Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



スカージ・リミテッド雑感 前編

2003/06/19 22:46更新

スカージ・リミテッド雑感 前編

Written by エルシス

こんにちは、エルシスです。お久しぶりです、と言った方がよろしいでしょうか。久しぶりの投稿となりました。

ついにオンスロートブロックの最終エキスパンション、スカージが発売となりました。日本選手権のロチェスタードラフトはスカージ入りで行われるため、権利保持者の方々は練習に熱を入れているかと思います。

幸運にもそういった熱意ある方々のドラフト卓に囲まれる機会がありましたので、今回はリミテッドの観点から見たスカージについて、各色の勢力に付いて言及しながら対談形式で各カードを解説・考察していきたいと思います。

ドラフトはあまりやっていないけど興味のある方、選手権の権利を持っているのだけどなかなかドラフトの練習ができないという方に読んでいただければ幸いです。

登場人物プロフィール

福地貴弘(elsis): 筆者。02 年 GP 札幌 13 位、02 Finals 14 位など。PTQ トップ 8 多数。プロツアー経験はなし。一時は日本選手権招待枠内のレーティングも持っていたが GP 京都二日目のドラフトで負け越してしまい見事予選共々玉砕。あと一歩病に苦しんでいるらしい。

吉川祐輔(yossy): 02 年日本選手権 66 位、03 年日本選手権出場予定。プロツアー出場 2 回(00 ニューヨーク、03 横浜)横浜では初日も突破した。グランプリで初日を抜けたことがないのが悩みの種だとか。DCI 認定レベル 2 ジャッジ。

雑感

elsis 「で、まずは白だけれど」

elsis 「全体としては手堅い印象かな?」

yossy 「そうだね。突出している印象もないけど、基本ラインがしっかりしている」

elsis 「派手さがないから、固め取っても弱いことがあるのは今までと一緒かも。固め取らないと弱いのにね。せめて種族的なシナジーはしっかり考えて取って行きたいところ」

yossy 「あくまで ONS、LEG の方針の踏襲ということで」

elsis 「では、各カードを見ていきましょう」

《老いざる歩哨/Ageless Sentinels》

Ageless Sentinels

elsis 「いきなりレア。すごいがっちり。攻撃に行く気が失せるカード」

yossy 「実はまだ使ったことないんだけど、とりあえず除去するまで殴れないでしょう」

elsis 「いつも空陸ともに睨みを効かせてて中々強そうなんだけど、攻撃してるところは見たことない(笑)」

yossy 「強い《黄金化/Aurification》。過信は禁物かな」

《鋼の霊体/Astral Steel》

elsis 「白いストームジャイグロ。普通に +1/+2 でも戦闘は有利になるかな」

yossy 「でもちょっと重すぎるね。」

elsis 「3 マナなんだよね。テンポが悪くなってしまうことはままある」

yossy《奮起/Inspirit》のように劇的な効果が望めないのは厳しい。それでもデッキには入りそうだけど」

elsis 「まあ、普通にメインに入るレベルのカードではあるけど、上手く使うにはちょっとコツがいりそうなカードだね」

yossy 「ストームが活かせると良いね」

《エイヴンの遠見/Aven Farseer》

elsis 「変異対策一号機。でも、ちょっと基礎スペックが低いかなぁ。」

yossy 「でも 2/2 は普通に期待できるので、良いかと」

elsis 「この手の変異対策カードはスカージから参入したわけだけど、変異の多くなる赤青には有効そうだね」

yossy 「このカードに関しては、抑止力としての意味合いは薄いかな」

elsis 「こういった能力は自分から積極的に使うようにしていった方が効果は高そうだ。一回使えば 2/2 になるわけだから」

yossy 「むしろ兵士デッキのマナ圏を埋めるのに重宝しそうだね」

《エイヴンの解放者/Aven Liberator》

Aven Liberator

elsis 「使えるフェイスアップ能力だけど、結構表で出すことって多くない?」

yossy 「普通は表でしょう。スペックは優秀だし」

elsis 「普通は表で、マナに余裕がありそうなときは裏でアドバンテージを取りにいくのが基本かな」

yossy 「もちろんフェイスアップ能力も群を抜いて優秀。戦闘、スペル、いかなる時でも役に立つ」

elsis 「汎用性の高いカードは優秀ってことで」

yossy 「見た通りだね。自分的ベストコモン」

elsis 「俺は《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》の方が好みなんだけどね」

《ダールの降霊者/Daru Spiritualist》

elsis 「1/1 じゃなぁ……」

yossy 「クレリックは元から堅いしね。デッキには普通入らない」

elsis 「すごく早そうな赤黒や赤緑にサイドで入れるのがせいぜいか」

yossy 「でも戦闘では役立たず……《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》とは違うのだ」

elsis《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler》がいるとすごくがっちりできるし、赤い火力が効かなくなるのであまり馬鹿にしたものでもないと思うけどな」

