Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



15段階評価で送るミラディンドラフト得点表-アーティファクト・土地編

2004/06/27 11:41更新

15段階評価で送るミラディンドラフト得点表-アーティファクト・土地編

(編注)本記事は、15 段階評価で送るミラディンドラフト得点表-白青編15 段階評価で送るミラディンドラフト得点表-黒赤緑編の続編です。まだ前の記事をお読みになっていない方は、そちらから先にお読みください。

アーティファクト

この環境の特徴と言えるアーティファクト。しかし、色が無いように見えてちゃんと色があるのが特徴。一応それぞれに色はあるものの、3/1 の黒の模造品や、3/3 の白のゴーレムなど、スペックだけ見て強力なカードも多々あります。また、アーティファクトが多いせいで色主張が難しいのもこの環境の特徴のひとつ。慣れないうちは上の色を読むのに苦労するかもしれません。

《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb》

1 Mana

アーティファクト

コモン

Blue Mana, 上天の呪文爆弾を生け贄に捧げる:クリーチャー 1 体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

1 Mana, 上天の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを 1 枚引く。

6点

見えてるってのが大きい。少し使い勝手のいい 2 マナのソーサリーバウンス。

《先陣のマイア/Alpha Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

2/1

9点

2 マナ域はマナマイアで十分。そんなにデッキには入らない。

《影の供犠台/Altar of Shadows》

Altar of Shadows

7 Mana

アーティファクト

レア

あなたの戦闘前メイン・フェイズの開始時に、あなたのマナ・プールに、影の供犠台の上の蓄積カウンター 1 個につきBlack Manaを加える。

7 Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とし、それを破壊する。影の供犠台の上に蓄積カウンターを 1 個置く。

2点

回り始めれば勝つカード。問題は回り始めるまで戦線を支えること。

《バンシーの刃/Banshee's Blade》

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーは、バンシーの刃に置かれている蓄積カウンター 1 個につき +1/+1 の修正を受ける。

装備しているクリーチャーが戦闘ダメージを与えるたび、蓄積カウンターを 1 個バンシーの刃の上に置く。

装備 2 Mana

4点

即効性は無いにしろ、終盤になればなるほど強力に。

《ちらつき蛾の甕/Blinkmoth Urn》

5 Mana

アーティファクト

レア

各プレイヤーの戦闘前メインフェイズの開始時に、ちらつき蛾の甕がアンタップ状態の場合、そのプレイヤーは自分のマナ・プールに、そのプレイヤーがコントロールするアーティファクト 1 つにつき1 Manaを加える。

14点

先にマナを使えるのは相手。構築でこそのカード。

《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは +2/+0 の修正を受ける。

装備 1 Mana

3点

基本装備。それでも装備の中では最強クラス。早い順手で確保するのが吉。

《鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golem》

Bosh, Iron Golem

8 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム・レジェンド

レア

トランプル

3 ManaRed Mana, アーティファクトを 1 個生け贄に捧げる:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。鉄のゴーレム、ボッシュはそれに、生け贄に捧げられたアーティファクトの点数でみたマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。

6/7

1点

戦闘で破壊することはまず不可能。通してればゲーム終了。

《ボトルのノーム/Bottle Gnomes》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ノーム

アンコモン

ボトルのノームを生け贄に捧げる:あなたは 3 点のライフを得る。

1/3

8点

ギリギリ使う部類に入るクリーチャー。そりゃ回せれば鬼。

《陰極器/Cathodion》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー

アンコモン

陰極器が場から墓地に置かれたとき、あなたのマナ・プールに3 Manaを加える。

3/3

5点

《蛇人間の戦士/Serpent Warrior》。戦線構築用の重要クリーチャー。

《虚空の杯/Chalice of the Void》

X ManaX Mana

アーティファクト

レア

虚空の杯は X 個の蓄積カウンターが置かれた状態で場に出る。

いずれかのプレイヤーが、点数で見たマナ・コストが虚空の杯の上の蓄積カウンターの数と同じ呪文をプレイするたび、それを打ち消す。

13点

相手のデッキのゴッドカードを止められないこともないが、10 マナとかは無理。

《彩色の宝球/Chromatic Sphere》

1 Mana

アーティファクト

コモン

1 Mana, Tap, 彩色の宝球を生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色 1 色のマナ 1 点を加える。カードを 1 枚引く。

10点

《屍賊/Nim》や親和のある青黒なら少し得点 UP。普通に弱いカードじゃない。

《金属モックス/Chrome Mox》

0 Mana

アーティファクト

レア

刻印 ― 金属モックスが場に出たとき、あなたは手札にあるアーティファクトでも土地でもないカードを 1 枚をゲームから取り除いてもよい。

Tap:あなたのマナ・プールに、刻印されているカードの色のうちいずれかの色 1 色のマナ 1 点を加える。

13点

アドバンテージを失ってまで使うカードじゃない。とりきりなら初手か?

《機械仕掛けのクワガタ/Clockwork Beetle》

1 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 昆虫

コモン

機械仕掛けのクワガタは、2 個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

機械仕掛けのクワガタが攻撃かブロックに参加するたび、戦闘終了時にそれの上から +1/+1 カウンターを 1 個取り除く。

0/0

13点

さすがに使わない。入れるくらいならまだ土地とか。

《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 鳥

コモン

飛行

機械仕掛けのコンドルは、3 個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

機械仕掛けのコンドルが攻撃かブロックに参加するたび、戦闘終了時にそれの上から +1/+1 カウンターを 1 個取り除く。

0/0

7点

戦線構築用基本クリーチャー。飛行が無い色だと得点 UP。

《機械仕掛けのドラゴン/Clockwork Dragon》

Clockwork Dragon

7 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ドラゴン

レア

飛行

機械仕掛けのドラゴンは、6個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

機械仕掛けのドラゴンが攻撃かブロックに参加するたび、戦闘終了時にそれの上から +1/+1 カウンターを 1 個取り除く。

3 Mana:機械仕掛けのドラゴンの上に +1/+1 カウンターを 1 個置く。

0/0

1点

デカイ飛行は強い。そして、戦闘や火力では間違えなく死なない。

《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》

5 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ビースト

アンコモン

トランプル

機械仕掛けのヴォラックは、4 個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

機械仕掛けのヴォラックが攻撃かブロックに参加するたび、戦闘終了時にそれの上から +1/+1 カウンターを 1 個取り除く。

Tap:機械仕掛けのヴォラックの上に、+1/+1 カウンターを 1 個置く。

0/0

3点

普通にスペックは優秀。戦線が固まったときに真価を発揮。

《コバルトのゴーレム/Cobalt Golem》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

コモン

1 ManaBlue Mana:コバルトのゴーレムは、ターン終了時まで飛行を得る。

2/3

6点

青の基本クリーチャー。単体でのスペックもそこそこ。

《銅のマイア/Copper Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにGreen Manaを加える。

1/1

5点

この環境の最重要生物。色が合っていなくてもとりあえずピック。

《水晶の破片/Crystal Shard》

Crystal Shard

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap または Blue Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とする。それのコントローラーが{1}を支払わないかぎり、それをオーナーの手札に戻す。

2点

自分の生物が死ななくなり、187 クリーチャーを再利用。

《選別の秤/Culling Scales》

3 Mana

アーティファクト

レア

あなたのアップキープの開始時に、場に出ているすべての土地でないパーマネントの中で、点数でみたマナ・コストが最も小さい土地でないパーマネント 1 つを対象とし、それを破壊する。(コストが最も小さいパーマネントが複数ある場合、どれか 1 つを対象とする。)

