Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



GP横浜レポート

2003/10/06 22:22更新

GP横浜レポート

Written by 藤平太朗

8 月 22 日~ 24 日にパシフィコ横浜で行われた GP 横浜に参加してきました。

僕にとっては初めての GP だったので。妙な期待と不安から、眠りについたのは 22 日の 4 時頃でした。

デッキは白赤スライドを選択しました。

デッキ

Slide - Fujihira Taro / Grand Prix Yokohama
 4  銀騎士/Silver Knight
 4  賛美されし天使/Exalted Angel
 4  永遠のドラゴン/Eternal Dragon
 2  怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath

14 Creatures 4 稲妻の裂け目/Lightning Rift 2 霊体の地滑り/Astral Slide 4 翼の破片/Wing Shards 4 星の嵐/Starstorm 4 アクローマの復讐/Akroma's Vengeance 1 滅殺の命令/Decree of Annihilation
19 Spells 8 山/Mountain 9 平地/Plains 4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave 4 隔離されたステップ/Secluded Steppe 2 邪神の寺院/Temple of the False God
27 Land 60 Total Cards
 3  拭い去り/Wipe Clean
 3  窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon
 1  滅殺の命令/Decree of Annihilation
 4  炭化/Carbonize
 4  ショック/Shock

15 Sideboard Cards

前日の調整会ではゾンビ召集に対する勝率が 3 割以下、さらに楽勝と思っていたゴブリンに意外と勝てず。 《賛美されし天使/Exalted Angel》《炭化/Carbonize》《ショック/Shock》を 4 枚ずつに増やしました。

ゾンビに対して《賛美されし天使》を 3 ターン目に変異で出し、4 ターン目に表になれるかなれないかで勝率がだいぶ変わってきます。 早いゴブリンには軽い火力で序盤をしのげば勝てると判断しました。

一日目

1 Round

Bye

2 Round 赤単ゴブリン

《銀騎士/Silver Knight》が必ず 2 ターン目に出て相手の勢いを止めるのに成功。

2-0

3 Round 白黒コントロール

一本目は《稲妻の裂け目/Lightning Rift》《賛美されし天使》で勝てたものの、二、三本目は《頭脳いじり/Head Games》を 5 ターン目にうたれてそのまま引きたいものが引けず。

2-1

4 Round 赤黒変異?

クリーチャーが《生命を破滅させるもの/Bane of the Living》《沈黙の死霊/Silent Specter》のみなのか、それしか見ない。

《翼の破片/Wing Shards》《星の嵐/Starstorm》で除去。《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》でフィニッシュ。

3-1

5 Round BadForm (赤単コントロール)

二本目からの土地破壊がどうにもできず。

3-2

6 Round 青黒ゾンビ

一本目、《滅殺の命令/Decree of Annihilation》で全てをリムーブ。引き勝負へ。

《平地/Plains》《山/Mountain》《山》《賛美されし天使》《平地》とドロー。 神が味方をしてくれたような素晴らしい引きで逆転勝利!!

4-2

7 Round 白赤コントロール

《霊体の地滑り/Astral Slide》の力で相手の除去を無力化して勝利。

5-2

8 Round 白赤コントロール

Kilnmouth Dragon

1-1 で迎えた三本目。

僕の場には《霊体の地滑り》とこのターンリムーブした《窯口のドラゴン/Kilnmouth Dragon》。 ハンドには《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》× 2 《隔離されたステップ/Secluded Steppe》× 1。 相手の場には、《永遠のドラゴン》 2 体のみ。 動かないところをみるとハンドは《翼の破片》だろうか。

そしてターン終了時、僕は不安だったのでジャッジに 「《霊体の地滑り》で場に戻った《窯口のドラゴン》は増幅できますか?」 と質問した。答えは「できません。Comes into play です」だった。

3 ターンが経過し僕のハンドは《炭化》が増えただけ。相手は 3 ターンなにもしてこなかった。 次のターンのドローは《翼の破片》。そしてターンを終了しようとすると、《正義の命令/Decree of Justice》から兵士が 12 体。ライフは 7 だったので、そのまま負け。

5-3

その後友人やギャラリーが、「《窯口のドラゴン》の増幅はできたよね。」と口をそろえて言う。 僕は、まさかと思い他のジャッジに聞いてみると、なんと「その場合の増幅はできます」と答えた。僕はその瞬間、激しい怒りと後悔で頭がいっぱいになった。 気づけなかった自分が悪いのだ。と言い聞かしても。その夜は怒りが抑えられませんでした。

一日目通過 5-3 199 位

二日目

9 Round 対戦者不在

6-3

10 Round 白青

一本目は勝てましたが、二本目からはカウンターで重要なスペルがとおらず。 最後は時間切れで引き分け。

後 1 ターンあったら負けていたので、内心ほっとしていました。

6-3-1

11 Round 青白コントロール

今度はメインからカウンターの嵐。相手の隙をみて場に送り出した《霊体の地滑り》《賛美されし天使》が勝負を決めてくれました。

7-3-1

12、13 Round ともに赤単ゴブリン

両方とも一本目をとられて、きつい展開になりましたが。 サイドボードインした《ショック》《翼の破片》のコンビが僕を勝利へと導いてくれました。

相手の《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》に助けられもしましたが……。

9-3-1

14round 白赤コントロール

とうとう身内の人とあたってしまいました。 あきらかに僕より強い人なので、「負けるかも」と緊張していました。 そんな時「そんなに硬くなるなよ」と言われて、いつもの感じに近づけたような気がしました。