《ダールの戦長/Daru Warchief》

Daru Warchief

elsis 「これは強いね」

elsis 「《戦長》シリーズはだいたいどれも強いけど」

yossy《栄光の探求者/Glory Seeker》が 3/4 とか、堅くなりすぎ」

elsis 「前に《動員令/Mobilization》とコンボってすごいことになってた(笑)」

yossy《草原の十字軍/Grassland Crusader》とか重い兵士とも相性が良い。兵士デッキ限定なので、流れて来やすいのもグッド」

elsis 「兵士デッキの皆さんは見たら喜んで取りましょう」

《曙光の精霊/Dawn Elemental》

yossy 「強いことは強いけど……」

elsis 「こんなの出るのか?と思ったら前 4 ターン目に出てた(笑)」

yossy 「白は固め打ちされやすいしね」

elsis 「そこはプラスだね。でも、スカージの黒のコモンでこいつを除去れるのは 2 枚 もあるし、あんまり頼りにするのもどうかなぁ。ゴルナで止まっちゃうし」

elsis 「まあ、白の濃いデッキなら初手で取ってもいい……かなぁ?」

yossy 「自分のデッキと相談しましょう」

《正義の命令/Decree of Justice》

Decree of Justice

elsis 「天使よりも兵士出したほうがお得な気がするのは俺だけ?(笑)」

yossy 「でも 8 マナで 4/4 飛行が 2 体出れば勝つでしょう」

elsis 「8 マナ『も』使って 4/4 飛行 2 体じゃ勝てないときも多いと思う。そりゃトップデッキ合戦なら強いけどさ」

yossy 「もちろん《カタパルト兵団/Catapult Squad》とか兵士に親和性の高いカードがあれば別だけど。ま、これも汎用性は偉大ということで。もちろん初手級」

《次元の突破口/Dimensional Breach》

elsis 「エセ《激動/Upheaval》

yossy 「ただ、戻ってくるのは相手の方が早い」

elsis 「膠着状態で、自分の方が優秀なクリーチャーを展開していたら勝てそう」

yossy 「でも白って基本的に小粒なんだよねー」

elsis 「アクローマと一緒なら……って、それは既にもう勝ってるな(笑)」

《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》

Dragon Scales

elsis 「エルシスお勧めの白コモン」

yossy 「これは強いね」

elsis 「1 ターン目に 1/1 挑発につくともう泣きそう。やっとの思いで除去っても、後で《急襲する鉤爪兵/Swooping Talon》なんかについてやっぱり死亡とか」

yossy 「なんだか《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》みたいな感じ」

elsis 「テンポ重視の赤白なんかには是非お勧めの一品。《憤怒の冠/Crown of Fury》でもいいんだけど、タフネス増えないしね」

《ドラゴンをつけ狙う者/Dragonstalker》

elsis 「以前、白の 5 マナ 3/3 飛行は思ったほど強くないという話が出回ったことがあるけど」

yossy《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》がいるからね。ただ、その数も少なくなってきている以上、その強さは見逃せない」

elsis 「プロテクション(ドラゴン)なんて無いも一緒だよね、俺は《エイヴンの解放者》を取りそう」

yossy 「それはそうだね(笑)。まあ、兵士だし安定戦力」

《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》

Eternal Dragon

yossy 「言ってるそばからドラゴン(笑)」

elsis 「白のリミテッドトップレアはこれか?能力が一人で噛み合ってる。いつ引いても強い」

yossy 「でも《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》を突破できないのはご愛嬌」

elsis 「そんなん言ったら《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》クラスでないと突破はできないんだけどね(笑)」

yossy 「レアらしい破壊力はそれほどないけど、まさにアドバンテージの塊といったところでしょうか」

《流刑の終末論者/Exiled Doomsayer》

yossy 「基本スペックが低くて使えない」

elsis 「どうでもいいね」

yossy 「ちなみに、これはフェイスアップのコストを増大させる」

elsis 「よし、ここは《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》対策に……(笑)」

yossy 「おいおい(笑)。まあごく稀に嫌な場面はありそうだけどね」

《力場の泡/Force Bubble》

elsis 「これは難しいなぁ…… 1 ターンで 3 点以下のダメージなら無効になるわけだけど」

yossy《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》だけで殴られてる場面とかも結構多いから、割と良さそうではある」

elsis 「白黒のがっちりクレリックデッキとかだと活躍できるかも」

yossy 「クリーチャーが足りなければそちらを優先した方が良いね」

《最前線の策士/Frontline Strategist》

Frontline Strategist

yossy 「ようやく現れた《濃霧/Fog》

elsis 「これで《無頓着の波/Wave of Indifference》《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》も怖くない?」

