Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



LMC79thレポート

2003/07/29 19:33更新

LMC79thレポート

初めまして。白魔術師ともうします。今回運が良かったことに LMC79th で初優勝をさせていただきましたので折角ですからレポートを提出させていただきます。あまり参考にならないかも知れませんが(苦笑)

レポート本編

7/20 (日)、三連休中日に千葉の LMC79th に参加してきました。当日は参加人数 29 人のスイスドロー 5 回戦、上位 8 名による決勝トーナメントとなりました。

デザイアフリーズ

0 Creatures 4 手練/Sleight of Hand 4 繁茂/Wild Growth 4 不屈の自然/Rampant Growth 3 早摘み/Early Harvest 4 狡猾な願い/Cunning Wish 4 集中/Concentrate 3 綿密な分析/Deep Analysis 2 爆発的植生/Explosive Vegetation 2 回収/Reclaim 2 未来予知/Future Sight 2 精神の願望/Mind's Desire 2 濃霧/Fog 3 一瞬の平和/Moment's Peace
39 Spells 11 島/Island 10 森/Forest
21 Land 60 Total Cards
 1  思考停止/Brain Freeze
 1  一瞬の平和/Moment's Peace
 1  クローサ流再利用/Krosan Reclamation
 1  蒸気の連鎖/Chain of Vapor
 1  洞察のひらめき/Flash of Insight
 1  早摘み/Early Harvest
 2  対抗呪文/Counterspell
 2  枯渇/Mana Short
 2  ザンティッドの大群/Xantid Swarm
 3  貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth

15 Sideboard Cards

Brain Freeze

デッキコンセプトは 1 ターンの間に相手のライブラリ枚数を 3 で割った数の呪文を使い《思考停止/Brain Freeze》でライブラリアウトをはかる、というものです。スカージからの新ルールのストームを最大限に利用することを前提としてみました。

デッキの動きとしては 1 ないし 2 ターン目に《繁茂/Wild Growth》《不屈の自然/Rampant Growth》で 3 ターン目に 4 マナ圏の呪文につなげて展開していくという形になります。全てがかみ合いますと 5 ターンキルを狙うことができます。

このデッキはコンボデッキであるためにカウンターの多いデッキに対しての耐性は全くありません。まず勝てません。クリーチャーによるビートダウンを狙ってくるデッキを相手にし、それらにすべて勝つことを前提としています。もっとも《濃霧/Fog》系のカードで身を守るために《鋭い痛み/Flaring Pain》にはかなり悩まされることになりますが、まず確定で 1 本目は取りますので残りの 2 本でどちらかが回ればいいくらいに考えてデッキを回すことに努めていました。

1回戦目 白青赤コントロール

トリコロールでいいのかも知れません。白青のコントロールに《ドラゴン変化/Form of the Dragon》が入っていたもの。

1本目 ○

相手に《ドラゴン変化》を貼られるものの相手のデッキのカウンターの少なさからこちらのデッキを回していく。《精神の願望/Mind's Desire》をストーム 8 でうったところで相手が投了。

サイドアウト
2《濃霧》
3《一瞬の平和/Moment's Peace》
サイドイン
2《対抗呪文/Counterspell》
1《枯渇/Mana Short》
2《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
2本目 ×

序盤、相手に《銀騎士/Silver Knight》が出る。1 体の攻撃力ではそれほどあわてるものではないが火力が加わると話が変わりまして。結局、まだ状況の整っていない段階で強行スタート。《精神の願望》ストーム 3 ではやはり無意味。期待値としては 5 はないと駄目だと分かっていたのですが……。

3本目 ×

序盤から《火山の鎚/Volcanic Hammer》《銀騎士》に攻められますが今度はマナの展開がうまく進む。相手のマナを見てカウンターが 1 枚しか飛ばないと見て取ったところで仕掛けましたが《精神の願望》ストーム 7 を《狡猾な願い/Cunning Wish》から《もみ消し/Stifle》でストームを消されて沈む。その後 2 ターンは耐えましたがそれだけ。負け。

2回戦目 青緑マッドネス

タッチ黒で《ゾンビの横行/Zombie Infestation》《強迫/Duress》が入っていたデッキ。

1本目 ○

相手の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》から《尊大なワーム/Arrogant Wurm》が立て続けに 2 体出てきましたが全て《濃霧》系で防ぎきる。そうやって稼ぎ出した時間を使ってマナを増やし最終的にはストーム 20 で《思考停止》《綿密な分析/Deep Analysis》を相手に打って終了。

2本目 ×

相手の 2 ターン目《ゾンビの横行》。3 ターン目からは《尊大なワーム》やゾンビトークンがこちらの呪文を《堂々巡り/Circular Logic》しながら出てくる。さすがに無理。

