PTQヒューストン:名古屋予選レポート

魚津篤司(DCI Level2 Judge)

OBC最終戦

PTQ Houton サーキットの最終戦、そしてオデッセイブロック構築(OBC)の総決算となる名古屋予選は、遠征組を多数含めた 123 人が参加。上位2名に与えられる PT への権利を争い、名古屋国際会議場にてスイスドロー7回戦で行なわれた。

この記事では、ジャッジから見たトーナメント・レポートをお送りする。

デッキ傾向

当日のデッキ分布は以下のとおり。

デッキ 使用者数 Rate% 成績15pts以上
青緑系 41 33.3%  
U/G Madness 21 17.1% 2
U/G Threshold 8 6.5% 4
U/G Flashback (Quiet-Roar) 12 9.8% 3
黒系 31 25.2%  
Black Control 16 13.0% 3
Black Braids 5 4.1% 1
B/U Braids 8 6.5% 1
B/R Braids 1    
B/G Beat 1    
流行 31 25.2%  
W/G Beat 12 9.8% 2
W/U Punisher 8 6.5%  
B/U Zombie-Upheaval 11 8.9% 1
コンボ      
Solitary Confinement 1    
Mirari's Wake 3   1
Test of Endurance 1    
Hunting Grounds 1    
その他      
R/G Stroid 4    
R/U Cephalid Constable 1    
R/B Flashback 3    
R/B Zombie-Burn 3    
R/B Dwarf 1    
R/W Beat 1    
Red Burn 1    
TOTAL 123 100% 18

青緑と黒系で全体の 60 %を占めた一方、白緑が 12 名と数多く見られた。黒コントロールは、一時期の隆盛に比べるとさすがに数が減っている。

今回の分類では、共鳴者(野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)アクアミーバ/Aquamoeba(TO))の枚数と、マッドネス呪文(尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)など)の枚数、そして触媒石/Catalyst Stone(OD)の有無を考慮して、U/G Madness と Flashback を分類しているが、実際にはこれらのデッキの大半が Quiet-Roar エンジンを搭載している。

予選ラウンド

6回戦終了時点で全勝者が0人となり、16 点が3人、15 点が9人もいる状況となった。15 点の全員にチャンスが残されているものの、ID するか戦うか、非常に判断が難しい状態であった。

16 点の中村 宏也、中嶋 久智は早々に ID を選択。

残る 16 点の一人、浅野 誠(U/G Madness)は 15 点の野瀬 康二(Zombie-Upheaval)との対戦となった。決勝進出をかけたマッチは、1戦目は野瀬の土地事故により浅野の勝利。2戦目は野瀬が圧倒的なドローアドバンテージをもって勝ち、1-1 とする。そして3戦目、浅野は尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)のビートダウンで、決勝1位進出を決めたのである。

15 点同士の八木 敬史(Mirari's Wake)−田中 じゅんいち(Black Control)、小宮 忠義(U/G Threshold)−林 宏樹(U/G Flashback)の4名は、1ゲームを行った後、ID を選択。

そして、この4名のうち決勝へコマを進めたのは、八木、小宮、林の3名であった。

R6の時点で 15 ポイントの下位1,2番目で、Opp% も同率であった林と田中だが、上位陣のガチンコの合間をぬってランクアップ。さらには Opp% の変動もあり、林がトップ8にギリギリ滑り込んだ。田中はわずか3%の差で、決勝進出を逃した。

決勝ラウンド進出者

  1. 19pts:浅野 誠(U/G Madness)
  2. 18pts:野上 一樹(U/G Flashback)
  3. 18pts:加藤 一貴(W/G Beat)
  4. 17pts:中嶋 久智(W/G Beat)
  5. 17pts:中村 宏也(Black Braids)
  6. 16pts:八木 敬史(Mirari's Wake)
  7. 16pts:小宮 忠義(U/G Threshold)
  8. 16pts:林 宏樹(U/G Flashback)