yossy 「この前《戦慄の葬送歌》で勝ったと思ったら、唯一残ってた白マナからこれがフェイスアップしてえらいことに」

elsis 「相打ちの戦闘でアドバンテージを取ることもできる。兵士デッキ限定というのはあるけど、変異コストも軽いし小粒ながらぴりりとやりおる」

《金粉の光/Gilded Light》

elsis 「ナイスサイクリング」

yossy 「ナイスサイクリングですな」

elsis《焼けつく肉体/Searing Flesh》をかわせたら気持ちいいだろうなぁ……絶対その前にサイクリングしてるだろうけど(笑)」

yossy《背教/Backslide》以上に活躍している姿が思いつかないカード(笑)」

《罪の意識/Guilty Conscience》

elsis 「除去もどきなんだけと、前に使ってみてあんまり強くなかった」

yossy 「あくまでも擬似、なんだよね」

elsis 「お尻の大きいクリーチャーは結構平気っぽいし……イマイチ感が拭えない」

yossy 「まあ《火花鍛冶/Sparksmith》は殺せるし、取っておいて損はないけど、できればサイドで」

《カローナの盲信者/Karona's Zealot》

elsis 「邪神の盲信者なのに白か(笑)」

yossy 「この前これで 0 対 2 交換を取られてひどい目にあった」

elsis 「変異コストは重いけど、それだけの価値はある?」

yossy 「あるね。ただ、動きが不自然になりやすいので、良く考えること」

《気高き院僧/Noble Templar》

Noble Templar

elsis 「派手さはないけど手堅い一枚」

yossy 「土地サイクリングはどれも強い」

elsis 「それまで取ってきたカードの内容によっては初手で取ってもいいくらい」

yossy 「兵士・クレリックだからどちらのデッキにも親和性があるしね」

elsis 「3/6 もがっちりできるし、場面によっては攻めながら守れる、いいカードだ」

yossy 「その分人気は高くなりそう。ピックは早めにすべきかもしれない」

《刃の雨/Rain of Blades》

elsis《砂嵐/Sandstorm》を思い出す。オールドユーザーには懐かしいカード」

yossy 「1 点で何が殺せるというのでしょう?」

elsis 「タフネス 1 はほとんどシステムクリーチャーだしねぇ」

yossy 「デッキには入らないね」

《療養/Recuperate》

elsis《花粉療法/Pollen Remedy》を見習って下さい(笑)」

yossy 「重すぎるよ!」

elsis 「汎用性はない、重い……ダメージ軽減系の中ではかなり弱いスペル」

yossy 「次行きましょう」

《信仰の報償/Reward the Faithful》

elsis 「クズカードが続くなぁ」

yossy 「ライフはもういいです」

《銀騎士/Silver Knight》

Silver Knight

elsis 「これはグッドカード」

yossy 「色拘束が厳しいので、デッキと相談する必要はあるけどね」

elsis 「ちょっとしたプレイングのコツなんだけど、2 マナ 2/1 とこいつがいて両方出せそうなら、テンポの面からこいつを後に出した方がいいんだよね。よく考えれば基本なんだけど、つい色拘束のキツい方から出してしまう癖がある人は要注意」

yossy 「だね。ただ、兵士じゃないのがあまりに痛い」

elsis 「転職して来い、ホント(笑)」

《罠を掘る者/Trap Digger》

yossy 「罠が並んでるところは見たことあるけど……」

elsis 「罠が爆発してるところは見たことない」

elsis 「能力の起動が重すぎて、どうでもいいところでしか設置できないんだよね。で、どうでもいいってことは仕掛けても大してうまくない」

yossy 「そして肝心なところで除去されそう」

elsis 「罠の対象になるクリーチャーも結構制限あるし、あんまり強くなさそう。せめてブロッククリーチャーにも発動して欲しかった。折角のレアなのに(笑)」

《翼の破片/Wing Shards》

Wing Shards

yossy 「良い除去だね」

elsis 「良い除去なんだ。俺は使ったことないんだけど」

yossy 「まあ最悪 1 対 1、上手くすればそれ以上というのは最低ラインをクリアしている」

elsis 「除去するクリーチャーを選べないことを差っ引いても?」

yossy 「そんなどうでもいいクリーチャーに殴られているようでは未来はないから(笑)」

elsis 「なるほど(笑)」

yossy 「こんなのがあるから、うっかり変異出してからアタックなんてできなくなったね」

《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》

Zealous Inquisitor

yossy 「ブロックできないと書いてあります」

elsis 「ナイス 3 マナ。ほぼアンブロッカブルと考えて間違いないかな?守りで使うとイマイチ強くないが、それでも俺は白のベストコモンだと思ってる」

yossy 「兵士デッキにも入ってしまうクレリック、ということでお察し下さい(笑)」

elsis《不快な助祭/Vile Deacon》とコンビを組めばクレリックデッキでもかなりの突破力を発揮できそう。事故って白マナ個しかない時にコイツ引くとキレそうになるけどね……(笑)」

