Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



8版のパーミッション

2003/09/17 20:45更新

8版のパーミッション

Written by Hatori!

Counterspell

こんにちは、Hatori! です。少し前に、友人との間で話題にのぼったネタです。

8 版には《対抗呪文/Counterspell》がないというのが、致命的に見えるかもしれません。そのことについて、少し掘り下げた形でデッキを紹介いたします。

それでは、数分間の間ですがお付き合いください。

動機

やはり「《対抗呪文》がない!」というのがはじまりで、次の環境にも生きうる可能性を持つ形を組み立ててしまおうというのが目的でした。

そのほかにも、ダメージランドがタップランドになった関係などの調査の意味もあります。コンセプトは《ズアーの運命支配/Zur's Weirding》《未来予知/Future Sight》というものでした。

とりあえず、ズアーロックの雛型をご紹介します。

 3  賛美されし天使/Exalted Angel

3 Creatures 4 マナ漏出/Mana Leak 3 巻き直し/Rewind 3 まごつき/Discombobulate 3 集中/Concentrate 3 綿密な分析/Deep Analysis 3 未来予知/Future Sight 4 神の怒り/Wrath of God 4 霊気の噴出/AEther Burst 3 ズアーの運命支配/Zur's Weirding 3 病みあがりの介護/Convalescent Care
33 Spells 10 島/Island 6 平地/Plains 4 沿岸の塔/Coastal Tower 4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
24 Land 60 Total Cards

0 Sideboard Cards

雛型の問題点

数回、空回ししたところタップランドは多少スタートを遅らせてしまいます。痛くても《真鍮の都/City of Brass》数枚と入れ替えたほうがよさそうでした。

見てもらったまんまですが、動きも多少重めです。ドローカードと打ち消しカードの重さからだと思い、2 枚しか引けなくて重い(フラッシュバックまであり優秀ですが……)《綿密な分析/Deep Analysis》と、たいして役に立たなかった《まごつき/Discombobulate》を入れ替えました。 さすがに、これでは勝てる気がしなかったのでゲームはしませんでした。

そのほか重そうなカードを多少入れ替えて、でき上がった形がこれです。

 3  賛美されし天使/Exalted Angel

3 Creatures 4 マナ漏出/Mana Leak 3 巻き直し/Rewind 3 堂々巡り/Circular Logic 3 集中/Concentrate 2 強制/Compulsion 1 未来予知/Future Sight 4 神の怒り/Wrath of God 4 霊気の噴出/AEther Burst 3 ズアーの運命支配/Zur's Weirding 3 病みあがりの介護/Convalescent Care 3 狡猾な願い/Cunning Wish
33 Spells 10 島/Island 6 平地/Plains 2 沿岸の塔/Coastal Tower 3 真鍮の都/City of Brass 3 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
24 Land 60 Total Cards
 3  送り火/Funeral Pyre
 1  巻き直し/Rewind
 1  懲罰/Chastise
 1  天啓の光/Ray of Revelation
 3  マリット・レイジの怒り/Wrath of Marit Lage
 3  物語の円/Story Circle
 1  未来予知/Future Sight
 1  病みあがりの介護/Convalescent Care
 1  ズアーの運命支配/Zur's Weirding

15 Sideboard Cards

空回しの結果、一応「重い」という悩みは多少改善されましたが《未来予知》を 1 枚に減らしましたが、出なければ大方勝てない気もします。

とりあえず、テストプレイの一部をご紹介します。

VS ステロイド

1st

Zur's Weirding

序盤は火力で押されるも、残りライフ 4 で 5 ターン目まで生き延び《神の怒り/Wrath of God》をキャスト。その後《ズアーの運命支配》を張り、手札を公開。

相手が手札にある《病みあがりの介護/Convalescent Care》を見て投了。

2nd

3 ターン目に《物語の円/Story Circle》で「赤」を選択。相手は火力、そして《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《野生の雑種犬》が強すぎです。

VS Wake

1st

《ズアーの運命支配》のおかげでお互いのライフが 1 になる始末。

相手の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》《天啓の光/Ray of Revelation》表と裏で割り、こちらの《病みあがりの介護》《ズアーの運命支配》を割られる。

互いの引き勝負の結果《狡猾な願い/Cunning Wish》を引き当てキャスト。こういう状況を想定してサイドボードにある《送り火/Funeral Pyre》を持ってきた時点で投了。

2nd

相手のキャストしたミラーリが場に出てしまう。何をしても、すべて対応されてしまい《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリング。兵士 5 体に蹴散らされました。

3rd

相手のスタートが多少遅く、なおかつ土地が事故してる様子。《綿密な分析》をフルマナタップでキャストしてくれたおかげで、何も考えずに《ズアーの運命支配》をキャスト。よく見ると、相手には青マナしか出ない状態。白マナの出る土地を妨げていたら、相手が投了。

VS 青緑

1st

《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《野生の雑種犬》《尊大なワーム/Arrogant Wurm》。 ワームは打ち消せたものの《神の怒り》《堂々巡り/Circular Logic》。勝てるはずもなく。