13点

構築用カード。自分に 1 マナ装備がなければ……それ以前に負けてるかな。

《減衰のマトリックス/Damping Matrix》

3 Mana

アーティファクト

レア

アーティファクトとクリーチャーの起動型能力は、マナ能力でないかぎりプレイできない。

12点

構築用カード。相手に《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》とかがいて、それを対処できないなら。

《死鉄の大槌/Dead-Iron Sledge》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーが、いずれかのクリーチャーをブロックするかブロックされるたび、そのクリーチャーと装備しているクリーチャーを破壊する。

装備 2 Mana

7点

相打ちブロッカー製造機。後ろ向きではあるものの、弱いわけじゃない。

《ドラゴンの血/Dragon Blood》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とし、それの上に +1/+1 カウンターを 1 個置く。

4点

テンポを崩すカードではるものの、明らかに強いカード。

《ドロスの蠍/Dross Scorpion》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

コモン

ドロスの蠍か他のアーティファクト・クリーチャーが場からいずれかの墓地に置かれるたび、アーティファクト 1 つを対象とする。あなたはそれをアンタップしてもよい。

3/1

11点

コンボの匂いがするカード。でもスペック低すぎ。デッキには入れない。

《映し身人形/Duplicant》

Duplicant

6 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 多相の戦士

レア

刻印 ― 映し身人形が場に出たとき、トークンでないクリーチャー 1 体を対象とする。あなたはそれをゲームから取り除いてもよい。

クリーチャー・カードが映し身人形に刻印されているかぎり、映し身人形は刻印されているカードのパワーとタフネスとクリーチャー・タイプを持つ。それは多相の戦士でもある。

2/4

2点 相手のクリーチャー 1 体を除去して 4/4 サイズが出てくる。弱いわけがない。

《薄暮に働くもの/Duskworker》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

アンコモン

薄暮に働くものがブロックされた状態になるたび、それを再生する。

3 Mana:薄暮に働くものはターン終了時まで +1/+0 の修正を受ける。

2/2

4点

「どうせ死なない」でアタックに行き、適当にブロックしてもらい巨大化打ったり。

《エルフの模造品/Elf Replica》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― エルフ

コモン

1 ManaGreen Mana, エルフの模造品を生け贄に捧げる:エンチャント 1 つを対象とし、それを破壊する。

2/2

8点

主力を取った後で、生物不足回避用に取るカード。

《浄火の板金鎧/Empyrial Plate》

Empyrial Plate

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

レア

装備しているクリーチャーは、あなたの手札のカード 1 枚につき +1/+1 の修正を受ける。

装備 2 Mana

2点

+3 もつけば十分。装備コストも軽め。

《超次元レンズ/Extraplanar Lens》

3 Mana

アーティファクト

レア

刻印 ― 超次元レンズが場に出たとき、あなたがコントロールする土地 1 つを対象とする。あなたはそれをゲームから取り除いてもよい。

刻印されているカードと同じ名前の土地がマナを引き出す目的でタップされるたび、それのコントローラーのマナ・プールに、その土地から引き出されたタイプの好きなマナ 1 点 を加える。

14点

構築用カード。マナブーストにはなるけれど、さすがに使わない。

《遠見の仮面/Farsight Mask》

5 Mana

アーティファクト

アンコモン

対戦相手がコントロールする発生源があなたにダメージを与えるたび、遠見の仮面がアンタップ状態の場合、カードを 1 枚引いてもよい。

3点

重い痛い強い。《黄金化/Aurification》のようなもの。

《炎叫びの杖/Fireshrieker》

3 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備されたクリーチャーは二段攻撃を得る。

装備 2 Mana

3点

パワー 2 倍、というか先制攻撃のところが強い。《スリス》との相性がいいらしい。

《金属ガエル/Frogmite》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

コモン

親和(アーティファクト)

2/2

9点

3 マナ 2/2 の基本生物。生物不足回避用に後半取るくらい。

《電位式キー/Galvanic Key》

2 Mana

アーティファクト

コモン

あなたは電位式キーを、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。.

3 Mana, Tap:アーティファクト 1 つを対象とし、それをアンタップする。

10点

奇襲性はあまり無い。起こすにしてもゴーレム。そしてゴーレムはマナ食い虫。

《上天への門/Gate to the AEther》

6 Mana

アーティファクト

レア

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを公開する。それがアーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地カードの場合、そのプレイヤーはそれを場に出してもよい。

15点

楽しい試合をしたい人向け。勝ちたいなら使わないことをオススメ。

《金粉の水蓮/Gilded Lotus》

5 Mana

アーティファクト

レア

Tap:あなたのマナ・プールに、好きな色 1 色のマナ 3 点を加える。

10点

重いマナブースト。高マナ域のカードが多いなら入れるかも。

《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》

Goblin Charbelcher

4 Mana

アーティファクト

レア

3 Mana, Tap:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。あなたのライブラリーを一番上から、土地カードが公開されるまで公開する。ゴブリンの放火砲はそれに、これにより公開された土地でないカードの枚数に等しい点数のダメージを与える。これにより公開された土地が山である場合、ゴブリンの放火砲は代わりにその 2 倍のダメージを与える。公開したカードを、あなたのライブラリーの一番下に好きな順番で置く。

2点

重いティムのようなイメージ。期待値は 2 点くらいで。

《ゴブリンの飛行艇/Goblin Dirigible》

6 Mana

アーティファクト・クリーチャー

アンコモン

飛行

ゴブリンの飛行艇は、あなたのアンタップステップにアンタップしない。

あなたのアップキープの開始時に、あなたは4 Manaを支払ってもよい。そうした場合、ゴブリンの飛行艇をアンタップする。

4/4

3点

普通に強いカード。アンタップのマナ支払いで困ることは稀。

《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴブリン

コモン

3 ManaRed Mana, ゴブリンの模造品を生け贄に捧げる:アーティファクト 1 つを対象とし、それを破壊する。

2/2

4点

4 マナが若干重く感じることはあれど、普通に強いクリーチャー。

《ゴブリンの戦闘車/Goblin War Wagon》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

コモン

ゴブリン戦闘車は、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。

あなたのアップキープの開始時に、あなたは2 Manaを支払ってもよい。そうした場合、ゴブリンの戦闘車をアンタップする。

3/3

6点

主力クリーチャー。ブロッカーとして優秀。

《金のマイア/Gold Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにWhite Manaを加える。

1/1

5点

マナマイアは 5 点。出来る限り集めておきたい。

《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーは、つけられている装備品 1 つにつき +1/+0 の修正を受ける。

装備 2 Mana

10点

1 枚のクリーチャーに何枚もの装備がつくことは稀。どうしても装備が無いなら。

《花崗岩の破片/Granite Shard》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap または Red Mana, Tap:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。花崗岩の破片はそれに 1 点のダメージを与える。

3点

赤くなくても普通に入れるカード。本体にも入るのがえらい。

《光網の観察者/Grid Monitor》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

レア

あなたはクリーチャー呪文をプレイできない。

4/6

6点

デメリットが若干怖いものの、スペックは非常に優秀

《心材の破片/Heartwood Shard》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap または Green Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とする。それはターン終了時までトランプルを得る。