yossy 「どうでもいいけど《圧倒する防衛者/Daunting Defender》と逆シナジー?」

雑感

elsis 「色々と足りなかったパーツが入って強化されたんじゃないかな?」

yossy 「ドローやカウンターといった『青らしい』カードが増えたね」

elsis 「ただ、クズカードが多いのも事実で、やっぱり許容人数は 2 人が限界。日本選手権はロチェスターだし、3 人目で青に参入するのはテロリストとして認知されるに違いないでしょう(笑)」

yossy 「3 人目でテロリスト呼ばわりは……さすがにないと思うけど」

elsis 「3 人青やったら皆死ぬと思うんだけどなぁ」

yossy 「確かに、この前は 2 人でも出が悪くて死んだからなあ……」

elsis 「ロチェだから言える事だけど、例えば《水銀のドラゴン/Quicksilver Dragon》取ったとしても、タッチで使うのか青に参入するのかというのは明確にした方がいいね」

yossy 「それはワタシノコトヲイッテイルノデスカ(笑)」

elsis 「聞こえないな?(笑)」

《アフェットのルーン術士/Aphetto Runecaster》

Aphetto Runecaster

elsis 「これは赤青相手の時に出るとかなりエグイ」

yossy 「フェイスアップ禁止令。そうでなくとも 2/3 のウィザードは十分」

elsis 「この前、こいつがいる前で 5 体くらい変異が並んでてさ……さすがに可哀相だった(笑)」

yossy 「ただ、これでバリバリアドバンテージが取れるようになるには時間がかかるから、それなりの準備は必要だね」

《思考停止/Brain Freeze》

yossy 「キニシナイ」

elsis 「構築で使って下さい(笑)」

《沿岸の見張り/Coast Watcher》

elsis 「ナイスサイドボード。青はどうしてもサイズが小さくなるし、緑のデカブツを止められるのは偉い」

yossy 「まあ小さすぎて攻勢には向かないけれど、がっちり」

elsis 「メインには入らないかな」

yossy 「ちょっとね」

《ドラゴンの日/Day of the Dragons》

Day of the Dragons

elsis 「手下がみんなドラゴンになる」

yossy 「強いことは強い。ただ、青に向いた効果ではない気がする」

elsis 「ちょっと膠着してる状態ならこれ一枚で勝てるけど、青は青同士でもないとあんまり膠着しないからなぁ」

yossy 「大抵 2 体くらいしかクリーチャーがいないんだよね」

elsis 「それでも、初手で取らないというのはあり得ないかな」

yossy 「もちろん」

《静寂の命令/Decree of Silence》

elsis 「勝ってる時にこれを張ると 100%勝つ。でも、8 マナか……」

yossy 「重すぎるね。なんかこう言ってばっかりだけど(笑)」

elsis 「スカージは重いカード多すぎ(笑)」

yossy 「サイクリングも 6 マナ。いくらドローできるとはいえ……」

elsis 「あんまり急いで取るカードじゃないな」

yossy 「落ちていたら拾っておきましょう」

elsis 「取るだけ取ってデッキに入らないというパターンか」

《分散の盾/Dispersal Shield》

Dispersal Shield

yossy 「後手 2 ターン目に相手の変異をカウンターできる」

elsis 「軽くてそれなりにカウンターできそうだけど、この環境でリアクション専門カードというのは強くないんだよね。《干渉/Meddle》があんまり使われないのがいい例か」

