Peak Magic MtG戦略記事・カジュアル・トーナメントレポート・マジック記事投稿サイト

Peak Magic - Magic: The Gathering Japanese Column Data Base マジック・ザ・ギャザリング MtG の戦略記事・カジュアル記事・トーナメントレポートなどマジックをネタに投稿して賞金をゲットしよう



フィフス・ドーンが加わったことによるミラディンブロックのドラフトの変化

2004/09/17 21:33更新

フィフス・ドーンが加わったことによるミラディンブロックのドラフトの変化

Written by ピンク

ミラディン-ミラディン-ダークスティール(MMD)なら勝てていたのに、ミラディン-ダークスティール-フィフス・ドーン(MDF)になったとたん勝てなくなったという方はいませんか? そうだとしたら、フィフス・ドーンが入ってから大きく変わった環境に適応できていないのだと思います。

本稿では、環境の変化を追っていきながら、それにともなって評価の変わった代表的なカードを取り上げていきます。

1. マナ加速の減少

マナマイアと《タリスマン》を擁していたミラディンのパック数が減ったことにともなって、フィフス・ドーンで代替品を得た緑以外の色ではマナ加速の枚数が減りました。

Vulshok Sorcerer

ダークスティールが加わったときにも同様の現象は起こり、MMD 環境はマナ加速の点数が上昇しました。しかし、フィフス・ドーンが入ってミラディンが 1 パックになってしまったために、マナ加速の枚数は絶対的に不足するようになってしまったのです。以前までとちがい、安定して枚数のそろわない環境ではマナ加速に依存するのは危険です。そのため、MMD までは数枚のマナ加速とそれを前提にしたデッキの構築というのが基本だったのに対し、MDF ではマナ加速を必要としないデッキの構築が重要になるわけです。

このことは、ダークスティールが加わったときとは真逆にマナ加速の価値の減少を引き起こしました。マナ加速を前提としないデッキを構築するのならば、必然的にマナ加速の必要性は低下するのです。加えて、フィフス・ドーンでマナマイアを手軽に除去できる《ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer》《希望の喪失/Lose Hope》が加わったことも価値の低下に一役買っています。

2. マナ加速の減少にともなう高コストのクリーチャー点数の下降

環境の高速化もあいなって、緑以外の色では高コスト(5 マナ以降)のクリーチャーは軒並み点数が下降しています。同じような理由で装備コストの高い装備の点数も下降気味です。

高コストクリーチャーの具体的な例としては《鏡のゴーレム/Mirror Golem》が挙げられます。《鏡のゴーレム》は、ミラディン 3 パックの環境では初手でピックしてもおかしくはないといった印象でした。しかし、マナ加速を安定して確保できない MDF 環境では 6 マナは重すぎるのです。唯一安定したマナ加速を擁する緑には、フィフス・ドーンで優秀な 6 マナ(《ティラナックス/Tyrranax》や烈日時の《鋸歯の尾長獣/Sawtooth Thresher》)が加わったことも点数が下降した一因です。

また 2 マナから 4 マナへ加速することが減ったため(5 マナ以降ほど顕著ではないですが)、基本的に 3 マナクリーチャーの価値は上昇し、4 マナクリーチャーの価値は低下しています。ただ、逆に価値の上がった《モリオックのゴミあさり/Moriok Scavenger》等もあるため注意は必要です。

3.デッキ内のアーティファクト枚数の減少

烈日を考えない場合、フィフス・ドーンはミラディンに比べてアーティファクト・クリーチャーの数が減少しています。このことにより、接合の価値の低下や畏怖の価値の上昇がおこりました。

また、アーティファクトのマナ加速、アーティファクト土地が減ったため、デッキ内のアーティファクトの枚数も減少しました。これによりアーティファクトに依存するカードはその点数を大きく下げています。特に《浴びせかけ/Irradiate》《屍賊の金切り魔/Nim Shrieker》はデッキに入れたくないレベルにまで点数が下がってしまいました。

4.除去の減少

フィフス・ドーンのコモンには《停滞の繭/Stasis Cocoon》《ヴァルショクの魔術師》《希望の喪失》といった限定的な除去しかありません。このことにより、直接的には除去の点数が上昇しましたし、間接的には MMD 環境でいったん下降した装備品や装備品依存クリーチャーの点数が上昇しました。

点数の上下に関わるおおまかな環境の変化は以上です。ほかにも細かなところではカウンター関連のカードの点数が上昇してたりするのですが、さほど重要ではありませんしね。

そうそう。神河物語のプレリリース目前にしてこの記事を読んでくれている方は、Magic Online をやっている方だと思うのでアドバイスを一つ。たとえ 8-4 でも、ほかに何があっても、3 チケット以上のカードはレア取りすることをお勧めします。

それでは、次に会うときまでにあなたのパックが増えていますように。

Tags: Strategy
■この記事はいかがでしたか?■
該当するものをいくつでも選んで送信ボタンを押してください
管理人に送信されます

役に立った 面白かった 興味深かった 分かりやすかった つまらなかった 難解だった 特にない

記事へのツッコミ(1) [ツッコミを入れる]
_ suu 2004/09/17 21:33

>ほかにも細かなところではカウンター関連のカードの点数が上昇してたりするのですが、<br><br>Vexとかの点数が上がったって事ですか?<br>出来ればなぜあがったのか教えてくださると幸いです。


Wizards of the Coast, Magic: The Gathering, Magic, Limited Edition, Unlimited Edition, Revised Edition, Fourth Edition, Fifth Edition, Classic, Seventh Edition, Core Set, Arabian Nights, Antiquities, The Dark, Legends, Fallen Empires, Ice Age, Chronicles, Homelands, Alliances, Mirage, Visions, Weatherlight, Tempest, Stronghold, Exodus, The Rath Cycle, Urza's Saga, Urza's Legacy, Urza's Destiny, Mercadian Masques, Nemesis, Prophecy, Invasion, Planeshift, Apocalypse, Odessay, Torment, Judgment, Onslaught, Legions, Scourge, Mirrodin, Darksteel, Fifth Dawn, Champions of Kamigawa, Betrayers of Kamigawa, Saviors of Kamigawa, Unglued, Unhinged, Portal, Portal Second Age, Portal Three Kingdoms, Vanguard, Anthologies, Battle Royale, Arena, DCI, Dominia, Gen Con, Magic: The Gathering Pro Tour, Oracle, Deckmaster, Garfield Games, and all logo and card illustlation and the tap symbol and the mana symbols are registed trademarks of Wizards of the Coast, Inc.