13点

緑だけ弱いシリーズ。まず使うことは無い。

《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

コモン

1 ManaRed Mana:ヘマタイトのゴーレムは、ターン終了時まで +2/+0 の修正を受ける。

1/4

4点

ゴーレムの中では最強。タフネス 4 でこの効果が止められない。

《氷の干渉器/Icy Manipulator》

Icy Manipulator

4 Mana

アーティファクト

アンコモン

1 Mana, Tap:アーティファクト 1 つかクリーチャー 1 体か土地 1 つを対象とし、それをタップする。

2点

弱い理由が見当たらない。コメントをつけるのすら難しい。

《鉄のマイア/Iron Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにRed Manaを加える。

1/1

5点

《マイア》 3 枚土地 17 枚が基本。3 ~ 4 枚はとりたい。

《等時の王笏/Isochron Scepter》

Isochron Scepter

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

刻印 ― 等時の王笏が場に出たとき、あなたの手札にある点数でみたマナ・コストが 2以 下のインスタント・カード 1 枚をゲームから取り除いてもよい。

2 Mana, Tap:あなたは刻印されたインスタント・カードをコピーし、そのコピーをマナ・コストを支払わずにプレイしてもよい。

2点

《稲妻の裂け目/Lightning Rift》のようなもの。早い順手で取って集めよう。

《凶運の首輪/Jinxed Choker》

3 Mana

アーティファクト

レア

あなたのターンの終了時に、対戦相手 1 人を対象とする。そのプレイヤーは凶運の首輪のコントロールを得て、それの上に蓄積カウンターを 1 個置く。

あなたのアップキープの開始時に、凶運の首輪はあなたに、その上に置かれている蓄積カウンターの数に等しい点数のダメージを与える。

3 Mana:凶運の首輪の上の蓄積カウンターを 1 個取り除くか、 凶運の首輪の上に蓄積カウンターを 1 個置く。

11点

さすがに使わない。戦線がしっかり構築できるデッキならまだ。

《クラークの親指/Krark's Thumb》

2 Mana

伝説のアーティファクト

レア

あなたがコイン投げをする場合、代わりに 2 枚のコインを投げて 1 枚を無視する。

14点

ネタカード。赤の 9 ドローがあっても入れない。

《鉛のマイア/Leaden Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにBlack Manaを加える。

1/1

5点

コメントつけるのが面倒になってきた。マイアは 5 点。終了。

《レオニンの刃罠/Leonin Bladetrap》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

あなたはレオニンの刃罠を、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。

2 Mana, レオニンの刃罠を生け贄に捧げる:レオニンの刃罠は、すべての飛行を持たない攻撃クリーチャーに、それぞれ 2 点のダメージを与える。

4点

少なくとも 1 対 1。うまく使えんば最大 1 対 3 くらいは狙える。

《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは +1/+1 の修正を受ける。

装備 1 Mana

4点

基本中の基本。早い段階でピックするのが吉。

《レオニンの陽準器/Leonin Sun Standard》

Leonin Sun Standard

2 Mana

アーティファクト

レア

1 ManaWhite Mana:あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで +1/+1 の修正を受ける。

1点

出せばゲームが終わるカード。弱い理由は無し。

《地ならし屋/Leveler》

5 Mana

アーティファクト・クリーチャ

レア

地ならし屋が場に出たとき、あなたのライブラリーをゲームから取り除く。

10/10

15点

回避手段は無し。有効活用手段は無し。出せば負けます。終了。

《嘘つきの振り子/Liar's Pendulum》

1 Mana

アーティファクト

レア

2 Mana, Tap:対戦相手を 1 人対象とする。カード名を 1 つ指定する。そのプレイヤーは、あなたの手札にその名前のカードがあるか無いかを宣言する。あなたは手札を公開してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの宣言が間違っていたなら、あなたはカードを 1 枚引く。

9点

1 枚は引ける。以降ブラフ手段として。

《活生の呪文爆弾/Lifespark Spellbomb》

1 Mana

アーティファクト

コモン

Green Mana, 活生の呪文爆弾を生け贄に捧げる:土地 1 つを対象とする。ターン終了時まで、それは 3/3 のクリーチャーであるとともに土地でもある。

1 Mana, 活生の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを 1 枚引く。

9点

出されるとうざい。「強い」ではなく「うざい」

《稲妻のコイル/Lightning Coils》

Lightning Coils

3 Mana

アーティファクト

レア

あなたがコントロールするトークンでないクリーチャーが場からいずれかの墓地に置かれるたび、稲妻のコイルの上に蓄積カウンターを 1 個置く。

あなたのアップキープの開始時に、稲妻のコイルの上に5個以上の蓄積カウンターが置かれている場合、それらをすべて取り除き、速攻を持つ赤の 3/1 のエレメンタル・クリーチャー・トークンをそれに等しい数場に出す。ターン終了時に、それらをすべてゲームから取り除く。

2点

ひとたび起動までいけば相手に大打撃を与えられる。さすがに強い。

《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーは、速攻を持つとともに呪文や能力の対象にならない。

装備 0 Mana

3点

サイドボードの記事参照。これは強い。

《磁石マイア/Lodestone Myr》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

レア

トランプル

あなたがコントロールするアンタップ状態のアーティファクト 1 個をタップする:磁石マイアはターン終了時まで +1/+1 の修正を受ける。

2/2

3点

装備がタップできる。マナマイアやアーティフィカルランドも。

《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》

Loxodon Warhammer

3 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーは +3/+0 の修正を受けるとともに、トランプルと「このクリーチャーがダメージを与えるたび、あなたはその点数に等しい点数のライフを得る。」の能力を持つ。

装備 3 Mana

1点

つけて殴ればゲーム終了。最強クラスの装備カード。

《マラカイトのゴーレム/Malachite Golem》

6 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

コモン

1 ManaGreen Mana:マラカイトのゴーレムは、ターン終了時までトランプルを得る。

5/3

8点

緑だけ弱いシリーズ。一応デッキに入る部類ではある。

《記憶の仮面/Mask of Memory》

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーがいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを 2 枚引いてもよい。そうした場合、あなたの手札からカードを 1 枚捨てる。

装備 1 Mana

3点

なにより装備コストが軽いのがいい。かなりの枚数引ける。

《催眠の宝珠/Mesmeric Orb》

2 Mana

アーティファクト

レア

いずれかのパーマネントがアンタップ状態になるたび、そのパーマネントのコントローラーは、自分のライブラリーの一番上のカードをそのプレイヤーの墓地に置く。

15点

構築用カード。怖くて使えない。

《精神の眼/Mind's Eye》

Mind's Eye

5 Mana

アーティファクト

レア

いずれかの対戦相手がカードを 1 枚引くたび、あなたは1 Manaを支払ってもよい。そうした場合、あなたはカードを 1 枚引く。

1点

これだけ引けばゲームも終わります。

《精神隷属器/Mindslaver》

伝説のアーティファクト

レア

4 Mana, Tap, 精神隷属器を生け贄に捧げる:プレイヤー 1 人を対象とする。あなたはそのプレイヤーの次のターンのコントロールを得る。(あなたはそのプレイヤーが見ることのできるカードをすべて見て、そのプレイヤーのすべての決定を行う。そのプレイヤーはマナ・バーンでライフを失わない。)

2点

場に左右されるカードではあるけれど、起動できればだいたいゲームが終わる。

《精神嵐の冠/Mindstorm Crown》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

あなたのアップキープの開始時に、このターンの開始時にあなたの手札にカードが無かった場合、カードを 1 枚引く。カードがあった場合、精神嵐の冠はあなたに 1 点のダメージを与える。