3本目 ○

相手の展開が悪く《野生の雑種犬》のみ。その間にマナを増やしてストーム 19 で《思考停止》《綿密な分析》で締め。

3回戦目 白緑ビートダウン

デッキチェックでスリーブの痛みを指摘される。デッキの動きが激しい分損耗がはげしいなあと思いつつ。

1本目 ○

こういっては何なんですが火力やカウンターのないビートダウンは最も相性がいいです。まず負けません。《濃霧》系のカードが打ち止めになるまで耐えてマナを揃えストーム 12 で《思考停止》《綿密な分析》で締め。

2本目 ○

《野生の雑種犬》《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》に攻撃を受けるがすぐに《濃霧》系で耐える。時間を稼いでマナを揃えてストーム 19 で《思考停止》《綿密な分析》で締め。

4回戦目 白単ウィニー

《ハルマゲドン/Armageddon》が無くなってもそれなりに強い白単ウィニー。私も好きなデッキですが相性は良いです。やはり火力やカウンターはないですし(苦笑)

1本目 ○

Devoted Caretaker

相手 2 ターン目に《真実の信仰者/True Believer》。それだけならばまだしも後続として 2 体目、さらに《献身的な世話人/Devoted Caretaker》まで出てきて内心頭を抱えていました。ドローが弱かったので《狡猾な願い》 1 枚目で《洞察のひらめき/Flash of Insight》を持ってきていたのですが相手の場をきれいにするためには《狡猾な願い》から《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》を持ってきて《献身的な世話人》を何とかどかさないといけないという状態になってしまいました。しかも《献身的な世話人》も途中で 2 体に増えたためこちらとしては《未来予知/Future Sight》《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》による無限循環モードまですすめなくてはならなくなりそのためにも《狡猾な願い》《一瞬の平和》を持ってくるために簡単に打てなくなってしまいました。そのためドローカードで《濃霧》系を引けなければ最終的には負けになると言う怖さを味わいながらプレイ。しかしそれまでのコンボの回り方が相手には見えていたのか《精神の願望》ストーム 5 でうち、めくれたカードを確認したところで相手の方が投了。まだまだ辛いと思っていたところでしたので幸運でした。

2本目 ○

1 本目の反省から《狡猾な願い》にはなるべく頼らないようなプレイを心がける。そのためか素で《濃霧》系をしっかり?引き当て攻撃に耐え、マナを増やし《未来予知》もはり準備を整える。今回もまた場には 2 体の《真実の信仰者》が出ていましたが最初から分かっていたのであわてず《蒸気の連鎖》を使い回すため無限循環モードまですすめ《クローサ流再利用》《回収/Reclaim》《早摘み/Early Harvest》で下地を作りそれから《蒸気の連鎖》でしっかり戻してストーム 23 で《思考停止》。さらに《綿密な分析》で締め。

5回戦目 ID

ポイント的には微妙なところでしたが上位と当たっていたので ID を選択して 1 点得る。 判断は正しく7位通過。

決勝トーナメント

準々決勝 ウェイク

定廣氏。実は当日の朝、スパーをしていたのでお互いの手の内は完全にばれている状態でした。 しかもそのときは完全に私が負けていたものですから相性が悪いとばかり思っておりましたが……。

1本目 ○

相手が《新たな信仰/Renewed Faith》サイクリングや《綿密な分析》を打って場を展開しようとしていましたがそれよりも早くマナを整えコンボにはいる。一度は止めてしまうが改めて回し直しストーム 21 の《思考停止》《綿密な分析》で締める。

サイドアウト
2《濃霧》
3《一瞬の平和》
サイドイン
2《対抗呪文》
1《枯渇》
2《ザンティッドの大群》
2本目 ○

相手が《新たな信仰》をサイクリングして手札を循環させている間にマナを揃え手札を増やす。そしてコンボに入りストーム 18 の《思考停止》《綿密な分析》で締める。

デュエルが終わったあとにデッキを再確認。ウェイクは思っていた以上にカウンターが少ないためこちらの動きに対応しきれない、対応しようとしてもどこかしらから引き離すことが可能だと理解する。

準決勝 ウェイク

鈴木氏。

1本目 ○

詳細は MAGIC DAILY NEWS の方を参照していただければ幸いです。

序盤順調な立ち上がりから《集中/Concentrate》へつなぎ《未来予知》。そして《早摘み》からストーム 5 で《精神の願望》。これで相手が投了。

サイドアウト
2《濃霧》
3《一瞬の平和》
サイドイン
2《対抗呪文》
1《枯渇》
2《ザンティッドの大群》
2本目 ○

マリガンスタートするものの《不屈の自然》でマナを揃えてドローをすすめ基本的な回し方へ持っていく。そしてマナを増やしてストーム 5 で《精神の願望》。これで相手が投了。