yossy 「先手後手によっても評価が変わりそう」

elsis 「一応モーフの 3 マナより軽いことを考えればテンポが取れるのかもしれない。今度積極的に取って使ってみようかな」

《ドラゴンの翼/Dragon Wings》

yossy 「ナイスサイクリング」

elsis 「サイクリングがついていれば人権はある、というのは某プロの言だが」

yossy 「まあ適当にサイクリングしておいて、あとで活用できれば御の字で」

elsis 「デッキにファッティがいれば期待してもバチは当たるまい」

yossy 「その際ちゃんと覚えておくかチェックすることだね。よく忘れるんで(笑)」

elsis 「あるある(笑)」

《過ぎ去りし表情/Faces of the Past》

yossy 「ナンノコトダカサッパリ」

elsis 「オモシロソウナデュエルがシタイヒトニオススメ」

《凍結/Frozen Solid》

Frozen Solid

elsis 「ついに待望の青の除去もどき」

yossy 「もどき、だけどそれでも重要。軽いしね」

elsis 「……正直、ついた時にタップしてくれないとか色々ダウトなところはあるんだけど、贅沢は言えない」

《妨害の接触/Hindering Touch》

elsis 「対戦相手がプレイした対象のスペルもストームとしてカウンターするから 4 マナからスタート」

yossy 「一応準確定カウンターではあるんだけど……」

elsis 「4 マナは重いよね」

yossy 「デッキに入るはずもなく」

《長期計画/Long-Term Plans》

elsis 「気の長い話だ(笑)」

yossy 「デッキに勝ちカードが入っているのなら……でもそれでも使わないな」

elsis《刃の翼ロリックス》クラスなら入れたい衝動に駆られないこともない」

yossy 「カードアドバンテージ失ってるのにこれだけ遅いとなあ……」

《気まぐれなトビ/Mercurial Kite》

Mercurial Kite

elsis 「4 マナ 2/2 フライング。特殊能力はオマケ程度」

yossy 「でも相手のデカブツを 2 ターンに渡って止められたりもする」

elsis 「攻めてる時には全く意味がないんだけどね。レギオンできっちり飛行が取れているのなら焦って取ることもないかな」

yossy 「あまりたくさんは入れたくないが、あっても良いカード」

《変態/Metamorphose》

elsis 「アドバンテージを失うことがほとんど。死んで下さい」

yossy 「これが除去として働く場面を見てみたい(笑)」

elsis 「出て来るのは当然もっと厄介な奴なんだよね(笑)」

《精神の願望/Mind's Desire》

elsis 「6 マナ使って 1 ドローと変わらん」

yossy 「クラシック(タイプ 1)では早くも制限されたらしいけど……リミテッドでは入らんな」

《悪戯なクェイナー/Mischievous Quanar》

Mischievous Quanar

elsis 「これは面白そう。《意志を曲げる者/Willbender》みたいに、色々と使いではありそうだ。変異コストもさほど重くはない」

yossy 「地味にサイズが上がる変異だったりする。これは青では重要」

elsis 「この前 2 枚取った人は表でしか出さなかったな……(笑)」

yossy 「まあ、表で出しても後々使えるかもしれないし(笑)」

《霧衣の戦長/Mistform Warchief》

elsis 「いわゆる一つのマナ加速?」

yossy 「青い《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf》

elsis 「本体の戦闘能力が今一つ。まあ、それでも入るんだろうけど」

yossy 「あまり積極的に入れたくはない」

《平行思考/Parallel Thoughts》

elsis 「大体土地を抜くことになりそうなんだけど」

yossy《マナ切り離し/Mana Severance》だね」

yossy 「しかし、5 マナを使ってそのターン何も起きないのはいただけない」

elsis 「コストは当社比 2.5 倍。お買い得です!!……あれ?(笑)」

《ペミンのオーラ/Pemmin's Aura》

Pemmin's Aura

elsis 「『出せば勝つ』とまで謳われた《変異種/Morphling》に誰でもなれる夢のカード……なんだけど」

yossy 「これは除去ですね」

elsis 「そんな夢のないことを言わないで(笑)」

yossy 「自分のクリーチャーにつけるには条件が厳しすぎるのよ(笑)」

elsis 「真面目に考えて、3/3 以上のクリーチャーにつけないとうまみがないし、青はそういうクリーチャーいないんだよね(笑)」

yossy 「てなわけで、相手のシステムにつけて +1/-1 しましょう」

elsis 「緑青でなら結構面白いことになるかも」

《レイヴンギルドの信徒/Raven Guild Initiate》

yossy 「スカージにおける《霧衣の壁/Mistform Wall》

elsis 「最初は《霧衣の壁》だと思って裏で出すことなんてないかなーと思ったんだけど、意外とそうでもないらしい」

yossy 「青には鳥が結構いるから、トリックとしても使えるからね。コストとして鳥が手札に戻るから、対応の機会がないことに注意」

《レイヴンギルドの師匠/Raven Guild Master》

elsis 「師匠、弱すぎます。弟子を見習って下さい(笑)」

yossy 「ナイスダミー変異」

《激浪計画の生き残り/Riptide Survivor》

yossy 「これは割と良い」

elsis 「タフネスもパワーも増えないから戦闘に関してはダミーと一緒だけど。手札 0 の時に使うとグッド」

yossy 「あまり狙うことはないけどね。手札を回転させることができるだけで十分」