10点

トップだけで戦うのは辛い。トリックも使いにくくなる。

《鏡のゴーレム/Mirror Golem》

Mirror Golem

6 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

アンコモン

刻印 ― 鏡のゴーレムが場に出たとき、いずれかの墓地にあるカードを 1 枚対象とする。あなたはそれをゲームから取り除いてもよい。

鏡のゴーレムは、刻印されたカードの各カード・タイプに対するプロテクションを持つ。(カード・タイプは、アーティファクト、クリーチャー、エンチャント、インスタント、ソーサリー、土地のいずれかである。)

3/4

2点

プロ(クリ)がつけば十分。プロ(茶)がつくと装備がつかないところを注意。

《哀悼者の盾/Mourner's Shield》

4 Mana

アーティファクト

アンコモン

刻印 ― 哀悼者の盾が場に出たとき、いずれかの墓地にあるカード 1 枚を対象とする。あなたはそれを取り除いてもよい。

2 Mana, Tap:このターン、あなたが選んだ刻印されているカードと共通の色を持つ発生源 1 つからのダメージをすべて軽減し、0にする。

7点

茶色は色じゃないけど普通に防御円。そういえば今は銀なのか。

《マイアの適合者/Myr Adapter》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

マイアの適合者は、それにつけられている装備品 1 つにつき +1/+1 の修正を受ける。

1/1

12点

そう何枚も装備がつかない上、2 枚つけても 3/3。貧弱。

《マイアの処罰者/Myr Enforcer》

7 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

親和(アーティファクト)

4/4

4点

アーティフィカルランド→ 1 マナ装備→マナマイアで 3 ターン目に出る。

《マイアの保育器/Myr Incubator》

6 Mana

アーティファクト

レア

6 Mana, Tap, マイアの保育器を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから好きな枚数のアーティファクト・カードを探し、それらをゲームから取り除き、その後その枚数と同じ数の 1/1 のマイア・アーティファクト・クリーチャー・トークンを場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

4点

《正義の命令/Decree of Justice》サイクリング。《マイア》や茶土地だけ消すのも。

《マイアの精神使い/Myr Mindservant》

1 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

アンコモン

2 Mana, Tap:あなたのライブラリーを切り直す。

1/1

12点

切り直したい場面は少ない。積み込みとかしちゃダメです。

《マイアの試作品/Myr Prototype》

5 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

アンコモン

あなたのアップキープの開始時に、マイアの試作品の上に +1/+1 カウンターを 1 個置く。

マイアの試作品は、それの上に置かれている +1/+1 カウンター 1 個につき1 Manaを支払わないかぎり、攻撃やブロックに参加できない。(このコストは攻撃やブロックの宣言時に支払う。)

2/2

7点

2 ~ 3 個乗ると強い。5 ~ 6 個乗ると殴れない。

《マイアの回収者/Myr Retriever》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

アンコモン

マイアの回収者が場からいずれかの墓地に置かれるたび、あなたの墓地の他のアーティファクト・カードを 1 枚対象とし、それをあなたの手札に戻す。

1/1

6点

《ワイアウッドの伝令/Wirewood Herald》に近い。ナイスブロッカー。

《屍気の呪文爆弾/Necrogen Spellbomb》

1 Mana

アーティファクト

コモン

Black Mana, 屍気の呪文爆弾を生け贄に捧げる:プレイヤー 1 人を対象とする。そのプレイヤーは、手札からカードを 1 枚捨てる。

1 Mana, 屍気の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを 1 枚引く。

8点

置かれると「手札を 1 枚にできなくなる」カード。腐ってもドロー。

《針虫/Needlebug》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 昆虫

アンコモン

プロテクション(アーティファクト)

あなたは針虫を、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。

2/2

7点

装備がつかないものの、ブロッカーとしては優秀。奇襲性もあっていい。

《ニューロックの滑空翼/Neurok Hoversail》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは飛行を持つ。

装備 2 Mana

7点

実はあまり強くないとか。白青相手のサイドカード。

《悪夢の鞭/Nightmare Lash》

4 Mana

アーティファクト ― 装備品

レア

装備しているクリーチャーは、あなたがコントロールしている沼 1 つにつき +1/+1 の修正を受ける。

装備 ― 3 点のライフを支払う。

5点

出れば強いけど痛い。黒ヘビーなら。

《屍賊の模造品/Nim Replica》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゾンビ

コモン

2 ManaBlack Mana, 屍賊の模造品を生け贄に捧げる:クリーチャー 1 体を対象とする。それはターン終了時まで -1/-1 の修正を受ける。

3/1

7点

どの色でも強いレプリカ。ナイスブロッカーになる。

《迷惑エンジン/Nuisance Engine》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

2 Mana, Tap:0/1 の邪魔者アーティファクト・クリーチャー・トークンを 1 個場に出す。

5点

ブロッカー製造機。有効活用できる手段があればなお良い。

《忘却石/Oblivion Stone》

Oblivion Stone

3 Mana

アーティファクト

レア

4 Mana, Tap:パーマネント 1 つを対象とし、それの上に運命カウンターを 1 個置く。

5 Mana, Tap, 忘却石を生け贄に捧げる:運命カウンターが置かれていない、土地でないパーマネントをすべて破壊し、その後すべてのパーマネントの上からすべての運命カウンターを取り除く。

1点

文句無しの 1 点カード。

《後陣のマイア/Omega Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

1/2

10点

装備次第。意外と悪くないが、それでもデッキには入らない。

《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》

0 Mana

アーティファクト・クリーチャー

アンコモン

飛行

0/2

13点

いくら飛行が強くてもこれは入れない。単体じゃ殴れないし。

《真珠の破片/Pearl Shard》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap または White Mana, Tap:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。このターン、次にそれに与えられるダメージを 2 点軽減する。

4点

どの色でも使えるヒーラー。守備的ではあるものの弱い理由は無い。

《ペンタバス/Pentavus》

Pentavus

7 Mana

アーティファクト・クリーチャ

レア

ペンタバスは、5 個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

1 Mana, ペンタバスの上の +1/+1 カウンターを 1 個取り除く:飛行を持つ 1/1 のペンタバイト・アーティファクト・クリーチャー・トークンを 1 個場に出す。

1 Mana, ペンタバイトを 1 個生け贄に捧げる:ペンタバスの上に +1/+1 カウンターを 1 個置く。

0/0

1点

出す、殴る、ブロックされたのを戻す。以下繰り返しで人が死ぬ。

《ピューターのゴーレム/Pewter Golem》

5 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

コモン

1 ManaBlack Mana:ピューターのゴーレムを再生する。

4/2

5点

スペックは優秀。黒の必須カード。

《白金の天使/Platinum Angel》

Platinum Angel

7 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 天使

レア

飛行

あなたはゲームに敗北できない。あなたの対戦相手はゲームに勝利できない。

4/4

2点

強いのは事実。だが案外割られる。4/4 飛行で普通に強いクリーチャー。

《魔力の導管/Power Conduit》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap, あなたがコントロールするパーマネントからカウンターを 1 つ取り除く:以下の 2 つから 1 つを選ぶ。「アーティファクト 1 つを対象とし、それの上に蓄積カウンターを 1 個置く。」「クリーチャー 1 体を対象とし、それの上に +1/+1 カウンターを 1 個置く。」