2nd

《物静かな思索/Quiet Speculation》を打ち消し、《ズアーの運命支配》をキャスト。 相手の手札には打ち消しがない。その後、《賛美されし天使/Exalted Angel》を出して殴りきりました。

3rd

《物静かな思索》が打ち消すことが出来なかった。相手の墓地に《天啓の光》が二枚も落ちて、《物静かな思索》をキャスト。 二回目は打ち消すことが出来たが、《病みあがりの介護》《ズアーの運命支配》をおとりにして《未来予知》をごり押しで通すことに成功。

向こうには、まだ《野生の雑種犬》がいる。ライフは 12 ある状態。そして、相手のハンドはない。一番上には《ズアーの運命支配》

しかし、相手が《激動/Upheaval》を引き当ててしまい投了。

テストプレイの結果より、感想

勝てなくはない、ということがわかりました。ステロイド相手のときなど《物語の円》は起動している余裕がないことが発覚。 その他、負けパターンとしてはライブラリーアウトが数回ありました。《病みあがりの介護》のおかげで死ぬことはないですが、たまにある 2 ドローの積み重なりでしょう。そこは、オンスロートの「《言葉》シリーズ」で解決です。

打ち消し呪文は、序盤から後半まで幅広く使えます。いい《強制/Compulsion》の餌にもなってますが……。

完全にロックが決まったときは、本当にやらしいと思います。皆さんも吟味してみてください。

ほかの候補カード

これらのデッキの影のキーパーツや、その他の候補カードを紹介します。

白いカード

《聖なる日/Holy Day》
1 ターンしのげれば十分です。不十分なときもありますが……。
《病みあがりの介護》
《ズアーの運命支配》のロックを(山札がなくならない限り)永遠のものにしてくれます。
《物語の円》
防御円全色分の対応力があります。弱いはずないでしょう。
《正義の命令》《動員令/Mobilization》
ブロッカーが欲しいときにどうぞ。アタッカーが欲しいときにもどうぞ(こっちの用途のほうが広い)。

青いカード

《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 マナパーマネント除去。自分のが帰ってしまうこともあるので《送還/Unsummon》《ブーメラン/Boomerang》のほうが良いでしょう。
《未来予知》
私、実はこのカードが一番強いと思っています。《ズアーの運命支配》とセットでどうぞ。
《長期計画/Long-Term Plans》
意図的なドローを見せ付けてくれます。意外にもいけそうです。
《交易路/Trade Routes》
いらないフェッチランドなどを適度に入れ替えてくれます。意外にも役に立ちそうです。
《紛糾/Complicate》
使うもよし、サイクリングするもよし。器も活躍の舞台も狭いです。
《もみ消し/Stifle》
メイン投入の時代かもしれません。メインデッキに複数枚投入しても問題なさそうです。
《気流の言葉/Words of Wind》
ライブラリーアウト防止の候補カード。相手の手札がわかってるんですし、中々悪用できそうです。

それ以外のカード

《難問の秘儀具/Vexing Arcanix》
めくって手札に加えましょう。これを使うときも使われるときも、今一番欲しいカードを言いましょう。2 点は痛いですが……。
《罠の橋/Ensnaring Bridge》
手札がなければつっこまれません。手札がないパーミッションも怖くありません。が、過去の《テフェリーの濠/Teferi's Moat》の変わりの役割をしてくれます。

終わりに

《対抗呪文》がなくても、パーミッションの未来は確実にあるようです。がっかりしてる人も、カードを手にとって色々試してみてはどうでしょうか?

テストプレイなどがほとんどされてないので、不備な面は多いです。 この記事の感想や意見、新環境でのパーミッションのアドバイスなど、よろしくお願いします。

短い時間でしたが、お付き合いどうもありがとうございました。

Tags: Casual
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(13) [ツッコミを入れる]
_ Hatori! 2003/08/13 02:07

見直し不足です。すいません。<br><br>>《未来予知》 を 1 枚に減らしたことで出なければ大方勝てない気もします。 <br><br>《未来予知》を1枚に減らしましたが、出なければ大方勝てない気もします。<br><br>見苦しい文章ですいません。

_ eru 2003/08/13 10:03

ズアーのお供は崇拝の言葉じゃないの?

_ G 2003/08/13 13:11

崇拝の言葉のほうがいいでしょうね。<br>さて、世界大会でJohn Sonneが青白コントロールを持ち込み5-1-0という成績を残しているわけですが、彼のデッキを見ると、マナカーブがかなり低く設定できている、という点に目が行きます。そして、かなりのスペースを対クリーチャーに割いており、Wake等に対してはサイドで賄っている、という構成す。その他言うべきことはあるのでしょうが、まずはこれを踏まて。<br>土地をもっと増やしましょう。過去の青白と違って優秀な低マナドローがないため、連続して置いていけないと苦しくなります。John Sonneでさえ25枚入れています。私は26枚は必要と考えました。また、邪神の神殿を数枚入れるのも試す価値があるでしょう。中盤忙しくなるデッキですからね。翼の破片と1マナバウンズも採用したいところです。逆に、狡猾な願いは打つ暇が惜しいというか、そんな汎用性に頼っている暇があるのか、というか、です。キーカードの枚数も調整するべきでしょう。サイドについては、John Sonne案の石臼・思考停止が最高ですね。<br>その他色々ありますが、さわりだけ、ということで。

