メタゲームの移り変わり

はじめまして。今回、初めて投稿させて頂く"ゆ"と言うものです。 本名はちと恥ずかしいので、HN で投稿させてもらいます。 今回は初めてという事なので、簡単なメタゲームの移り変わりという内容にて書かせて頂きます。

しばし、駄文にお付き合いしてくださればと思います。

オンスロート参入

ここ Peak Magic の読者であれば、オンスロートが参入してからのデッキの進退についてはわかってるとは思うが、簡単におさらい。

まず、前環境を支配していたと言っても過言ではないくらいの王者サイカトグ/Psychatog(OD)デッキが、嘘か真か/Fact or Fiction(IN)の退場により、優秀なドロースペル兼増強スペルを失ったことによっての失墜が大きい。

後、火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu(PS)の退場も大きいだろう。前環境では、タフネス4というのは簡単に死んで、あげくに相手にパワー4のアタッカーを提供するにしか足りないカード達であった。事実、この壊れた生物のために赤をタッチするデッキが数多く存在した。

と、前の環境を振り返っても仕方がないので、表題にもなってるオンスロートの方に移ろう。 (それでも前の環境が惜しまれる人は Extended にでも参入してくれるとうれしい。フォーマットの変更により、敷居が低くなったと思うし、俺も Extended の方が好きだからである。・・・余談すぎだな。)

大型エキスパンション参入後の新しい環境を考える上で重要なのが、1つ前のブロック構築。 ・・・ここも詳しく書く必要はないか。詳しく知りたければ、過去に投稿された記事を読み直してもらうとして・・・だ。

結論だけ書くと、青緑(特にマッドネス)が頭1つ飛び出ていた・・・ということである。 それとカウンターデッキがドロースペルの損失・優秀カウンタースペルの欠如により衰退していることも周知の事実。

UG Madness - 伊☆トークン / Local *4-2*
Main Deck Sideboard
4  マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(7E)
4  尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)
3  不可思議/Wonder(JU)
4  野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4  日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
2  アクアミーバ/Aquamoeba(TO)

21 Creatures 4 堂々巡り/Circular Logic(TO) 3 対抗呪文/Counterspell(7E) 2 綿密な分析/Deep Analysis(TO) 4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD) 4 入念な研究/Careful Study(OD)
17 Spells 8 森/Forest 9 島/Island 3 真鍮の都/City of Brass(7E)
20 Land
3  呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
4  たい肥/Compost(7E)
4  幻影のケンタウロス/Phantom Centaur(JU)
3  帰化/Naturalize(ON)
1  激動/Upheaval(OD)

15 Sideboard Cards

インビテーショナル

正直、3回戦という短期決戦では何が安定して勝てるのか…というのはわからないが(現にタワーが3連勝している)、青緑マッドネス、青緑白スレッショルド、青緑対立、ステロイド、赤スライ、青白動員令パーミッションと大体の人が予想・構築しているデッキが多かった。 やはり、青緑関係が強い!・・・と誰もが認識していることは充分わかる。

その中で異彩を放っていたのは緑青黒の Good-Staff であろう。

BGU Aggro-Control - Gabriel Nassif / 2002 Magic Invitational *3-0*
Main Deck Sideboard
4  極楽鳥/Birds of Paradise(7E)
4  陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion(OD)
4  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(7E)
4  マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(7E)
4  影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator(OD)

20 Creatures 4 獣群の呼び声/Call of the Herd(OD) 4 記憶の欠落/Memory Lapse(7E) 4 対立/Opposition(7E) 4 燻し/Smother(ON)
16 Spells 7 森/Forest 1 島/Island 1 沼/Swamp 4 真鍮の都/City of Brass(7E) 4 ダークウォーターの地下墓地/Darkwater Catacombs(OD) 4 地底の大河/Underground River(7E) 3 汚染された三角州/Polluted Delta(ON)
24 Land
3  闇への追放/Dark Banishing(7E)
3  強迫/Duress(7E)
3  帰化/Naturalize(ON)
2  定員過剰の墓地/Oversold Cemetery(ON)
4  貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth(ON)

15 Sideboard Cards

11月に入って

ちらほらと、公式/非公式の大会の上位入賞デッキが Web 上で掲載されるようになる。 やはり、青緑のマッドネスタイプが必ずと言っていいほど上位には顔を出している。それもそうだろう。OBC (その後の短い期間のスタンダード)により、デッキが完成されており、速攻で展開して堂々巡り/Circular Logic(TO)で反撃の芽を摘む。それだけで勝てるのである。(当然、プレイスキルも必要だが)