10点

シナジー前提のカード。噛みあえばデッキに入れる程度。

《変幻の杖/Proteus Staff》

3 Mana

アーティファクト

レア

2 ManaBlue Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番下に置く。そのクリーチャーのコントローラーは、自分のライブラリーのカードを一番上から、クリーチャー・カードが公開されるまで公開する。そのプレイヤーは、そのカードを場に出し、残りのカードを自分のライブラリーの一番下に好きな順番で置く。この能力は、あなたがソーサリーをプレイできるときにのみプレイする。

8点

後半《マイア》を変換してみたり。案外悪くないカード。

《心因検査器/Psychogenic Probe》

2 Mana

アーティファクト

レア

呪文や能力でいずれかのプレイヤーが自分のライブラリーを切り直すたび、心因検査器はそのプレイヤーに 2 点のダメージを与える。

14点

構築で使ってください。

《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》

1 Mana

アーティファクト

コモン

Red Mana, 黄鉄の呪文爆弾を生け贄に捧げる:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。黄鉄の呪文爆弾はそれに 2 点のダメージを与える。

1 Mana, 黄鉄の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを 1 枚引く。

4点

《炎の印章/Seal of Fire》。普通に強い。

《水銀の泉/Quicksilver Fountain》

3 Mana

アーティファクト

レア

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分がコントロールする島でない土地 1 つを対象とし、それの上に洪水カウンターを 1 個置く。その土地は、洪水カウンターが置かれているかぎり島である。

ターン終了時に、場に出ているすべての土地が島である場合、それらの上からすべての洪水カウンターを取り除く。

14点

使えば楽しめそう。それだけ。

《錆の精霊/Rust Elemental》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― エレメンタル

アンコモン

飛行

あなたのアップキープの開始時に、錆の精霊以外のアーティファクト 1 つを生け贄に捧げる。それができない場合、錆の精霊をタップし、あなたは 4 点のライフを失う。

4/4

4点

デメリットが出る前に勝てるはず。優良テンポクリーチャー。

《錆胞子の羊/Rustspore Ram》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャー

アンコモン

錆胞子の羊が場に出たとき、装備品 1 つを対象とし、それを破壊する。

1/3

5点

うざいという表現が適切。緑と赤以外で装備を割れるのは少ない。

《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》

3 Mana

アーティファクト

コモン

親和(アーティファクト)

あなたはチス=ゴリアの鱗を、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。

Tap:クリーチャー 1 体を対象とする。それはターン終了時まで +0/+1 の修正を受ける。

6点

酔わないインスタントの 1 点ヒーラー。普通に強い。

《ひっかき爪/Scrabbling Claws》

1 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:プレイヤー 1 人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の墓地にあるカードを 1 枚ゲームから取り除く。

1 Mana, ひっかき爪を生け贄に捧げる:いずれかの墓地にあるカード 1 枚を対象とし、それをゲームから取り除く。カードを 1 枚引く。

10点

構築で使うカード。相手が黒いとサイドイン。

《彫り込み鋼/Sculpting Steel》

3 Mana

アーティファクト

レア

彫り込み鋼が場に出る際に、あなたは場に出ているアーティファクトを 1 つ選んでもよい。そうした場合、彫り込み鋼はそのアーティファクトのコピーとして場に出る。

3点

《クローン/Clone》を使ったことがある人なら強さがわかるはず。

《卑劣漢の大鎌/Scythe of the Wretched》

Scythe of the Wretched

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

レア

装備しているクリーチャーは +2/+2 の修正を受ける。

装備しているクリーチャーがこのターンにダメージを与えたクリーチャーがいずれかの墓地に置かれるたび、そのカードをあなたのコントロール下で場に戻す。卑劣漢の大鎌をそのクリーチャーにつける。

装備 4 Mana

2点

つけるとアンブロッカブルになる。ブロッカーにつけるとうざいとか。

《血清の水槽/Serum Tank》

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

血清の水槽か他のアーティファクトが場に出るたび、血清の水槽の上に蓄積カウンターを 1 個置く。

3 Mana, Tap, 血清の水槽の上の蓄積カウンターを 1 個取り除く:カードを 1 枚引く。

3点

若干重いものの永続的なドロー。カウンターはまず尽きない。

《銀のマイア/Silver Myr》

2 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― マイア

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにBlue Manaを加える。

1/1

5点

マイア 5 点。終了。

《骸骨の破片/Skeleton Shard》

Skeleton Shard

3 Mana

アーティファクト

アンコモン

3 Mana, Tap または Black Mana, Tap:あなたの墓地にあるアーティファクト・クリーチャー・カード 1 枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。

2点

《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》を回して勝ってみたり。とにかく強い。

《金屑ワームの鎧/Slagwurm Armor》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは +0/+6 の修正を受ける。

装備 3 Mana

8点

他の装備が強くて目立たないものの、あれはうれしい装備カード。

《兵士の模造品/Soldier Replica》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 兵士

コモン

1 ManaWhite Mana, 兵士の模造品を生け贄に捧げる:攻撃かブロックに参加しているクリーチャー 1 体を対象とする。兵士の模造品はそれに 3 点のダメージを与える。

1/3

7点

これ 1 枚で序盤は止まる。

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》

4 Mana

アーティファクト・クリーチャ

レア

真面目な身代わりが場に出たとき、あなたは自分のライブラリーから基本地形カードを 1 枚探し、それをタップ状態で場に出してもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

真面目な身代わりが場から墓地に置かれたとき、あなたはカードを 1 枚引いてもよい。

2/2

4点

マナマイアから 3 ターン目に出せれば序盤は勝ち。

《魂の鋳造所/Soul Foundry》

Soul Foundry

4 Mana

アーティファクト

レア

刻印 ― 魂の鋳造所が場に出たとき、あなたは手札にあるクリーチャー・カードを 1 枚ゲームから取り除いてもよい。

X Mana, Tap:刻印されているクリーチャー・カードのコピーであるクリーチャー・トークンを 1 個場に出す。X はそのカードの点数でみたマナ・コストに等しい。

1点

回り始めれば終了。187 を刻印できればなお良し。

《呪文織りのらせん/Spellweaver Helix》

3 Mana

アーティファクト

レア

刻印 ― 呪文織りのらせんが場に出たとき、あなたはいずれか 1 つの墓地にあるソーサリー・カード 2 枚を対象とする。あなたはそれらをゲームから取り除いてもよい。

いずれかのカードがプレイされるたび、それが刻印されているいずれかのソーサリー・カードと同じ名前を持つ場合、あなたはもう一方をコピーし、マナ・コストを支払わずにプレイしてもよい。