決勝ラウンド

緑の世界

黒コントロールの全滅。PTQ 名古屋は、このような結果となった。そして、緑を使うプレイヤーは7名も残ったのである。

質・量とも随一を誇る緑、それに対する手段も持つ緑。他の色は、緑のクリーチャーを支えるための補助に過ぎなくなったのであろうか。

準々決勝

準々決勝は、青緑同士がつぶし合い、白緑がそれぞれ Braids、Mirari's Wake と当たる組み合わせになった。

加藤−八木の対戦は、1戦目は八木が順調に土地を並べ、ミラーリの目覚め/Mirari's Wake(JU)からワームの突進/Crush of Wurms(JU)へ繋げて勝利。しかし2,3戦目は加藤が一気に連取した。特に3戦目、八木は手札にカーターの怒り/Kirtar's Wrath(OD)を持ちながらも、加藤の場にある藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper(JU)の存在を気にするあまり、プレイしないまま敗れてしまった。

浅野 1-2 林
中嶋 2-1 中村
加藤 2-1 八木
野上 0-2 小宮

準決勝

このマッチの勝者に、PT Houston の参加権が与えられる。

準決勝の中嶋−林の対戦は、1戦目は栄光/Glory(JU)によって中嶋の先取。2戦目にはセファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empress(TO)現実の修正/Alter Reality(TO)コンボで中嶋のクリーチャーを抑えた林が取った。

そして3戦目、ただ1枚の司令官イーシャ/Commander Eesha(JU)が5ターン目に登場すると、これが淡々と攻撃を続け、ゆっくりと中嶋の勝利が決まったのである。

加藤−小宮戦は、加藤が2連勝をあげ、PT の権利を得た。

中嶋 2-1 林
加藤 2-0 小宮

決勝戦

残ったのは WG Beat 同士。最後に頂点に立つのはどちらか?

1戦目、双方ともマリガンスタートとなった。《栄光/Glory(JU)》が墓地に落ちず、真正面からの殴り合いとなる。

野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)象の導き/Elephant Guide(JU)拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate(JU)日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)を並べる中嶋。尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)《野生の雑種犬》で攻める加藤。この対決は、トータルのサイズで勝る加藤が殴り勝った。

2戦目は一方的展開だった。加藤の《雑種犬》のディスカードが《ルートワラ》《ワーム》《栄光》のテンパイ状態。

2戦あわせてわずか 10 分。加藤が優勝を飾ったのである。

優勝
加藤 一貴
準優勝
中嶋 久智

総括

《一瞬の平和/Moment's Peace(OD)》

クリーチャー除去不在の OBC 環境。マナカーブを無視した大型クリーチャーが、空を飛んだりプロテクションを得たりして、ブロックができないという状態。これに対する最後の答えが、濃霧/Fogとなってしまった。

明らかな時間稼ぎでしかないはずのこのカードが、決勝卓に 15 枚も存在することに対して、皆さんはどう思われるだろう?

予選ラウンドでも、不用意に全クリーチャーで攻撃を仕掛け、一瞬の平和されて逆転される、というシーンをよく見かけた。準決勝の加藤−小宮戦においては、小宮の敏捷なマングース/Nimble Mongoose(OD)×2、熊人間/Werebear(OD)×2が攻め立てる中、加藤は2枚の《平和》で時間を稼ぎ、栄光/Glory(JU)によって逆転勝利した。

クリーチャー戦がより難しくなった、といえば聞こえはいいが、筆者としては、根本的な解決になっていないこの状態に、物足りなさを感じるのである。

《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake(JU)》

ジャッジメント登場時から、このエンチャントメントを使った大量マナデッキが存在していたが、ここに来てトーナメントのトップ8を獲得するに至った。

その影には、やはり《一瞬の平和》の存在が関わっている。Black-Control およびサイドチェンジした Braids が緑青の物量戦に破れ、窒息戦術が衰退した現在、クリーチャーの暴力に対処する手段があれば、この重マナデッキが生き残る道が開けた。その答えがカーターの怒り/Kirtar's Wrath(OD)であり、《一瞬の平和》であった。