デッキの差は《霊体の地滑り》だけ。しかしこの差が勝負の決め手になりました。

10-3-1

最後に「勝てよ」と言われ、うれしかったのですが。プレッシャーでもありました。

15 Round 白単コントロール

相手の《永遠のドラゴン》《ドラゴンの鱗/Dragon Scales》がついてからは、防戦一方でした。 《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》で場をリセットすると、そのエンドに《正義の命令》から大量の兵士が場に現れ、僕のライフを一気に 0 にしました。

10-4-1

16 Round 白単コントロール

最後の相手も白単コントロール。しかも外人さんです。 緊張せず、がんばろうと思ったのですが。引いても引いてもくるのは全て土地。さすがに勝負になりませんでした。

10-5-1

最終順位は 66 位でした。

悔しかったです。いままで一番くやしかったです。 自分の勉強不足とはわかってはいるのですが。 8round でのジャッジを許せません。 あの時ヘッドジャッジを呼んでいたら。あの時ジャッジに聞かず《窯口のドラゴン》を増幅させていたら。もっと僕がルールを勉強していれば。もっと僕が練習してこの問題に気づいていたら……。

僕はこの GP 横浜でいろいろ勉強しました。 そしてその分強くなれたと思います。

次の GP は静岡なので千葉に住んでいる僕にとっては少し遠いのですが。 フォーマットがわかり次第練習をして。いい結果が出せるようがんばりたいと思います。

Tags: Report
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(11) [ツッコミを入れる]
_ valu 2003/08/30 15:05

自信がなかったのなら、<br>・増幅します。よろしいですか?<br>・増幅します(2枚のドラゴンを見せる)<br>というように相手に伺ってみればよかったのではないでしょうか?<br>「本当に」増幅できないならば相手が何か言うでしょうし、できないといわれて不服なら、そこでジャッジを呼ぶという手段があったと思います。<br>……ジャッジ運も悪かったとは思いますが<br><br>GP静岡は、ミラディンを使ったリミテッドのはずです。(まだイベントスケジュールには載っていませんが)<br>リミテッドということで普段使われない様なカードが使われることになりますので、参加されるときはご注意ください。

_ 藤平 2003/08/30 15:15

GPの情報ありがとうございます。<br>友人にも散々いわれましたが、もっと冷静に場を見て行動すれば、結果は変えられたと思います。<br>残念な結果でしたが、失敗しておいてよかったかもしれません。次からは冷静になれ!との警告だったのでしょう。<br>valuさんありがとうございました。

_ 青愛好家 2003/08/30 18:02

というかそのジャッジひどいな……<br>ともかく次のGP

_ 青愛好家 2003/08/30 18:04

すいません、操作ミスで中途半端なところで……<br>ともかく次のGPもがんばってください。

_ 藤平 2003/08/30 18:41

青愛好家さんありがとうございます。<br>GP静岡がんばってきます!!<br>ところで青愛好家というからには青のデッキばかり使っているのでしようか?<br>僕も青が大好きです!!三年間くらいスタンダードでは青が入ったデッキを使い続けています!(^^)

_ 名無し 2003/09/03 22:27

>増幅の件<br> ・知らずにGPに出た事<br> ・ジャッジの答えを鵜呑みにして、上告しなかった事<br>負けて当然でしょう。<br>負けた主原因は貴方に有ります。この記事だけを読むと、<br>いかにも”ジャッジが嘘を教えたから負けた”と受け取<br>ってしまいますが、真の敗因は”貴方の知識不足”です。

_ KOZY 2003/09/03 23:56

ジャッジが嘘を教えて良いわけないじゃないですか。<br>ジャッジがプレイヤーの知識不足を補うのは当たり前です。

_ さとしん 2003/09/04 03:52

>名無しさん<br><br>このていどの裁定を「ジャッジが」「プレミアイベントで」間違えたのは藤平氏の認識不足よりも深刻な問題だと思います。<br><br>裁定が正確なら藤平氏が勝っていたかどうかはわからない(記事を見る限り有利にはなっていたのかな?)ので敗因については知りませんが。<br><br>それよりもこんなことが起きないように藤平氏もそのジャッジも精進すべき。二人にとって今回の件は教訓となったことと思います。

_ 通りすがり 2003/09/04 19:33

藤平氏は知識不足、ジャッジは論外<br><br>苦言を言えばGPクラスの大会に出るなら<br>自分のデッキに入っているカードの能力ぐらいは<br>調べておくべき、ジャッジはピンキリなので結構ミスもある

_ ベホマン 2003/09/06 05:15

まぁ結局のところ両者に悪いところがあったわけで<br>一概にどちらが悪いと言えないのではないでしょうか。<br><br>ただ「負けて当然」とか「ジャッジのプレミアイベントでのミスは深刻問題」<br>とかはちょっとひどいような気もします。<br><br>この記事を読んで<br>藤平氏が「ジャッジが許せない」と書いてありますが<br>かといって自分にも不備があったことも認めていますから<br>”ジャッジが嘘を教えたから負けた”<br>というのは名無しさんの早計では。<br><br>あとジャッジだって人間ですし間違いだってあります。<br>全てのジャッジが完璧ではないんで^^;<br>その辺がジャッジ運とかいわれるものですね。<br>でもそれは自分がルール等をきっちり勉強していれば防げることなんで<br>藤平氏頑張ってください。

_ 暇人 2003/10/06 22:22

「できません。Comes into play です」<br><br>Comes into play=場に出る なので、藤平さんはこの時点で気付くべきでしたね。<br><br>(てかこのジャッジさすがにおかしいだろ・・・・・)


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.