15点

そもそもソーサリーが複数揃うことが稀。ドラフトの賞品に。

《鋼の壁/Steel Wall》

1 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 壁

コモン

0/4

7点

これを抜けるかが鍵。《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》と違って殴れないのはマイナス。

《太陽のしずく/Sun Droplet》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

あなたにダメージが与えられるたび、その点数に等しい数の蓄積カウンターを太陽のしずくの上に置く。

各プレイヤーのアップキープの開始時に、あなたは太陽のしずくの上の蓄積カウンターを 1 個取り除いてもよい。そうした場合、あなたは 1 点のライフを得る。

13点

何個乗ってもゲインは 1 ターンに 1 個。焼け石に水。

《陽光の呪文爆弾/Sunbeam Spellbomb》

1 Mana

アーティファクト

コモン

White Mana, 陽光の呪文爆弾を生け贄に捧げる:あなたは5点のライフを得る。

1 Mana, 陽光の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを 1 枚引く。

10点

基本的にはキャントリップ。ピンチで引いたら緊急回避。

《カルドラの剣/Sword of Kaldra》

Sword of Kaldra

4 Mana

伝説のアーティファクト ― 装備品

レア

装備しているクリーチャーは +5/+5 の修正を受ける。

装備しているクリーチャーがいずれかのクリーチャーにダメージを与えるたび、そのクリーチャーをゲームから取り除く。

装備 4 Mana

2点

重いけどゲームを終わらせる力がある 1 枚。バウンスされると泣きそうになる。

《教議会の聖域/Synod Sanctum》

1 Mana

アーティファクト

アンコモン

2 Mana, Tap:あなたがコントロールするパーマネント 1 つを対象とし、それをゲームから取り除く。

2 Mana, 教議会の聖域を生け贄に捧げる:教議会の聖域によってゲームから取り除かれたすべてのカードを、あなたのコントロール下で場に戻す。

6点

相打ちされたのを隠して、2 ~ 3 個たまったら放出。187 との相性もいい。

《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

Tap:あなたのマナ・プールにBlue ManaBlack Manaを加える。威圧のタリスマンはあなたに 1 点のダメージを与える。

6点

以下《タリスマン》は全て 6 点。マイアと違って殴れないのがマイナス。

《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

Tap:あなたのマナ・プールにRed ManaGreen Manaを加える。衝動のタリスマンはあなたに 1 点のダメージを与える。

6点

《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

Tap:あなたのマナ・プールにBlack ManaRed Manaを加える。耽溺のタリスマンはあなたに 1 点のダメージを与える。

6点

《発展のタリスマン/Talisman of Progress》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

Tap:あなたのマナ・プールにWhite ManaBlue Manaを加える。 発展のタリスマンはあなたに 1 点のダメージを与える。

6点

《団結のタリスマン/Talisman of Unity》

2 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

Tap:あなたのマナ・プールにGreen ManaWhite Manaを加える。団結のタリスマンはあなたに 1 点のダメージを与える。

6点

《絡み花/Tanglebloom》

1 Mana

アーティファクト

コモン

1 Mana, Tap:あなたは 1 点のライフを得る。

12点

さきほどのカウンターを乗せるのよりは強そう。どっちも入らないけど。

《絡み樹の根/Tangleroot》

3 Mana

アーティファクト

レア

いずれかのプレイヤーがクリーチャー呪文をプレイするたび、そのプレイヤーは自分のマナ・プールにGreen Manaを加える。

13点

相手から得するカードは微妙。さすがに使わない。

《テル=ジラードの鉄筆/Tel-Jilad Stylus》

1 Mana

アーティファクト

アンコモン

Tap:あなたがオーナーであるパーマネント 1 つを対象とし、それをあなたのライブラリーの一番下に置く。

14点

長期的に見れば強い。が、先のことよりまず今のアドバンテージを。

《思考の牢獄/Thought Prison》

5 Mana

アーティファクト

アンコモン

刻印 ― 思考の牢獄が場に出たとき、プレイヤー 1 人を対象とする。あなたはそのプレイヤーの手札を公開させてもよい。そうした場合、そこから土地でないカードを 1 枚選び、それをゲームから取り除く。

いずれかのプレイヤーが刻印されているカードと共通の点数でみたマナ・コストを持つ呪文をプレイするたび、思考の牢獄はそのプレイヤーに 2 点のダメージを与える。

10点

重い《強要/Coercion》。2 点 4 点はダメージも入る。相手のゴッド用にサイド。

《時間ふるい/Timesifter》

5 Mana

アーティファクト

レア

各プレイヤーのアップキープの開始時に、各プレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードをゲームから取り除く。それらの内、点数でみたマナ・コストが最も高いカードを取り除いたプレイヤーは、このターンの後に追加のターンを得る。点数でみたマナ・コストが最も高いプレイヤーが複数いる場合、それらのプレイヤーだけでこの手順を繰り返し、1 人のプレイヤーを決める。

15点

マジック運ゲーなんだから、そこまで運に頼らなくてもいいと思う。

《チタンのゴーレム/Titanium Golem》

5 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム

コモン

1 ManaWhite Mana:チタンのゴーレムは、ターン終了時まで先制攻撃を得る。

3/3

6点

この環境の先制攻撃は強い。装備でパワーを上げよう。

《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》

3 Mana

アーティファクト

コモン

親和(アーティファクト)

あなたはチス=ゴリアの歯を、あなたがインスタントをプレイできるときならいつでもプレイしてよい。

Tap:クリーチャー 1 体を対象とする。それはターン終了時まで +1/+0 の修正を受ける。

7点

マナのいらない+1 装備。インスタントで出るのは強い。

《王者の塔/Tower of Champions》

4 Mana

アーティファクト

レア

8 Mana, Tap:クリーチャー 1 体を対象とする。それはターン終了時まで +6/+6 の修正を受ける。

6点

発動者その 1。要は回れば勝つ。回すまでが大変。

《永劫の塔/Tower of Eons》

4 Mana

アーティファクト

レア

8 Mana, Tap:あなたは 10 点のライフを得る。

8点

発動者その 2。さすがに守備的すぎるものの、夢は見られる。

《運命の塔/Tower of Fortunes》

4 Mana

アーティファクト

レア

8 Mana, Tap:カードを 4 枚引く。

6点

発動者その 3。1 回起動すれば十分。2 回起動でゲーム終了。

《つぶやきの塔/Tower of Murmurs》

4 Mana

アーティファクト

レア

8 Mana, Tap:プレイヤー 1 人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上から 8 枚のカードを自分の墓地に置く。

7点

発動者その 4。単体で勝てるものではあるが、その前に殴り負けそう。

《トリスケリオン/Triskelion》

Triskelion

6 Mana

アーティファクト・クリーチャ

レア

トリスケリオンは、3 個の +1/+1 カウンターが置かれた状態で場に出る。

トリスケリオンの上の +1/+1 カウンターを 1 個取り除く:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。トリスケリオンはそれに 1 点のダメージを与える。

1/1

2点

《弧状の稲妻/Arc Lightning》つき 1/1。再利用できればゲーム終了。

《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》

1 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは「Tap:クリーチャー 1 体かプレイヤー 1 人を対象とする。このクリーチャーはそれに 1 点のダメージを与える。」の能力を持つ。

装備 3 Mana

8点

見た感じ強そうではあるものの、使われても強さを感じない。

《ヴォラックの戦角/Vorrac Battlehorns》

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーはトランプルを持つとともに、2 体以上のクリーチャーによってブロックされない。

装備 1 Mana

10点

装備の中だと最弱。白の「装備されてると~」がいて装備が無いとかだと……負け。

《ヴァルショクの戦具/Vulshok Battlegear》

3 Mana

アーティファクト ― 装備品

アンコモン

装備しているクリーチャーは +3/+3 の修正を受ける。

装備 3 Mana

3点

単純に強い装備。だが、序盤はその重さがネックになる。

《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》

2 Mana

アーティファクト ― 装備品

コモン

装備しているクリーチャーは +4/+2 の修正を受けるとともに、それのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。

装備 3 Mana

4点

《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》《ゴブリンの戦闘車/Goblin War Wagon》とのコモンコンボは最強クラス。

《溶接の壺/Welding Jar》

0 Mana

アーティファクト

コモン

溶接の壺を生け贄に捧げる:アーティファクト 1 つを対象とし、それを再生する。

9点

粉砕/と 1 対 1 が取れる。でも見えてる。

《ウィザードの模造品/Wizard Replica》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― ウィザード