八木のデッキにはこの2種類のカードが計7枚投入されている。序盤には脆さも見受けられるが、場を掌握してからの強さはずば抜けていた。

トーナメント全体を見て

ここからは運営面から見た感想を。

今回は大きなペナルティもなく、デッキリストの不備も1名のみ(Illigal Sideboard-List)と、非常に素晴らしい状態。延長時の極端な長考や Slow Play も少なく、PTQ トーナメントに対する、プレイヤー諸氏の意識がとても高くなっていると感じた。

ジャッジとしては、この状態を維持すると共に、ジャッジとしてもプレイヤーに劣らず、意識向上に努めたいと思っている。

最後に

この PTQ の翌週には、いよいよオンスロート・プレリリーストーナメントが行なわれます。環境がクリーチャー主体となっている昨今、昔からのプレイヤーとしてはハンデス、火力の復権を期待して止みません。

それでは、ありがとうございました。ご意見、ご感想をお待ちしております。

U/G Madness - Makoto Asano (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4 アクアミーバ/Aquamoeba(TO)
3 尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)
3 不可思議/Wonder(JU)

4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD)
3 霊気の噴出/AEther Burst(OD)
4 堂々巡り/Circular Logic(TO)
3 綿密な分析/Deep Analysis(TO)
4 入念な研究/Careful Study(OD)
3 物静かな思索/Quiet Speculation(JU)
1 狡猾な願い/Cunning Wish(JU)

10 島/Island
9 森/Forest
1 ケンタウルスの庭園/Centaur Garden(OD)
1 森の力/Sylvan Might(OD)
3 被覆/Envelop(JU)
2 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
2 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
1 呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
2 熊の谷/Bearscape(OD)
2 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)
1 起源/Genesis(JU)
1 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
U/G Flashback - Kazuki Nogami (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4 熊人間/Werebear(OD)
3 不可思議/Wonder(JU)

4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD)
3 灰毛の定め/Grizzly Fate(JU)
4 物静かな思索/Quiet Speculation(JU)
4 入念な研究/Careful Study(OD)
3 留意/Mental Note(JU)
2 被覆/Envelop(JU)
3 触媒石/Catalyst Stone(OD)
1 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
1 綿密な分析/Deep Analysis(TO)

12 島/Island
10 森/Forest
1 ケンタウルスの庭園/Centaur Garden(OD)
1 被覆/Envelop(JU)
2 樹上の歩哨/Treetop Sentinel(OD)
2 セファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empress(TO)
1 セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor(OD)
1 現実の修正/Alter Reality(TO)
1 激動/Upheaval(OD)
1 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
1 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
1 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
1 熊の谷/Bearscape(OD)
2 リスの巣/Squirrel Nest(OD)
1 触媒石/Catalyst Stone(OD)
W/G Beat - Kazuki Kato (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
3 拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate(JU)
4 不屈の部族/Tireless Tribe(OD)
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4 藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper(JU)
2 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)
4 栄光/Glory(JU)

3 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
4 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)

11 森/Forest
9 平地/Plains
4 サングラスの大草原/Sungrass Prairie(OD)
3 呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
3 動かぬ生/Still Life(OD)
1 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)
2 吠えたける強風/Howling Gale(OD)
2 カーターの怒り/Kirtar's Wrath(OD)
2 熊の谷/Bearscape(OD)
2 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
W/G Beat - Hisatomo Nakashima (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate(JU)
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
3 巡視犬/Patrol Hound(OD)
4 藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper(JU)
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)
4 栄光/Glory(JU)

4 象の導き/Elephant Guide(JU)
3 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
3 復讐に燃えた夢/Vengeful Dreams(TO)

11 森/Forest
9 平地/Plains
4 サングラスの大草原/Sungrass Prairie(OD)
2 義務の領域/Sphere of Duty(OD)
2 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
2 リスの巣/Squirrel Nest(OD)
2 吠えたける強風/Howling Gale(OD)
2 森を護る者/Sylvan Safekeeper(JU)
2 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
2 熊の谷/Bearscape(OD)
1 司令官イーシャ/Commander Eesha(JU)
Black Braids - Hiroya Nakamura (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 墓所を歩くもの/Crypt Creeper(OD)
4 催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend(TO)
4 ナントゥーコの影/Nantuko Shade(TO)
4 陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion(OD)
4 顔なしの解体者/Faceless Butcher(TO)
2 精神を刻むもの/Mindslicer(OD)
2 イチョリッド/Ichorid(TO)
2 よろめく大群/Shambling Swarm(TO)