《流れ込む知識/Rush of Knowledge》

Rush of Knowledge

elsis 「昔《連合戦略/Allied Strategies》というカードがあったけど、あれは 3 枚引ければ強いといわれてたな」

yossy 「それよりはずっと引けるけど、環境が違うから一概に言えない」

elsis 「5 マナ使って今の事態をどうにもできないというのはこの環境では往々にして致命的だし」

yossy 「もちろん、弱いわけもないけど、デッキに 2 枚はいらないね」

elsis 「カード引いたからって即勝ちになるわけではないのが微妙なところ」

yossy 「状況を膠着させるカードがあるか確認しましょう」

《軽蔑する利己主義者/Scornful Egotist》

elsis 「こいつ面白すぎ(笑)」

yossy 「↑と組み合わせて 8 枚引く。これ基本」

elsis 「8 点与えてこんがり、も基本」

yossy 「腐ってもダミー変異でウィザード。まあ、悪くはない」

elsis 「そういうカードが複数あって、クリーチャーの数がちょっと足りない、というのであれば入れて狙うのも悪くない」

《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger》

Shoreline Ranger

elsis 「これは強い!!見た時はちょっと目を疑った」

yossy 「自分的青のベストコモン」

elsis 「土地サイクリングシリーズでは黒と双壁を争う。個人的にはこっちの方が強い」

yossy 「2 枚でも 3 枚でも、何枚でも欲しいね。ホントはサイクリングしたくない」

elsis 「3/3 以上の飛行というのは今までの青に足りなかったパーツだしね」

yossy 「タッチでも入れて良いでしょう。逆にカットされても恨まないこと」

《もみ消し/Stifle》

elsis 「青のレアってどうしてこう構築向けばっかりなんでしょう?」

yossy 「面白い、面白いんだけど……さすがにリミテッドだと状況が限定されすぎるね」

《時間の亀裂/Temporal Fissure》

elsis 「最初見た時、『おお、これは強そうだ』と思いました……ホンマすいません(笑)」

yossy 「これのどこが強いのさ(笑)」

elsis 「ソーサリーかよ!って(笑)」

yossy 「青緑という組み合わせで使っても、ほとんどストームできなかった」

《雷雲の精霊/Thundercloud Elemental》

yossy 「7 マナも使って、3/4 じゃねえ……」

elsis 「サイズが足りないし、特殊能力も制圧力が高いというわけでもない。中途半端」

yossy 「飛行戦力を地上で止められるようにはなるけど…そもそも地上のサイズが大きいはずもないし」

elsis 「フレーバーテキストに『外に出ない方が賢明という時もある』ってあるけど、こいつはデッキの中にいない方がいいクリーチャーだ(笑)」

yossy 「確かに(笑)」

(後編へ続く)


感想・ご意見はツッコミフォームまたは elsis@ma.nasicnet.com まで。皆さんの感想が執筆者の血となり肉となります。是非よろしくお願いします。

Tags: Strategy
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(17) [ツッコミを入れる]
_ 007 2003/06/13 20:08

>選手権の権利を持っているのだけどなかなかドラフトの練習ができないという方に読んでいただければ幸いです。 <br><br>ドラフトは経験がものを言うと思います。<br>いくら点数表が頭に入っていても勝てないと思います。<br>またロチェですよね?選手権。

_ elsis 2003/06/13 21:27

日本選手権はロチェスタードラフトですね。<br>この記事は絶対的な点数表を提示するために書いたものではありません。ドラフトにおけるカードの評価というものは人によって違うものであり、唯一正しい点数表、というものは存在しないと思っています。(今までに出たカードや、ドラフトしたカードによってデッキに必要なものは変わってくるでしょう)<br>ドラフトでは経験がものを言うのは007さんの仰る通りですが、その際陥りがちな失敗として、同じ人間だけで練習を重ねてしまうとカードの価値観が一様化してしまい、いざ外に出てドラフトの大会(この場合は日本選手権です)に参加した場合に他の参加者と価値観が折り合わずにドラフトが混乱する恐れがあります。あまり経験を積めなかった人ほどその傾向は顕著でしょう。<br>これを防ぐためには自分とは違うカードの価値観を持つ人間と意見の交換・擦り合わせをする必要があり、この記事は『近くに意見を擦り合わせる人がいない』方に対して「私たちはとりあえずこんな風に考えています」と意見を提示するための記事となっております。<br>各カード評価に関しましては既に私達の間でも評価が変わっているものもありますし、上記の理由と併せまして「このカードがこんな強いわけがないだろ」「どうしてこんなに強いカード評価してないの?」といった各カードに関する価値観の差異については明らかに間違っていたというものを除いてお答えできませんので、その点については予めご了承願います。<br>では、失礼致します。

_ 007 2003/06/13 22:01

早速。《流れ込む知識/Rush of Knowledge》ですがやはり<br>ENDカードだと思います。平均3枚は引ける上に、その後の<br>アドバンテージがかなり違うと思います。二枚目があったなら<br>ピックしてもいいと思うのですが・・・

_ 2003/06/13 23:44

参考になりました<br>sideboard japanの記事でもリミテッドの白が取り上げられていましたが、やはりトッププレイヤーともなるとカードの評価もかなり偏りが少ないとものだ実感しました。