コモン

飛行

Blue Mana, ウィザードの模造品を生け贄に捧げる:呪文 1 つを対象とする。それのコントローラーが2 Manaを支払わないかぎり、それを打ち消す。

1/3

5点

飛行 1/3 のスペックが普通に強力。1 マナ残すのも楽。

《世界薙ぎの剣/Worldslayer》

5 Mana

アーティファクト ― 装備品

レア

装備しているクリーチャーがいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、世界薙ぎの剣を除くすべてのパーマネントを破壊する。

装備 5 Mana

13点

ネタカード。ひっくり返したい状況ではまず攻撃が通らない。

《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》

3 Mana

アーティファクト・クリーチャー ― 兵士

コモン

ヨーティアの兵は、攻撃に参加してもタップしない。

1/4

7点

基本パーツ。これを抜けるか抜けないかがこの環境の鍵。

土地

《古えの居住地/Ancient Den》

アーティファクト・土地

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにWhite Manaを加える。

8点

アーテフィカルランドは全て 8 点。いろいろシナジーしたりと強力。

《ちらつき蛾の井戸/Blinkmoth Well》

土地

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

2 Mana, Tap:クリーチャーでないアーティファクト 1 つを対象とし、それをタップする。

10点

タップしたいものは少ない。起動も 2 マナとキープするには辛い。

《雲上の座/Cloudpost》

土地 ― 神座

コモン

雲上の座はタップ状態で場に出る。

Tap:あなたのマナ・プールに、場に出ている神座 1 つにつき1 Manaを加える。

12点

2 枚集まれば 4 マナ出る。回収しようと思えば 4 枚くらいは。でもタップイン。

《空僻地/Glimmervoid》

土地

レア

ターン終了時に、あなたがアーティファクトをコントロールしていない場合、空僻地を生け贄に捧げる。

Tap:あなたのマナ・プールに、好きな色 1 色のマナ 1 点を加える。

12点

序盤じゃないとうれしくない能力。で、序盤だとたまに壊れる。基本地形を。

《大焼炉/Great Furnace》

アーティファクト・土地

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにRed Manaを加える。

8点

《教議会の座席/Seat of the Synod》

アーティファクト・土地

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにBlue Manaを加える。

8点

《隠れ石/Stalking Stones》

土地

アンコモン

Tap:あなたのマナ・プールに1 Manaを加える。

6 Mana:隠れ石は 3/3 のアーティファクト・クリーチャーになるとともに土地でもある。(この効果はターン終了時に終わらない。)

6点

土地を減らさずに入れることができるのは強い。

《伝承の樹/Tree of Tales》

アーティファクト・土地

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにGreen Manaを加える。

8点

《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》

アーティファクト・土地

コモン

Tap:あなたのマナ・プールにBlack Manaを加える。

8点

以上。長々とどうもありがとうございます。「ここはもっと強いだろ!」など意見ありましたら是非下のツッコミ欄からお願いします。これを主体に改良を加え、10 月の終わり頃には実際に使ってみた感想をふまえて再投稿させていただきます。その際にはもっと見やすく、使いやすいよう点数順に並べてみるなどの工夫もしてみようと思います。よろしくお願いします。

Tags: Strategy
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(18) [ツッコミを入れる]
_ しらたか 2003/10/04 01:50

記事拝見させていただきました♪<br>15点方式は非常に分かりやすかったです。<br><br>個人的な意見になるのですが、『ニューロックの滑空翼』と<br>『ヴィリジアンの長弓』はもっと点をあげていいかと思います。(5~6点くらいがいいかと思いますが...)<br>滑空翼の方は単純に4/4とか5/3に付けるだけで強いですし、<br>長弓の方は上手に使えば3マナ2点火力にもなりますので...。<br>(既に装備しているクリーチャーをタップして1点、3マナで別のクリーチャーに装備してもう1点)<br><br>今後も楽しみにしております♪

_ 2003/10/04 20:20

絡み花が太陽のしずくより強い?<br>太陽のしずくの方は2倍回復できるのに?

_ アス 2003/10/04 22:18

ええと、錆の精霊は少々リスキーすぎるんじゃないでしょうか?<br>少なくとも今日ドラフトでピックしましたけど、怖くて出せませんでした。<br>確かに4マナ4/4飛行は強そうですけど、実際使ってみるとデメリットが痛すぎです。使うならエイトグなど、アーティファクトを生贄に出来るシステムが必須だと思います。<br>少なくとも4点は高すぎです。

_ 2003/10/04 22:27

レスありがとうございます。<br>今日までほぼ毎日ドラフトをしていますが…評価が変わってきたカードが多々あります。シールドで使うのとドラフトで使うのでは評価が変わってくるカードもありますしね。<br><br>>《太陽のしずく/Sun Droplet》<br>白青のところに書いておきましたけど、実際に使ってみて評価が変わったカードの筆頭ですね。最初は自分のアップキープだけだと思ってたんですよね(w<br>特に緑と相性がいいカードですね。序盤に張って中盤はプロ(茶)でがっちり。で、いつの間にかライフがMAX。《迷惑エンジン/Nuisance Engine》とかとの相性もいいですね~。ちなみに、今日ドラフトしてたときには、この得点表を作るときに協力してくださったYさんの場にこのカードが2枚並んでて…<br>ということでこれは強いです。改訂版だと、5点か6点くらいまで点が上がるんじゃないでしょうか?ちなみに《絡み花/Tanglebloom》は…あーもう15点でいいよ(w<br><br>>《錆の精霊/Rust Elemental》<br>シールドだと強いカードですね。ドラフトだと少々リスキー感がただようかもしれません。ただ、青黒の親和デッキ(この環境のアーキタイプの中でもかなり強い部類に入るはず)で使うとまさに鬼。普通に5回殴れば勝てるカードですからね。<br>でも、さすがに4点は高すぎかな。「入るデッキによって強いカード」は裏返すと「合わないデッキだとゴミ」ですから。改訂版だと5点か6点くらいになるのではないでしょうか?

_ 2003/10/04 22:41

>《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》<br>移動して2点打てるのは強いですね~。最初は気づかなかったから、ただの重い装備って認識でした(w<br>ということで、強いカードではあるんですけど、この環境のドラフトをやっていて思うのは「テンポを取るデッキが強い」ということで。お互いがそれをわかってドラフトしていれば、クリーチャーが並ぶのって稀なんですよね。また、この環境はスペルが馬鹿強いのも特徴。スペルはもういらない!クリーチャーが足りないの!って状況が多々ありますからねぇ。<br>ということで、「強い」けど「微妙」なカード。改訂版だと微妙に上がって6点か7点くらいだと思います。<br><br>>《ニューロックの滑空翼/Neurok Hoversail》<br>白と青は黒は最初から飛んでて、赤は飛ばしたいカードが少ない。と、考えると自分で使って強そうなのは緑だけなんですよね。装備が足りないときには入るカードではあるますけど、そんな率先して取るものじゃありません。<br>コメントにもありますけど、やっぱ対白・青・黒へのサイドカードって認識でOK。改訂版でも7点じゃないでしょうかねぇ。<br><br>>その他…<br>あと、これはホント謝るしかないんですけど…《等時の王笏/Isochron Scepter》そんな2点もつくようなカードじゃないですね(w<br>シールドで引いてたまに強いカードって認識かなぁ。全然《稲妻の裂け目/Lightning Rift》じゃないですし。まぁ赤やってて《粉砕/Shatter》《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》とかが揃ってて流れてきたら取るかな?程度。改訂版だと9点くらいまで下がるのかなぁ…。

_ nezard 2003/10/06 17:14

>等時の王笏<br>まだ使った事が無いんですが、<br>純粋に1回起動で元は取っている気がします。<br>ので、9点まで落ちる事も無いようなきがしますが・・・<br>>ヴィリジアンの長弓<br>は、テンポを語るなら強いと思います。<br>先行マナマイアから相手のマナマイアを破壊して<br>場を制圧できるのは相当いやですよ。<br>もうちょっとあげてもいいと思います。

_ Oka 2003/10/07 09:58

ゴブリンの放火砲ですが、2点というのは高すぎるような気がします。本体に打つのならともかく、クリーチャーに打つ場合、ダメージの予測ができないため、もし外れると、かなり痛いです。(起動コストが3もかかるので)しかも、期待値も、自分が赤を使っていれば多少上がりますが、そうでないなら1点くらいで、破滅のロッドとあまり変わりません。コスト4、起動3とけっこう高くついているので、これを使うなら、安定している花崗岩の破片の方がよいと思います。なんで、点数は、実際は、4~5点いくかいかないかくらいだと思うんですが、どうでしょうか?