青緑の蔓延、カウンターデッキの弱体化。

それにより、、対クリーチャーコントロールカードの崇拝/Worship(7E)罠の橋/Ensnaring Bridge(7E)対立/Opposition(7E)もここに分類されるのだろう)が注目される。これらのカードは何も対策をしていない青緑に対して、出したら勝ちを提供してくれるカード達だからだ。

罠の橋/Ensnaring Bridge(7E)は相性のいい火力(罠の橋/Ensnaring Bridge(7E)とも青緑の根幹を除去するのも)と組み、バーニングブリッジとして青緑に抵抗し、崇拝/Worship(7E)は白青のパニッシャーや緑青白のスレッショルドのメイン・サイドに組み込まれるようになった。

だが、結果はどうだろう? それでも、堂々巡り/Circular Logic(TO)、サイドからの帰化/Naturalize(ON)を使える青緑と互角までしか持ち込めなかったのである。

青緑マッドネスは強いのだ。

oldman - oldman / Local *4th*
Main Deck Sideboard
4  日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4  渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer(TO)
4  野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)

12 Creatures 4 罠の橋/Ensnaring Bridge(7E) 2 燃え立つ願い/Burning Wish(JU) 4 プラズマの連鎖/Chain of Plasma(ON) 4 癇しゃく/Fiery Temper(TO) 4 炎の稲妻/Firebolt(OD) 4 激発/Violent Eruption(TO) 3 一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
25 Spells 8 山/Mountain 5 森/Forest 2 蛮族のリング/Barbarian Ring(OD) 4 モスファイアの谷/Mossfire Valley(OD) 4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills(ON)
23 Land
1  生命の律動/Biorhythm(ON)
1  限界点/Breaking Point(JU)
1  怒鳴りつけ/Browbeat(JU)
1  懐古/Dwell on the Past(TO)
1  稲妻の波動/Lightning Surge(JU)
1  一瞬の平和/Moment's Peace(OD)
4  帰化/Naturalize(ON)
2  パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes(OD)
1  略奪/Pillage(7E)
1  簡略化/Simplify(OD)
1  火山の鎚/Volcanic Hammer(7E)

15 Sideboard Cards
GWr Beats - Michael Mann / 2002 Nevada Champs *Top8*
Main Deck Sideboard
3  憤怒/Anger(JU)
4  藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper(JU)
4  尊大なワーム/Arrogant Wurm(TO)
4  極楽鳥/Birds of Paradise(7E)
3  巡視犬/Patrol Hound(OD)
2  呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
4  野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)

24 Creatures 4 癇しゃく/Fiery Temper(TO) 3 生ける願い/Living Wish(JU) 4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD) 1 崇拝/Worship(7E)
12 Spells 6 森/Forest 5 山/Mountain 2 平地/Plains 4 低木林地/Brushland(7E) 1 真鍮の都/City of Brass(7E) 1 サングラスの大草原/Sungrass Prairie(OD) 3 吹きさらしの荒野/Windswept Heath(ON) 2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills(ON)
24 Land
1  憤怒/Anger(JU)
1  雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser(OD)
1  千足虫/Gigapede(ON)
1  栄光/Glory(JU)
1  剛胆な勇士/Intrepid Hero(7E)
3  帰化/Naturalize(ON)
1  虚無魔道士の代言者/Nullmage Advocate(JU)
1  巡視犬/Patrol Hound(OD)
1  絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider(ON)
1  悪辣な精霊シルヴォス/Silvos, Rogue Elemental(ON)
1  呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
1  嘲るエルフ/Taunting Elf(ON)
1  崇拝/Worship(7E)

15 Sideboard Cards

US 地区予選終了

カウンターデッキの死滅。これは何を意味するかというと、コンボデッキの台頭である。 これにより、徹底的にクリーチャーデッキをメタったサイクリングデッキが登場した。

このデッキは霊体の地滑り/Astral Slide(ON)稲妻の裂け目/Lightning Rift(ON)とサイクリングカードのシナジーを利用したコントロールデッキである。

全体除去、ライフ回復、除去できないブロッカー。 どれをとっても、クリーチャーデッキは嫌な行動だろう。赤白と赤白緑の2パターンがあるが、赤白緑の方が安定性には欠けるが生ける願い/Living Wish(JU)からの187クリーチャーを数多く使えるため、こちらの方が使い勝手がいいだろう。

実際に回してみたが、青緑マッドネスを含め既存のクリーチャーデッキには恐ろしい勝率を誇っている。

Cycling Burn - Alex Player / 2002 West Virginia Champs Champion
Main Deck Sideboard
2  賛美されし天使/Exalted Angel(ON)
4  クローサの大牙獣/Krosan Tusker(ON)
3  地図作り/Cartographer(OD)
2  ティーロの信者/Teroh's Faithful(TO)