4 チェイナーの布告/Chainer's Edict(TO)
4 無垢の血/Innocent Blood(OD)
3 陰謀団式療法/Cabal Therapy(JU)

23 沼/Swamp
4 不快な夢/Sickening Dreams(TO)
2 よろめく大群/Shambling Swarm(TO)
2 精神を刻むもの/Mindslicer(OD)
2 恐ろしい死/Ghastly Demise(OD)
2 精神へドロ/Mind Sludge(TO)
2 腐臭の地/Rancid Earth(TO)
1 汚らわしき者バルソー/Balthor the Defiled(JU)
Mirari's Wake - Takashi Yagi (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
4 強制/Compulsion(TO)
4 ミラーリの目覚め/Mirari's Wake(JU)
3 物静かな思索/Quiet Speculation(JU)
3 生ける願い/Living Wish(JU)
1 郷愁的な夢/Nostalgic Dreams(TO)
3 はるかなる放浪/Far Wanderings(TO)
3 綿密な分析/Deep Analysis(TO)
3 カーターの怒り/Kirtar's Wrath(OD)
1 ワームの突進/Crush of Wurms(JU)
3 時間の伸長/Time Stretch(OD)
3 中略/Syncopate(OD)

9 島/Island
6 森/Forest
3 平地/Plains
3 クローサの境界/Krosan Verge(JU)
3 サングラスの大草原/Sungrass Prairie(OD)
1 広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse(OD)
1 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
3 獣群の呼び声/Call of the Herd(OD)
2 熊の谷/Bearscape(OD)
1 ラクァタス大使/Ambassador Laquatus(TO)
3 ドングリの収穫/Acorn Harvest(TO)
1 セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor(OD)
1 祖神に選ばれし者/Ancestor's Chosen(JU)
1 幻影のニショーバ/Phantom Nishoba(JU)
1 中略/Syncopate(OD)
1 広漠なるスカイクラウド/Skycloud Expanse(OD)
U/G Threshold - Tadayoshi Komiya (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose(OD)
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4 熊人間/Werebear(OD)
4 不可思議/Wonder(JU)

4 留意/Mental Note(JU)
4 入念な研究/Careful Study(OD)
3 行き詰まり/Standstill(OD)
4 霊気の噴出/AEther Burst(OD)
2 灰毛の定め/Grizzly Fate(JU)
1 激動/Upheaval(OD)

11 島/Island
8 森/Forest
3 ケンタウルスの庭園/Centaur Garden(OD)
1 森/Forest
1 激動/Upheaval(OD)
3 リスの巣/Squirrel Nest(OD)
3 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
2 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)
4 被覆/Envelop(JU)
1 現実の修正/Alter Reality(TO)
U/G Flashback - Hiroki Hayashi (OBC) / PTQ-Nagoya
Main Deck Sideboard
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4 熊人間/Werebear(OD)
4 不可思議/Wonder(JU)

4 入念な研究/Careful Study(OD)
4 留意/Mental Note(JU)
4 物静かな思索/Quiet Speculation(JU)
3 触媒石/Catalyst Stone(OD)
4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD)
3 灰毛の定め/Grizzly Fate(JU)
1 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
1 綿密な分析/Deep Analysis(TO)
1 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)

12 島/Island
11 森/Forest
2 セファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empress(TO)
1 現実の修正/Alter Reality(TO)
4 被覆/Envelop(JU)
2 熊人間/Werebear(OD)
2 樹上の歩哨/Treetop Sentinel(OD)
1 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
1 クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
1 天啓の光/Ray of Revelation(JU)
1 灰毛の定め/Grizzly Fate(JU)