_ yossy 2003/06/13 23:56

皆様お久しぶりです。日本選手権を控えているなどいろいろ事情もあり、こちらに記事を投稿する事ができずにいますが、こうして友人の企画に乗る形で誌面への登場をすることができました。<br>さて、007さんへのレスですが、私のコメントへのツッコミということで私が回答させていただきます。<br>《流れ込む知識/Rush of Knowledge》で3~5枚(あるいはそれ以上)引けば、確かに勝つことができるでしょう。ただし、「生きていれば」です。この「生きていれば」が曲者で、何の考えもなしに投入していたのではいくらカードを引いても場を打開できないことも青では多くあると思います(実際、そういう場面は何度か体験しました)。また初手にあってあまり嬉しいカードではないのも事実です。そういう理由で、割引を考えたいというのが発言の趣旨です。<br>もちろん使い方とデッキの構成が上手くいけば強力なカードであることは間違いないので、その辺りが使用者の腕を問うカードではないでしょうか。具体的には、他の色(特に緑がらみ)にタッチで加えるなど、です。<br>その他にも疑問点があればお気軽にお寄せ下さい。参考にさせていただきます。

_ yossy 2003/06/14 00:04

…見直していて気がついた点がありました。<br>《拭い去り/Wipe Clean》抜けてるじゃん!<br>著者に代わってお詫び申しあげます(ゴメンナサイ<br>一応この場で補完を。<br>私のコメントとしては、「メインに入るまではない」かなといったところです。もちろんカードが足りていない場合はこの限りではないのですが…。<br>それもやはりサイクリングコストの重さによるところが大きいですね。2マナと3マナでは大きくテンポに与える影響が異なります。<br>ですが、実際エンチャントの影響力が高まっているのも事実なので、サイドに持っておいて損のないカードではあると思います。

_ 007 2003/06/14 00:17

返答有難う御座います。<br>最近ある理由で毎日のようにドラフトをしているのですが、<br>最近思うのは『エンチャント破壊』はメインでもOKです。<br>確かにサイドでもいいのですが、私はメインで使っています。<br>ここら辺は考え方のと違いでしょう。

_ elsis 2003/06/14 00:26

、、、、、、、全然気付いてなかった(^^;)>《拭い去り/Wipe Clean(SCG)》が抜けている<br>私からもこの場でお詫びいたします。<br>コメントについては吉川氏と同様です。3マナというものはこの環境では変異を出すためのマナであり、デッキの隙間を埋めるにはテンポが悪いので《稲妻の裂け目/Lightning Rift(ONS)》でもない限りメインには入れたくないカードでしょう。勿論サイドボードとしては優秀なカードですから、卓の状況によっては抑えるべきカードではあります。《流れ込む知識/Rush of Knowledge(SCG)》につきましても吉川氏が回答をされていますのでここでは割愛します。<br>では、失礼致します。

_ 名無し 2003/06/14 14:33

>何の考えもなしに投入していたのではいくらカードを引いても場を打開できないことも青では多くあると思います(実際、そういう場面は何度か体験しました)。<br>「青」という1色のみの観点で考えてるようですが,ちょっと視野が狭いと思います。<br><br>事実,カードドローなどの効果はそれ以外のパーツが強いからこそ効果がより引き立つわけですが,それを差し引いてもこのカードの強さはスカージのコモン中1,2を争う強さだと思います。

_ elsis 2003/06/14 18:42

《流れ込む知識/Rush of Knowledge(SCG)》の「カードパワー」が名無しさんの仰る通りスカージコモンでも屈指であることは疑いようもありません。しかし、40枚のデックとしてみると《流れ込む知識/Rush of Knowledge(SCG)》が複数枚あることは青がらみのデッキ(青が入るデッキというものは、多くの場合において本質的な性質はにたものになることが多いです)にとってリスクの高い構成となると思っております。<br>ドラフトでは常にデックの完成形を目指して構築することが望ましいです。その点において、知識の点数そのものは間違いなく最高クラスでありながらも、状況によっては《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger(SCG)》や《凍結/Frozen Solid(SCG)》を優先しなければならない瞬間もありうる、ということです。

_ Hojo 2003/06/14 20:34

記事のタイミングが微妙やね。SBJとモロカブッテルヨ。<br>(ソレトモネラッテルンダロウカ?)<br>ペミンのオーラは、ハッキリ言ってGOD。<br>流れ込む知識やけど、青赤以外やったら2枚あっても良いと思うけど。青=青赤と思ってるから、2枚とも人より弱めに思うんでは?<br>て言うか、知識タッチでも入るし。