11 Creatures 4 稲妻の裂け目/Lightning Rift(ON) 4 霊体の地滑り/Astral Slide(ON) 4 新たな信仰/Renewed Faith(ON) 4 めった切り/Slice and Dice(ON) 3 不毛化/Lay Waste(ON) 2 神の怒り/Wrath of God(7E) 1 崇拝/Worship(7E)
22 Spells 4 平地/Plains 4 山/Mountain 3 森/Forest 4 隔離されたステップ/Secluded Steppe(ON) 4 忘れられた洞窟/Forgotten Cave(ON) 4 平穏な茂み/Tranquil Thicket(ON) 2 吹きさらしの荒野/Windswept Heath(ON) 2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills(ON)
27 Land
3  独房監禁/Solitary Confinement(JU)
3  帰化/Naturalize(ON)
2  クローサ流再利用/Krosan Reclamation(JU)
2  名誉の神盾/Aegis of Honor(OD)
2  優雅の信奉者/Disciple of Grace(ON)
2  奉納/Oblation(ON)
1  緑の防御円/Circle of Protection: Green(7E)

15 Sideboard Cards

ここまでが、現在のメタの推移かと。

今後のメタゲーム

が、しかし、コンボデッキ(特定のカードに頼るデッキ)はデッキがばれてしまった以上は簡単に対策をされてしまうことになる。 オンスロートには強力なエンチャントが多々あるから、保険の意味合いを込めてサイドにエンチャント破壊を入れるのは暗黙の了解になっているほどだ。

崇拝/Worship(7E)対立/Opposition(7E)霊体の地滑り/Astral Slide(ON)罠の橋/Ensnaring Bridge(7E)緑の防御円/Circle of Protection: Green(7E)。 これだけ、青緑から見たら天敵カードがあるわけで、しかもほぼ全てがメインに入るカードである。(緑の防御円/Circle of Protection: Green(7E)ですらパーミッションのメインに入ってる場合もある) なら、こちらもメインでエンチャント破壊を入れればいいだけの話・・・ではないだろうか?

ならメインに帰化/Naturalize(ON)を。ただ入れるだけではナンセンスだろう。 青緑マッドネスはすでに完成したデッキだから、帰化/Naturalize(ON)を入れることにより安定性の欠如により勝てないデッキになってしまう。そこで、物静かな思索/Quiet Speculation(JU)に注目してみよう。

このカードはワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD)綿密な分析/Deep Analysis(TO)を持ってくることに使われる。クワイエットロアーに天啓の光/Ray of Revelation(JU)を積み込んでしまえばいいだけである。引いてしまった時に困るので、白マナも出せるようにして栄光/Glory(JU)・・・あとこちらも崇拝/Worship(7E)を入れてみようか。

GUw Madness
Main Deck
4  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(7E)
4  日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)
4  野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)
4  マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(7E)
3  呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)
2  不可思議/Wonder(JU)
1  栄光/Glory(JU)

22 Creatures 3 物静かな思索/Quiet Speculation(JU) 4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD) 4 堂々巡り/Circular Logic(TO) 3 綿密な分析/Deep Analysis(TO) 1 天啓の光/Ray of Revelation(JU) 1 崇拝/Worship(7E)
16 Spells
6  森/Forest
5  島/Island
1  平地/Plains
3  溢れかえる岸辺/Flooded Strand(ON)
3  吹きさらしの荒野/Windswept Heath(ON)
2  真鍮の都/City of Brass(7E)
1  アダーカー荒原/Adarkar Wastes(7E)
1  低木林地/Brushland(7E)

22 Land

最後のデッキリストは全く参考にならないものではあるが、いくら対策されようと決して青緑が表舞台から忘れ去られることはまずありえない。 野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)からのマッドネスエンジン。そして、堂々巡り/Circular Logic(TO)での積み。回ってしまえば、怖いものはいない。

しかし、簡単に勝ち進むこともできなくなったのは事実。

ここから先のメタゲームは貴方達が大会に出て、作っていくものなのである。

あとがき

どうも、だらだらとした長い文章にお付き合い頂きありがとうございます。

この記事を書いた発端は、仲間内で今後のメタゲームを話していく上でこれまでの推移をまとめる必要があったからです。実際は投稿しよう!って書いたわけじゃなく、まとめたら『あ、これ投稿できる内容じゃん?』と不意に気づいてしまったので、簡単に更正をして投稿しました。

熟練のプレイヤーには『こんなん知ってるよ!』と思われるかもしれませんが、新規投稿者が現れることによって PeakMagic 自体が繁栄していけばと思います。

批判・感想は postmaster@bunno.jp までどうぞ。特に感想とお待ちしております。