決勝 ウェイク

藤平氏。

1本目 ○

こちらも詳細は MAGIC DAILY NEWS の方を参照していただければ幸いです。

序盤順調な立ち上がりからマナを増やし相手が特に動けないうちに呪文を重ねストーム 5の 《精神の願望》。本体はカウンターされたものの警戒していた青マナが相手には出なくなっていたのでおそれるものがなくなりそのまま回しきる。

サイドアウト
2《濃霧》
3《一瞬の平和》
サイドイン
2《対抗呪文》
1《枯渇》
2《ザンティッドの大群》
2本目 ×

相手 3 ターン目に《獣群の呼び声/Call of the Herd》から象トークンが出てきたのを見て内心舌打ち。これまでの経験からこちらが《枯渇》を打つことはほぼ無いと分かってしたため《一瞬の平和》がないのが心細く感じる。それを補うがごとくマナの展開をすすめるが途中《一瞬の平和》《記憶の欠落/Memory Lapse》でうち消されてしまったためにあとが無くなったことを知る。手札には《早摘み》《精神の願望》《繁茂》《一瞬の平和》しかなくドローカードがなかったためこの時点での展開は辛いと思っていたところでした。しかし前のターンに《一瞬の平和》をカウンターしてきたことから考えると相手が手札にカウンターを持っている可能性が捨てきれず仕方なくストーム 3 で《精神の願望》《早摘み》は再び引けていたもののドローカードはなく止まる。その後、相手の手札にカウンターがあったのかどうかは分かりませんが 2 回の《一瞬の平和》が通ったことから考えればあと 2 ターン待ってからでもよかったのかも知れません。割り切り方が足りなかったかと思いました。

サイドアウト
1《対抗呪文》
1《枯渇》
サイドイン
2《一瞬の平和》
3本目 ○

Future Sight

元々の相性がいいのだから《一瞬の平和》を元に戻す。負けるとすれば序盤の速攻が怖いため。そして前向きな姿勢が良かったのかこの日最高の手札が。きれいに展開しきって 3 ターン目に《未来予知》。その上 4 ターン目に《爆発的植生/Explosive Vegetation》とはいったために万全の態勢を作り上げる。相手も本来ならばそれほど悪くはないと思われる 4 ターン目《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》でしたが今回は完全にこちらが上回っていました。5 ターン目に仕掛けてそのまま勝ち。

総括

LMC 初優勝をさせていただきました。当日はスイスラウンドで最初に負けたせいなのか私にとっては相性のよいデッキとばかり当たることができたため勝ち残ることができました。また決勝も思っていた以上にこちらとウェイクとの相性がよかったために勝つことができました。実際のところ、もしステロやゴブリンと当たっていれば《鋭い痛み》が相手にあれば負けますし、サイカに当たれば根本的に戦えないでしょうから。

運が良かった、と言うところだと思います。

ではあまりうまくまとめ切れておりませんが以上でレポートを終了させていただきます。

長々と失礼いたしました。

Tags: Report
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(13) [ツッコミを入れる]
_ G 2003/07/21 19:05

Mind's Desire2枚という点に驚かされました。確かに、そういう捉え方もアリですね。その分に入れられた(と思われる)Reclaimもこのタイプには相性良さそうで、できればReclaimの活躍っぷりをもう少し知りたかったです。<br>

_ 白魔術師 2003/07/21 19:53

レスありがとうございます。<br>Mind's Desire2枚は調整した結果その枚数に落ち着きました。<br>デッキを回しはじめてから手札にきてくれればいいため序盤は全くの無用の長物と化すことが多かったからです。そしてこの枚数にするとまずMind's Desireがつながることはありませんが基本的に最低ストーム5で6枚補充する形を取れば動きは充分でした。<br>ReclaimはFuture Sightとの相性がよく大活躍していました。<br>その中で一番使われたのはFuture Sightがある状態でEarly Harvestを打ったあとReclaimで戻しまたEarly Harvestを打ってマナを確保することでしょうか。ドロースペルは何とかなりますがマナを確保するのはこれだけですから何より最優先していました。

_ 2003/07/21 20:10

余計なことかもしれませんが、《火山の鎚/Volcanic Hammer》は入ってません。<br>あ、あとストームは8でしたか。自分の所のレポ書き直さないと。(かなりうろ覚えで書いちゃった・・・)

_ 白魔術師 2003/07/21 20:41

すみません。<br>メモを読み違えていました。<br>確かに《火山の鎚/Volcanic Hammer(7E)》はありませんでしたね。

_ 浸透者 2003/07/22 01:55

未来予知は必須ではないとの意見もありますが、<br>精神の願望を削ってまで入れるべきとお感じになられますか?