_ Hatori! 2003/08/13 15:09

>eruさん<br>崇拝の言葉ですが、気付きもしませんでした。<br>そうすれば、ほぼロックがかかりますね。試してみます。<br><br>>Qさん<br>ここには書いていませんが、土地事故も結構多かったです。<br>枚数はQさんのおっしゃるとおり26枚にすることで、安定しております。John氏のデッキをただいま見ましたが、クリーチャー対策がすばらしいですね。低マナで動くように仕上がっていて、なかなか綺麗な印象を受けました。少なからず参考にしようと思います。<br><br>その他、意見/感想/アドバイスなどございましたら、よろしくおねがいします。

_ しらたか 2003/08/13 22:57

記事拝見させていただきました。<br>純粋なパーミッションというよりはズアーロックに<br>寄っていますね~ これはこれで面白そうです。<br>Hatori!さんもおっしゃってるように、メインから<br>もみ消し投入してもかなり面白いと思います。<br>フェッチランドセット>即起動をもみ消されると<br>速攻系はかなり辛いです...。<br>ゴブリンデッキが今後増えそうな予感なので、<br>一考の価値は十分ありそうです。いらなかったら<br>強制で捨ててしまえばいいのですし。<br>ズアーロックにこだわらず、いろいろ試してみるのも<br>いいかもしれません。

_ 旅人 2003/08/14 13:31

終始楽しく(時に小さな感嘆と共に)記事を見させて頂きました。<br>しらたか さんも仰っている通り《もみ消し/Stifle》のメイン<br>投入も自分的には有りだと思います。<br>記事中のvs Wake三戦目のように相手の色マナを拘束するのにも<br>十分に役立ってくれるのではないかと思います。<br>(フェッチランドをもみ消しで打ち消す)<br>それと《崇拝の言葉/Words of Worship》と《罠の橋/Ensnaring Bridge》の<br>2枚の投入も検討してみては如何でしょうか?<br>崇拝の言葉の存在で罠の橋の効果も随分と生きてくると思います。<br>相手の色マナを拘束し、片方の色マナのみで戦力を展開させて<br>《物語の円/Story Circle》や 罠の橋 に繋げていく……<br>中々に面白い試みだと思います。<br>またエンチャント破壊として、《天啓の光/Ray of Revelation》と《啓蒙/Demystify》を差し替えてみたりと<br>まだまだ発展の余地がある分野だと考えます。<br><br>コレからのHatori!さんの記事、ご活躍を楽しみにしつつ<br>筆(キーボード)を置かせて頂きます。頑張ってください。

_ Hatori! 2003/08/14 20:05

>しらたかさん<br>フェッチランドをもみ消してしまうのは、かなり悪な感じです。思いもつきませんでした。<br>ある意味、1ターン目の強迫よりタチ悪そうです。<br><br>>旅人さん<br>色々な戦術的アドバイス、どうもありがとうございます。<br>私も発展の余地は十分にあると思っていますので、いろいろ試行錯誤してみます。<br><br>その他、意見/感想/アドバイスなどございましたら、よろしくおねがいします。

_ WAO 2003/08/14 21:34

《偏頭痛/Megrim》との組み合わせは、いかがでしょう?

_ おなか一杯 2003/08/14 23:23

どこで手札を捨てるんでしょうな

_ Hatori! 2003/08/16 01:28

>WAOさん<br>偏頭痛をどのように組み合わせるのでしょうか?<br>おなか一杯さんがおっしゃる用に「手札を捨てる」要素がみあたらないのですが・・・。

_ 深紅 2003/08/16 02:37

8thでは《ズアーの運命支配/Zur's Weirding》のテキストが変更されているんですね。<br>以前はディスカード扱いだったものが、今はライブラリから直接墓地へ落ちる効果になっている……と。<br><br>それはさておき、ズアーロックには惹かれるものがありますね。<br>ボード・ハンド・ライフの大半でアドバンテージを取った上で置かなければ勝てない「ダメ押し用カード」のきらいはありますが、それだけに「置いた瞬間即投了」的な効果も発揮しうるわけで。<br>個人的には白青だけでなく、青黒の除去+ハンデスにライフ獲得要素を捻じ込んだズアーロックも試してみようと思っています。

_ Hatori! 2003/08/18 20:21

なるほど、過去のテキストはそうだたのですが。<br><br>深紅さんの考えるような青黒のズアーロックも十分ありだと思います。《ズアーの運命支配/Zur's Weirding》を上手に利用したデッキ作成をお互いがんばりましょう。<br><br>その他、意見/感想/アドバイスなどございましたら、よろしくおねがいします。

_ ジェット 2003/09/17 20:45

ツッコミ!僕はプレインズオォーカーのいたずらと未来予知入れてます。(未来予知拾った)(^^”)


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.