_ 10man 2003/06/14 20:47

どうも初めまして。<br>早速ですが、自分の意見を。<br>確かに状況によっては《凍結/Frozen Solid(SCG)》等を優先する場合もあるかもしれませんが、《流れ込む知識/Rush of Knowledge(SCG)》がデックの中に「複数枚」あるのは悪いことではないと思います。<br><br>複数枚あるということは、それだけこのカードを引くことが出来る可能性が増えるということです。<br>確かに、《流れ込む知識/Rush of Knowledge(SCG)》は「複数回」撃ってもあまり強いスペルではないと思います。<br>1回撃てば十分だと思います。<br>しかし、やはりこのカードのパワーは大変なものですから、「引くために」複数枚あってもよいと思うのです。<br><br>また、「生きていれば」ということですが、やはり複数枚あれば「生きているうちに」このスペルを撃つことが可能になってくるわけで。<br><br>以上の理由で、僕は「複数枚」このカードがデックに入っていたほうがよいと思います。<br><br>あと、色によってこのカードの評価が違ってくる、というのはまさにその通りだと思います。<br>青緑とかだと、こいつは鬼だと思います。

_ yossy 2003/06/14 23:23

>Hojo氏<br>ネラッテハイマセンヨ(笑)。<br>もちろん、この企画を立てた時点で、件のSBJの記事と内容が似たり寄ったりになることは危惧してはいました。しかし、これも一つの勉強になると考え、企画に賛同することにしました。<br>彼らとは経験も違いますし、考え方も違うので、比較はしないでいただきたいと思います(笑)。<br>青=青赤とは考えてはいませんが、やはりその考えが染み付いてしまっているのは否めないかもしれません。この辺り、もっと理解を深めていかなければと思います。<br>《流れ込む知識/Rush of Knowledge》ですが、様々なご意見参考になりました。私の考えは既に上に述べたとおりですので、あとは個々の価値観の違いかと思います。<br><br>>10man氏<br>少し意見が伝わっていなかったようなので補足を致します。<br>私の「生きていれば」の文意は、「5マナを払って場を動かさなくても、状況が不利にならないならば」に近いものです。つまりはテンポ的なもので、これを撃ったが為に後手後手に回らされるようではいけない、と思うのです。<br>そのためにはより低いマナ圏で場を安定させる必要(具体的には5枚の土地と数枚のクリーチャー(特に変異を止められるもの)が必要)があり、そう言う意味で2枚は入らないかな、と考えます。

_ DEED 2003/06/17 12:18

「彼らとは経験も違いますし、考え方も違うので、比較はしないでいただきたいと思います」といわれても、読む側からすると、「似たような記事」でしかない。それに、この「セットのカードを複数人数の漫才形式で考察する」記事フォーマット自体が、優れているとも思えない。なるほど単独で考察した場合の弊害からはある程度逃れることができるかもしれないが、その程度のメリットでしかなく、空気などに流されて「何か」を見落とす危険があるというデメリットもあるスタイルでもある。その点を意識している記事だとは思えない。

_ yossy 2003/06/17 18:02

>DEED氏<br>ご意見ありがとうございます。<br>この形式には批判的とのことですが、「シーズン序盤の、各カードの評価が定まっていない時期での印象」を語る際には、この形式は有用であると私は考えます。確かに細かい不備はあるとは思いますが(現に評価が変わってきているカードもあります)、こうして印象を提示することで議論の火付け役となれるのであれば、良いと思っています。また、もしより良い記事の形式を提案していただけるのであれば、こちらとしても非常に参考になります。<br>また「似たような記事」でしかないとのご指摘ですが、カードの評価は(大まかには同じでも)個人によって異なるものです。その違いを見ていただくというのも、一つのあり方ではないかと思います。もちろん、「似たような記事」を2度も読みたくないということであれば、取捨選択していただけば良いと思います。

_ elsis@二日酔いかも 2003/06/17 18:56

>DEEDさん<br>企画立案者より補足です。<br>私と吉川氏はいわゆる身内ですから、対談の時点ではお互いに気付かないこともありました。(吉川氏も述べていますように評価がこの記事とは変わったカードも一部あります)<br><br>それでも対談形式を取りましたのは、スカージの全カード143枚を短い期間で検討し、言葉にまとめるという作業が一人では難しいと感じたからです。この点は私の力量不足です。<br><br>そもそもこの記事は上で述べました通り完璧な点数付け・評価を明示したものではなく、まず日本選手権のロチェスタードラフトにおける意見の交換・擦り合わせの一助となることを目的として執筆しました。その点においてこの記事にはまず速報性が求めらていたということをご理解下さい。m(_ _)m<br><br><br>また、もう一つ対談という形にしたのは、単に私が「前々からこういったことをやってみたかった」からであります。SBJの二番煎じという批評は甘んじて受け止め、これからよりよい記事を書くための礎としたいと思っております。<br>それでは、失礼します。

_ 匿名 2003/06/19 22:46

まあ、批判だけのツッコミのがよほど無駄だと思うわけですが。<br><br>私なんかはこういう記事で自分と評価が違う場合、<br>「このカードの強さに気付いてないなんてバカメー」とにやにや見てます。<br>なんにせよ、定期的に投稿されているのはありがたいですよね。<br>記事がなくなっちゃうのが一番つまらないので。<br><br>これからも楽しみにしております。


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.