_ t-t 2003/10/07 21:58

ヴィリジアンの長弓は人によって評価が割れてますね。<br>私は今の点数のままでいいと思います。<br>正直重いですし、2点飛ばすにはこちらのターンで<br>クリーチャーが2体タップしなきゃならないので。<br>ただnezardさんの仰ることももっともなんですよね。<br><br>ゴブリンの放火砲はランダム要素が高すぎるので5点くらいかと。

_ 2003/10/07 22:32

ご意見ありがとうございます。<br><br>>《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》<br>いろいろと意見が割れていますが…それでも私の中だと7点かなぁ。ちなみに、最近はメインに入るのは稀で、主に青黒相手のサイドボードカードとして使用してます。<br><br>>《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》<br>一見派手なカード。ぶっちゃけ外見に騙されましたかね。先日使ってみたのですが、思うようにダメージが入らず、安定性がありマナもかからない《花崗岩の破片/Granite Shard》の方が確かに強いような印象を受けました。強い時は強いんですけどねぇ。まぁみなさんが言われている通りに5点くらいでしょうか。<br><br>>《等時の王笏/Isochron Scepter》<br>確かに刻印できれは強いんですけど、問題はそれ以前に刻印できないことなんですよね。プレリの時に2マナ以下のインスタント5枚でこのカードを使用し、引いたときにまともに使えたのが3回に2回程度だったことを考えれば、必要なインスタントは少なくとも4~5枚。で、それにこのカード自体を入れて5~6枚。装備が2~3枚必須であることを考えると…スペルの枚数(7~9枚程度)の大半を占めてしまうのですよね。そういう意味で「ドラフトでは使えないな」ということです。

_ 名無しさん 2003/10/08 10:48

《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》は腐ってもピンガー生成機です。7点はやや低い気がするのですが。<br>2点飛ばそうとかいろいろ考え出すから微妙になるのであって、クリーチャーが脆弱な印象を受けるこの環境でピンガーが弱いわけがありません。

_ 名なっすぃーさん 2003/10/17 15:31

≪減衰のマトリックス≫ですがシステムクリチャ-を封じるほかに<br>装備品の装備を封じれますよね。装備は自分のコントロールする生物<br>を対象とする起動型能力ですから。最もすでについてたり自分も装備<br>できないのは問題ですが・・・。

_ じょじょじょ 2003/10/18 21:57

《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》 <br>やはり変幻の杖のセットで・・・。

_ 709 2003/10/20 14:30

《選別の秤/Culling Scales》 使ってみましたがかなり強いです。13点はありえません。

_ 2003/10/20 17:37

楽しく読ませていただいてます。<br>ところで、《地ならし屋》は《もみ消し》で<br>どうにかできるのでは?

_ 名無しさん 2003/10/20 19:35

>森さん<br>リミテッドの話なのでもみ消しは使えませんよ。

_ 2003/10/25 02:29

ファイナルズの開催も決定し、スタンをやる気になった今日この頃。ていうか最近スタンの方の比率が多そうな予感さえしてきます。それでも自称リミテッダーこと愁です。みなさんツッコミありがとうございます。<br><br>さて、お約束の改訂版の点数表ですが、そろそろ作成を開始しました。11月頭の公開になると思います。またよろしくお願いします。<br><br>では順次レスを<br><br>>《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》<br> 腐っても、とはいえ十分優秀なピンガー製造機ですね。まぁ問題は環境がピンガー製造機を求めていないことなんですけどね…。とりあえずもうみなさんもリミテッドでこいつを使った経験があるはず。どうですか?思った以上に3マナという装備コストを重く感じるはずです。<br><br>>《減衰のマトリックス/Damping Matrix》<br> これを書いた時点で起動型能力って言葉の中に装備がなかったんですよね…ちなみにそのとき頭にあった起動型能力は「エルフの数だけゲイン」「エルフの数だけ《巨大化》」「ゴブリンの数だけ《投火師》」の3つだったんですけどね(w<br> まぁそれはさておき。装備を封じるってのを考えられるとすれば「構築用の賞品カード」から「ナイスサイドカード」にランクアップ。10点~12点程度の点数をつけてもいいでしょうね。<br><br>>《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》《変幻の杖/Proteus Staff》<br> 今日はついに《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》が6ドラで一周。初手だ初手だと騒がれたカードが、8手目とかに取られるわけです。で、デッキに入れるかを悩むとこまでくる。やはり「計算してマジックできないカードは弱い」って話でしょうか。<br> 変わって《変幻の杖/Proteus Staff》これは15手目だとか言われたカードではありますが、9手目くらいにピックされるまで評価を上げています。自分のマイアを主力生物に変え、相手の《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》を一般主力やマイアに変える。あながち悪くありません。ちなみに、今日これを相手のパワー4まで上がったトゲ撃ちに起動したところ、《鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golem》とかいう生物が出てきたらしいですよ(w<br> で、いっしょに…と。レアコンボは構築ででもやりましょうか(w<br><br>>《選別の秤/Culling Scales》<br> いやホントにおっしゃるとおりで!私も使ってみるまでここまで強いとは思っていませんでした。まぁ冷静に考えれば《煙突/Smokestack》や《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》みたいなもんですからねぇ。これは一度使ってみてくださいとしか。でもまだあまり評価はされてないみたいで、7手目くらいでも取れるみたいですよ。<br><br>>《地ならし屋/Leveler》<br> 《もみ消し/Stifle》は使えないわけですが…実はこれを生かすカードがあったんですねぇ。その名も《分かち合う運命/Shared Fate》このコンボを決められたときはもう殴ってやろうかと。私はカードを引けず、相手の場には10/10が。酷すぎますって…。<br> あと他の使い道を考えれば《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》で速攻とか《手綱取り/Grab the Reins》で投げるとか。でも、どっちにしてもそれで勝ちってわけじゃありませんし。やっぱり《分かち合う運命/Shared Fate》以外とは組み合わせちゃダメですね。で、《分かち合う運命/Shared Fate》となら組み合わせてもいいのかって?……いいんじゃないのかなぁ(w

_ 2003/11/05 18:11

スタンダードの調整のため得点表の製作を遅れています。ひょっとしたらGP静岡に間に合わないかも…ごめんなさい

_ GOTH 2004/06/27 11:41

陰謀団の先手ブレイズと迷惑エンジンでコンボとかできますか?<br>気になるので教えてください!


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.