐだった。京都を後にした 2 人は、観光しにきたのかマジックしにきたのか次に滋賀の平林のもとを訪ねた。そしてどういうわけか信下とともにロチェスターの練習をしに行くこととなってしまった。無事?再会した僕らは練習を 3 回ほどやってまたお別れ。次に会うのは世界選手権。アミエルは世界選手権が終わったらフランスに遊びにおいでよと言うのだけれど、はたしてどうなることやら。そんな余裕なんてないんだけどね。んで、彼らは広島の桧垣達の元へ行き、現在は福岡に滞在しているとのこと。彼らと最も仲のよい?池田さんのもとで何をしているのやら。

そんな彼らの旅ももうすぐ終わる。果たして何の意味があったのかはこの際謎で。謎に日本中のマジックプレイヤーと仲のよくなった 2 人のフランス人。これも日本が世界に一歩近づいたってこと? さてはて。

Tags: Casual
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(4) [ツッコミを入れる]
_ 匿名 2003/06/11 00:07

なんか放置されてるが尋たん頑張れ!<br><br>MTG通じて世界中に友達が出来るのはかっこいいよね。

_ みやけん 2003/06/11 00:48

個人的には、彼らと行動をともにした誰かから速攻でツッコミが入ることを期待してたりしたのですが^^<br><br>>MTG通じて世界中に友達が出来るのはかっこいいよね。<br>私もそう思います。イベント行くたびに、ドラフトしたり、呑んだり、下世話な会話をしたりって、悪くないっすよねー。

_ Kawasaki 2003/06/13 01:40

>みやけん氏<br><br>そうですね~<br>イベント等でも向こうから結構気さくに話し掛けてきてくれますし…

_ みやけん 2003/06/13 04:16

僕は海外勢と遊べるイベント大好きですよ! 身振り手振りで話したり、ドラフトしたり、4ドラやったり。<br>気があったときは、呑みに行ったりもしましたねー。<br>じゃなきゃ、SARSのシーズンにシンガポールにはいけないっす(笑)


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.