_ 白魔術師 2003/07/22 06:06

未来予知は入れるべきだと思いました。<br>実際の所、必須では無いと言うご意見のとおり未来予知はなくてもデッキは動きます。デッキが動き始めれば精神の願望の方が必要と言うのも分かるのですが、より安定することとデッキの選択肢を増やすことを求めると未来予知をいれるべきと思いました。

_ おなか一杯 2003/07/22 10:19

既存(といえるほどのタイプは出てきていませんが)のデッキと比較し、精神の願望がそのまま濃霧に変った感触でしょうか。一瞬の平和3枚では足りないとのご判断でしょうが、それでしたら物静かな思索の方が汎用性という面で勝っているのでは、という第一感を覚えます。<br><br>また、通常5ターン~7ターンで決まることが多いと思いますが、精神の願望が2枚になったこのデッキでは何ターン程度で決まることが多いのですか?

_ 白魔術師 2003/07/22 22:15

ビートダウン系のデッキに対して1本目を必ずとれるようにしようとしますと一瞬の平和3枚だけでは足りないと判断しました。それで濃霧を入れたのですが、濃霧は今回は当たっておりませんがステロやゴブリンと言った速いデッキと当たった時に隙を作らなくて済むという側面も考慮しておりました。<br><br>汎用性という面では物静かな思索が優れているというのは確かにその通りだと思います。ですがその反面、墓地対策は取られやすいように思えました。コンボデッキである以上苦手なものは確実にありますのでそこに弱点をあえて作る要素を入れたくないと考えておりました。<br>ですがまあ、あくまでも個人的な見解でしたからその点は改めて検討してみたいと思います。<br><br>このデッキの決まるターン数ですが、やはり多いのは6~7ターンと言ったところでしょうか。動きがかみあえば5ターンもあり得ますが大体は6~7ターンで決まっていたはずです。

_ みやけん 2003/07/22 23:18

フィーチャーレポートを書いた人から。<br>一番早いときで、5。<br>あとはだいたい6~7でした。<br><br>5で焦って回し損ねたというのも一回見受けました。<br>回さないと死にそうという状況だったりしたわけですが。<br><br>このデッキ、けっこうエグいっすよねー。<br>早い早い。

_ 浸透者 2003/07/23 00:58

回答ありがとうございます。<br>安定する、はいいとして、デッキの選択肢をふやすとは具体的にどういうことでしょうか?<br><br>一般的なレシピと比べると回収くらいしか特徴的なパーツはありませんが、そのことでしょうか?<br>(もちろん、ドロー・土地サーチ・コンボパーツ・願い・Fog系というカードの役目の分類において、です。)

_ おなか一杯 2003/07/23 12:01

僭越ながら、記事主に代わり。<br><br>選択肢とは具体的に一度に行動できる、つまり手札によるものであることが見受けられます。そこで未来予知、そしてリシャッフルソースが多いこのデッキでは行動できる幅が非常に広がるといえるでしょうか。あくまでシナジー的に働くカードが回収のみではありますが、そうでなくとも充分に強いです。<br><br>ついでに回した側(つまり私)から言えば未来予知が張ってあればストーム3~5の『なんちゃって』な状態でも結構、早摘みがめくれたりしてチェインが進む場合が多いです。<br><br>最後になりましたが回答有難うございます。<br>ついでではありますが、カイブッティはプレイングの問題で、『繁茂は3ターン目に4マナスペルをキャストしたいなんて時以外は、1ターン目にプレイするべきではない。これは実質フリースペルだからだ。』と、ある記事に書いていました。それについて結果を具体的に残した側(記事主)から意見はありますか?

_ 白魔術師 2003/07/23 22:29

選択肢の件への解説ありがとうございます。<br>先述していただいたとおり行動できる幅を広げる上で未来予知は必要だと感じて入れておりました。<br><br>幅を広げると言うことが一番大きい目的でありますので具体例を上げるとなりますとそれほどあげれませんが意識していたこととしては、精神の願望との相性がいいこと、サイドからクローサ流再利用を持ってくれば無限循環を作ることもできること等でしょうか。<br><br>繁茂についてですがこれはカイブッティの記事の通りだと思います。3ターン目に4~5マナのスペルをキャストするために1~2ターン目にプレイする意味はありますがそれ以降は手札に抱えておくべきです。コンボが動く時、仕掛けるタイミングになってから使っていけば無駄なマナの消耗が無い状態でストームの数を簡単に増やせましたので効果的でした。

_ 浸透者 2003/07/29 19:33

お礼が遅くなってすみません。<br><br>選択肢が増える、というのは使えるカードが増える<br>=カードアドバンテージが取れるってことだったんですね。<br>未来予知の本来の機能そのままってことでしたか。<br><br>ありがとうございました。


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.